松坂桃李・miwaがクラシック奏者に。映画『マエストロ!』まとめ

2017年7月6日更新

2015年1月31日(土)公開予定の映画『マエストロ』。原作のはさそうあきらさん同名人気マンガ。松坂桃李さん主演。キャストはmiwa、西田敏行ら。スポンサーの撤退により、解散を余儀なくされた名門オーケストラが謎の指揮者に集められ、主人公若きバイオリニストが彼とぶつかりながらもコンサートへ挑む音楽エンターテイメント。

さそうあきらの人気コミックが映画化

maestro

『マエストロ!』は、同じく映画化された『コドモのコドモ』『神童』の作者さそうあきらのコミックで、全3巻で完結しています。第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞を受賞した本格オーケストラ漫画。

小林聖太郎が監督

数々の作品で助監督を努め、近年では『かぞくのひけつ』『毎日かあさん』などでメガホンをとった小林聖太郎が本作の監督に。

若きバイオリニストと謎すぎる中年指揮者との音楽真剣勝負!

不況のあおりを受け、スポンサーの撤退により解散を余儀なくされてしまった名門オーケストラ。しかし、音楽への執着を捨てきれず、廃工場で練習し、再結成をもくろく元オーケストラ団員たち。そこに指揮棒の代わりに大工道具を振り回す謎すぎる中年指揮者が現れ、徐々に団員たちは中年指揮者の魅力に引き込まれ再結成に進んでいくのですが、中年指揮者にはある秘密があり、その秘密を若きバイオリニストだけは知ってしまい、反発を強めていく…という若きバイオリニストと中年指揮者との真剣勝負を中心に描かれる音楽エンタテインメントです。

松坂桃李さんが約1年かけて挑んだバイオリン

maestro01

松坂桃李さんも記者会見で、「練習を始めてだんだん口数が減っていく地獄の日々でした」と語っているとおり、バイオリン完全初心者だったところから約1年をかけて猛特訓して撮影に望んでいます。また、記者会見時には約11億円するバイオリンの名器中の名器であるストラディヴァリウスが警備員の厳重の警固のもと登場。松坂桃李さんにその場で演奏するように「むちゃブリ」されるも華麗に演奏して猛特訓の成果を披露していました。松坂さんは「日本の音楽映画に新しい風を吹かせにやってきました」と胸を張るバイオリンの演奏はまさに必見と言えるでしょう。

見た目はまるで全聾の作曲家風貌も、演技力豊かな西田敏行さんの指揮者にも注目

maestro02

主人公の若きバイオリニスト(松坂桃李さん)と対峙する謎すぎる中年指揮者を演じるのは日本を代表するエンターテイナー・西田敏行さん。本人曰く、見た目は2014年世間を騒がせた全聾の作曲家風ですが、シリアスからコメディまで何をやらせても抜群な演技力を魅せてくれる西田敏行さんだけにどんな指揮者を演じてくれるのか楽しみです。西田さんも「指揮者が汗だくで陶酔する姿を見て、あのとき何を見て、何を感じているのか? 俳優として知りたかった」と意欲を見せており、物語の重要なカギを握る西田さんの演技にも注目です。

若者に多大な支持を受ける人気アーティストmiwaさん!女優初挑戦!

maestoro03

引用: twitter.com

年末の紅白歌合戦にも2年連続で出場が決まるなど若者を中心に多大な支持を受けている「ヒカリヘ」などのヒット曲を持つ人気アーティストmiwaさんが、『マエストロ!』にて女優初挑戦にも話題が集まっております。miwaさんは、松坂桃李さんと同じオーケストラ団のフルート奏者、橘あまね役を演じています。松坂さんの約1年には及ばないもののmiwaさんも約4か月かけてフルートの特訓を行っており、フレッシュな演技とフルートの音色も見どころとなっています。

日本が世界に誇る音楽家たちが参加!

maestro04

引用: mamastar.jp

さそうあきらの漫画を原作には、指揮指示アドバイスとして世界的指揮者である佐渡裕さんが、またエンディングテーマには同じく世界に誇るピアニストである辻井伸行さんが参加されています。まさに日本が世界に誇る音楽家が参加したオールジャパンの作品となっているのです。

『マエストロ!』は、2015年1月31日(土)公開予定。