2018年2月13日更新

バレンタインに恋人とお家デートで観たいおすすめ映画15選

バレンタインデーには恋人と過ごしたり、想いを寄せる誰かにチョコレートを作ったり...と、人によって過ごし方は様々ですが、今回はそんなバレンタインにお家デートでDVDやBlu-rayを借りて、恋人とみたいおすすめ映画をご紹介します!

この記事の目次 [閉じる]

恋人とまったり観たいおすすめバレンタイン映画15選

2月の一大イベントといえば、バレンタインデー!家で恋人とまったり映画鑑賞なんていかがでしょうか? 今回はそんな時におすすめな映画を15選にして紹介します。是非参考にしてみてください!

1.どこまでもスイート!バレンタインに観たいダークファンタジー

HMworldtraveller 機内で鑑賞。家族愛と親の子供への躾けをstoryに上手く織り込んだダークファンタジー。超ワガママでいけすかない子供達への戒め的に描かれている部分が割と残酷な印象だったり、ファンタジーとはいえキャラ設定が??だったりと、これは好き嫌いが結構はっきり分かれる作品だと思う。ただ、テンポがよくて映像も綺麗なのと、発想の面白さで魅せるところがあること、それに主人公のチャーリーはとても家族想いの子で可愛いので、基本的にあまりファンタジーが好きではない私も割と楽しめました。それにしても、ジョニー・デップは、この映画のような不可思議な役を演じるのが上手い。

バレンタインにはチョコレート、そして連想するのはチョコレートの滝や川、お菓子の世界にワクワクするスイートなダークファンタジー!抽選で選ばれた5人の子供が謎多きチョコレート工場に招待され、体験する不思議の数々が独特の世界観で描かれます。 童心に返るだけでなく、大人に響くブラックユーモアが織り交ぜられており、最後には"お金ではない大切なものがある"と教えられるはずです。

2.カンヌ国際映画祭でオープニング上映され、高い評価を受けた、「死」に最も近いラブストーリー

k1ller_aka_tKo 友達におすすめされた映画。観るまでは「加瀬 亮が日本兵の幽霊役とか何じゃそれ…」ってずっと思ってたけどごめんなさい、ものすごく良く出来た作品でした。 交通事故で両親を亡くしたイーノックと余命3ヶ月のアナベルのボーイ・ミーツ・ガールなラヴストーリー。綺麗な映像で綴られる日常は最初から最後まで“死”をテーマとし、イーノックが抱える心の闇(両親の事故)やアナベルの余生、ヒロシの存在と一見重々しい内容なのにサラッと最後まで観れてしまう。主演のヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ両名がとても端整な顔立ちで見てるだけでも画になる。そしてガス・ヴァン・サントは少年少女の淡い日々とイノセントワールドな世界を描くのが抜群に上手だなと思い知らされました。BGMの選曲も素晴しい。

両親の事故死をきっかけに死に取り憑かれた青年イーノックと、不治の病を抱えた少女アナベルの淡い恋が綴られるアメリカ映画。生と死がテーマの作品で、加瀬亮が特攻隊員の幽霊ヒロシを演じ、「死」のメタファーとして登場したことも話題になりました。 死は平等に訪れるからこそ、愛する人と今を生きる喜びを感じるアナベルと、遺した者に対するヒロシの思いに救われていくイーノックに胸を打たれます。

3.お洒落でスイーツなロードムービー。しっとりと映画をみたい人におすすめ

matzsara ベタベタの恋愛ものだと思って敬遠してたんだけど違った。すごく良かった。静かで詩的な台詞やシーンが多かったように思う。登場人物同士の距離感が絶妙で、見ていて物悲しくここちよかった。

とくに好きなシーンは前半、ブルーベリーパイの例え話。そのあと全然関係なくいくつかエピソードが続くんだけど、ここでいうチョイスの話が話全体をゆるく結んでる感じがする。拘束まではいかない、あくまでゆるくて余地がある雰囲気が好きだった。

ジュード・ロウの瞳に平田さんの囁き、もはやおそろしい!わるい魅力を感じる(いい意味で)。女性の艶っぽさやしなやかさも目を引いたなあ。

多すぎず少なすぎず。すごくここちのいい作品だった

失恋した自分と、いつもカフェで売れ残るブルーベリー・パイを重ねていたエリザベスが、旅先の出会いに癒され新たな恋をする過程を追うロードムービー。ウォン・カーウァイ監督が、主演のノラ・ジョーンズの歌に惚れて作ったそうで、お洒落なBGMも印象に残ります。 失恋は辛いけれど、自分に非を探すのではなく視点を変えたら違ったものが見えるかも……という日常の中の愛が、しっとりした雰囲気で描かれました。

4.ロマンティックなバレンタインデーを過ごしたいあなたに!

k1ller_aka_tKo 各所のレヴューでは評価低いらしいけど、なんのなんの普通に面白いですよ。まあ個人的にこういう登場人物多めな群像劇形式が好きなのもあるんですが。 ヴァレンタインデーのに起こる10組のそれぞれのカップルの一日。幸せに辿り着くのにさまざまな展開を生む。一気に不幸へと転がり落ちたり、すれ違ったり、理解が足りなかったり。形式は『ラブ・アクチュアリー』と似ているがこっちの方がはっきりとした相関図がない分、登場人物の把握に時間はかかるが、 その個性的な面々に思わず笑顔がこぼれる。 素敵な恋がしたくなる、サウンドトラックも最高!

舞台はバレンタイン当日のロサンゼルス。花束を求める人々で大忙しの花屋を中心に、年齢も職業も違う男女15人の恋愛模様とその行方が綴られるラブコメディです。ジュリア・ロバーツを始め、豪華キャストが織りなす甘く切ない群像劇から目が離せません! ラブコメの巨匠ゲイリー・マーシャルが手がけており、恋の酸いも甘いも知った大人のカップルにこそ観て欲しい、ちょっとビターな恋愛映画です。

5.20年経った今も、多くの人に愛される不朽の恋愛映画

nyanpalary ヒュージャックマンを好きになったきっかけの映画。 久々見たけど、期待を裏切らないロマンチックさにもうたまらなく胸キュンした!理想の王子様だなあ。

調べたら、製作陣がブリジットジョーンズの日記や、17歳のカルテを手掛けてて納得の出来だと思った。物足りなさがない。 リーブ・シュレイバーとヒュー・ジャックマンここで共演してたのは記憶になかったから新たな発見した感じ。 そしてやっぱりメグ・ライアン可愛い。

映画史に残る名シーンと言われた、デミ・ムーア演じる陶芸家のモリーがライチャス・ブラザーズの名曲をBGMにろくろを回すシーンが印象的な作品です。 幽霊となった主人公サムが、かつての恋人モリーの周囲をさまよう内に自分を襲った暴漢が彼女を狙っていると知り、助けようと奮闘するラブロマンス。サムの一途な想いが涙を誘い、笑いとサスペンス要素も含む不朽の名作をぜひ愛する人と一緒にご覧ください!

6.一瞬一瞬の大切さ、心揺さぶられる恋愛映画

copparman 人生の素晴らしさ、当たり前の愛おしさを 優しく思い出させてくれるような映画。 あったかい気持ちにさせてくれた。 1日1日を毎日、繰り返したいと思えるくらい素敵な日を送ろうと思ったり。

リチャード・カーティス監督が、タイムトラベル能力を持つ主人公を描きながらも、「これまででもっともノーマルな作品が撮れた」と称した作品です。特殊能力が劇的に扱われず、青年の恋を叶えるために使われるのが特徴で、世界を救う壮大な展開もありません。 本作のタイムトラベルが万能でないからこそ、何気なく過ごす一瞬一瞬の尊さに気付く姿に心揺さぶられ、日々の大切さに気づかされるでしょう……。

7.まるで旅行をしてるかのような感覚、大切なことを気づかせてくれる作品

Megu_Komatsu 面白い!空想癖というか妄想癖は共感できるし、その世界から飛び出して現実の世界と向き合う時の衝動に感動。旅に出た時の巡り合う人々の優しさには毎回感動。最後のオチもすごく良かった!

かつて実在したアメリカの雑誌『LIFE』で働く平凡な主人公ウォルターが、ある災難をきっかけに未知の土地を旅し、人生を変えていくヒューマン・ドラマ。ウォルターと一緒に世界を旅するような感覚を味わえ、人生の大切なことに気づかせてくれる作品です。 ウォルターは人付き合いが苦手で、想いを寄せるシェリルにアプローチ出来ませんでしたが、成長した彼が恋を掴めたのかもぜひ見届けてください!

8.クスクス笑えつつも感動させてくれる不朽の恋愛映画

ryota_takaku 愛する人を「毎日」振り向かせるのは出来なくても、何度も好きになってもらう努力することが大切な気がする。そういう気持ちにさせてくれるとても良い映画です。

事故で記憶障害となり、朝起きる度に"前日の出来事を忘れてしまう"ルーシーと、彼女を一途に想う獣医ヘンリーの恋を綴った不朽の恋愛映画です。『ウェディング・シンガー』のドリュー・バリモアとアダム・サンドラーが共演し、毎日恋に落ちる2人を見事に演じました。 毎回、あの手この手でルーシーを口説くヘンリーの姿が、恋の新鮮なトキメキや恋人になっても想いを伝え合えているか?を思い出せてくれます。 また、2018年6月1日から、福田雄一監督による日本リメイク版が公開予定です。

9.見終わったあとに幸せな気分に包まれるノンフィクション映画

Tate_Keigo いい映画です。

爽やかな感動につつまれる実話ベースです。

最初は金持ちの偽善感があるような雰囲気ですが、その後はそれぞれの心境の変化と心を通わす過程が丁寧に描かれています。

守る力って、いいですね。、

アメリカンフットボール選手、マイケル・オアーの半生を綴ったマイケル・ルイスのノンフィクション作品が、サンドラ・ブロック主演で映画化!ホームレス同然の黒人の少年が裕福な白人一家に拾われ、ドラフト1巡目指名でNFLデビューするまでが描かれました。 母のリー・アンを始め、マイケルを取り巻く人々が本当の家族のように温かく、根深い人種問題を扱いながらも幸せな気分でラストを迎えられます。

10.男性でも楽しめる!ドタバタ恋愛コメディ映画

yuki12241 ある家族を中心として様々な恋模様が複雑に入り乱れるドタバタコメディです。 ラブストーリーはあまり好んで観ないので、目をつけてからずっと放置してあった作品なのです。早く見ればよかった・・・。 結論から言えば、かなりオススメです。離婚を切り出された夫がどんどん男前になっていく流れなんか少し清々しいですし、チャラ男が真の愛を見付けるというのも中々見応えありました。きっちりまとまっていて無駄がなく、展開もリズミカルなので、ラブストーリーは苦手という方でも楽しめる作品に仕上がっていると思います。エマ・ストーンは相変わらず良さがあまり良く分かりませんでした、すみません!

恋愛映画は苦手という男性におすすめなのが、妻に離婚を突きつけられた中年男性キャルを軸に、絡み合う恋愛模様が描かれる『ラブ・アゲイン』です。キャルはナンパ師の助言でかっこ良く変身し、女性にモテまくりますが、話は思わぬ方向へと進み……。 下ネタありのドタバタコメディと、心温まる物語とのバランスが絶妙な万人向けの作品。豪華キャストの熱演はもちろん、明かされていく"意外な繋がり"も必見です!

11.嘘が呼び出す嘘、何も考えずに笑えるラブコメディ映画

Takuto_Ishii ありきたりですが楽に観れて面白いです。 元気になれます。 ニコールキッドマンさんわろた。

デニス・デューガン監督が人気コメディアン、アダム・サンドラーを主演に迎え、1969年公開の『サボテンの花』をリメイクしたラブコメディ。可哀想な既婚者と偽り、女性の同情を引いていた美容外科医がある美女と恋に落ち、そこから始まる騒動が描かれました。 嘘が新たな嘘を生み、ニコール・キッドマンらが暴れ回るアメリカらしいコメディに笑える前半から、感動を呼ぶ後半までの流れが見事です。

12.彼女が「チョン・ジヒョンかわいい!」って言ったら、「君の方がかわいいよ」と言ってあげてください

Hironori_Hashizume 韓国映画にハマるきっかけとなった作品。チョン・ジヒョンが魅力的すぎる。 普段のドSな部分と、前の彼氏を忘れられない弱い部分とのギャップにやられる。 終わり方も好き。

韓国で歴代No.1ラブストーリーと名高い、恋愛映画の名作『猟奇的な彼女』。超絶キュートなヒロインを演じたチョン・ジヒョンは、一躍トップ女優の座を築きました。 心優しい大学生キョヌが、可愛らしい外見と裏腹に凶暴だけど正義感が強い「彼女」と出会い、自由奔放さに振り回されていく様が描かれます。実は心に傷を抱えた彼女と、その悲しみに気付き全てを受け止めるキョヌの関係が共感と感動を誘い、社会現象にもなりました。

13.バレンタインに観たいロマンティックファンタジーといえば

奇跡の街、ニューヨークを舞台に、毎日に疲れたキャリアウーマンと125年の時を超え現れた英国貴族の恋が描かれるロマンティック・コメディ。主人公のケイトが一人の女性として尊重され、2人が惹かれ合っていく姿を見ると、本当に幸せな気持ちを感じられます。 女性はラブコメの女王メグ・ライアンの魅力に、男性は19世紀の公爵を演じたヒュー・ジャックマンの紳士ぶりに、恋人が魅了されないよう要注意です!

14.将来に迷い、初恋に胸を躍らせたあの頃を思い出す青春ドラマの傑作

耳に残る主題歌「カントリーロード」と、「好きなひとが、できました。」というキャッチコピーが初々しい、ジブリが生んだ青春恋愛ドラマの金字塔です! 本好きの女子中学生・月島雫は、借りた本の図書カードに必ず「天沢聖司」の名前があると気付き、いつの間にか彼に惹かれ始めます。将来はバイオリン職人を目指すと決め、大人びた雰囲気の聖司に刺激を受けた雫は進路に迷いながら、初恋を経験していくのです。 自分のやりたいことや恋に悩み、すべてを繊細に感じていた幼いあの頃……。少しむず痒い思い出を雫たちに重ね、恋人と語り合ってみてはいかがでしょうか?

15.届かないはずのラブレターから始まる感動の純愛映画

1995年に公開された、岩井俊二監督の劇場用長編映画デビュー作『Love Letter』。韓国や台湾などでも高い評価を得て、長く愛され続ける純愛映画の名作です。 神戸に住む渡辺博子が天国の恋人に宛てたラブレターが、彼と同級生だった同姓同名の女性に届き、過去に埋もれた恋が浮き彫りになっていきます。冬の小樽と神戸の描写が美しく、同じ男性に想いを寄せた2人のヒロインを、中山美穂が一人二役で演じたことも話題でした。 切ない愛の奇跡が描かれた本作でも、『耳をすませば』と同じ図書カードが最後に重要な役割を果たすので、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

以上おすすめバレンタイン映画15選でした!

バレンタインの過ごし方は様々ですが、「愛を伝える日」にぴったりの映画を観ながら、恋人とお家デートを楽しむのもおすすめですよ!