今、視れる!嗚呼、なつかしき昭和の名作TVドラマ5選

2017年7月6日更新

CGなんて無く、展開のスピード感も足りないかもしれない、でもなぜか忘れることのできない昭和のTVドラマたち。懐かしい“におい”を感じながら、衛星放送やケーブルテレビで、今でも視ることのできる昭和の名作TVドラマ5作品を紹介します。

『赤い疑惑』制作年:1975年

放送チャンネル:TBSチャンネル2 放送期間:2016年5月6日~5月26日 毎週(月)-(金) 午前10:20~午後0:00(2話ずつ)

山口百恵『赤い疑惑』

出典: www.tbs.co.jp

“赤いシリーズ”の第2段として、1975年10月3日~1976年4月16日に、山口百恵と三浦友和のテレビ初共演で放送されていた名作TVドラマです。

山口百恵演じる主人公の「幸子」が、爆発事故に巻き込まれて白血病になってしまうという衝撃的なストーリーもあって、“百恵ちゃん”ファンのみならず、その展開にくぎ付けになった方は少なくないでしょう。

共演者には他に、宇津井健、八千草薫、岸惠子など、そうそうたる面々が登場し、話題性重視のアイドル主演ドラマの枠を超えた名作となっているのが、最高30.9%(平均23.4%)という驚異的な視聴率を記録したことからもわかります。

昭和のスター、山口百恵の魅力に、もう一度出会ってみるのはいかがでしょうか。

『24時間まるごと 古谷一行版 金田一幸助』制作年:1977年~

放送チャンネル:日本映画専門チャンネル 放送期間:2016年5月2日 午前6:30~5月3日 午前7:30

古谷一行『犬神家の一族』

古谷一行が演じる金田一耕助のTVドラマシリーズが、ゴールデンウィークに24時間一挙放送されます。

じっくりと時間を掛けてストーリーが展開していくTVシリーズは、俳優陣の個性も一層際立ち、制作から約20年経った今でも、十分に楽しむことができそうです。

最高視聴率40%を超えたという、映画版に劣らない名作『犬神家の一族(全5話)』はもちろん、『本陣殺人事件(全3話)』『悪魔の手毬唄(全6話)』『八っ墓村(全5話)』『真珠郎(全3話)』『不死蝶(全3話)』『黒猫亭事件(全2話)』の、7作品を一気に視られる24時間、古谷一行が演じる金田一耕助作品ファンには、大満足の1日になりそうです。

『スクールウォーズ』制作年:1984年

放送チャンネル:TBSチャンネル2 放送期間:2016年4月27日~5月10日 毎週(月)-(日) 午前4:20~午前5:40(2話ずつ)

山下真司『スクールウォーズ』

出典: www.tbs.co.jp

実在の高校、実際の話をベースに作られた、いわゆる“スポ根”ドラマの傑作と言われている作品です。

熱血キャラでおなじみの山下真司が監督役となって、不良だらけのラグビー部が驚異的な努力と情熱で全国優勝するまでの7年間の軌跡が熱く描かれています。

大ヒットした主題歌、麻倉未稀が歌う「ヒーロー」と映像とのマッチングも素晴らしく、今もなお忘れられない昭和の名作青春ドラマのひとつと言えるでしょう。

放送時間が未明なので、朝が苦手な方は録画して懐かしさに浸りましょう。

『北の国から』制作年:1981年~

放送チャンネル:日本映画専門チャンネル 放送期間:2016年5月7日 午前8:40~

田中邦衛

数々の名場面や名ゼリフを生み出した、TVドラマ不朽の名作『北の国から』全24話の完全放送です。

電気も水道もなく、ただただ大自然の美しさが際立つ北海道富良野での、黒板五郎(田中邦衛)一家を描いた、泥臭くも真っ直ぐな人間ドラマが多くの感動を呼び、その後もスペシャル版が数多く制作されています。その原点である連続ドラマ版の全24作品に、もう一度出会える機会です。

同時期に、スペシャル版や、その他の倉本聰作品も放送予定となっていますので、要チェックです。

『奥さまは魔女』制作年:1964年~(アメリカ)

放送チャンネル:FOXクラシック 放送期間:2016年4月~

エリザベス・モンゴメリー『奥さまは魔女』

昭和の名作TVドラマは、もちろん海外にだってあります。

『奥さまの名前は"サマンサ"、旦那さまの名前は"ダーリン"。ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。ただひとつ違っていたのは、奥さまは魔女だったのです!』
引用:tv.foxjapan.com

放送をご覧になっていた方なら、きっと覚えていらっしゃるであろうオープニングコールはあまりにも有名です。

アメリカのコメディータッチのドラマならではの軽快なテンポが、結婚した相手が魔女だったという突飛なストーリーを心地良く受け入れさせてくれます。

リラックスして視ながら、クスッと笑える『奥さまは魔女』、2016年5月からは、新シリーズ(シーズン2)が引き続き放送予定となっています。

「もう一度」の方も「初めて」の方も楽しめる

ちょっとのんびり昔を懐かしみたい方はもちろん、まだ視たことがない方は、有名スターとなった俳優の知らなかった一面を見ることができるかもしれません。

今でも視られる昭和の名作TVドラマの数々、それぞれの楽しみ方で、ぜひご覧になってみてはいかがでしょう。