西川俊介、ドラマ『GTO』出演のジュノンボーイについて知っておきたい5つのこと

2017年7月6日更新

2013年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリ受賞以来、着実に飛躍している俳優の西川俊介。端整なルックスと、抜群のスタイル、高い身体能力の持ち主として、今後ますます期待される若手俳優の一人です。

1:ジュノンボーイ準グランプリの西川俊介

西川俊介のプロフィール

西川俊介

1994年4月4日生まれ、群馬県出身です。血液型はA型。好物は肉とラーメン。趣味はスノーボードで、最近はレイバンのサングラスを収集しているようです。

2013年、第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで応募総数1万3117人の中から見事準グランプリを受賞し、デビューの足掛かりをつかみました。端整で涼しげなルックスと、身長178cmのすらりとしたスタイルが印象的です。

写真集『DIAMOND』を発売

西川俊介

2016年1月15日には、初の写真集『DIAMOND』を発売しました。イケメンな容姿とさまざまな表情を存分に楽しめる内容で、ファンを魅了しています。地元の群馬と都内で撮影され、野球をしているところやきりりとしたスーツ姿、さらに温泉やプールで見事な身体も披露しています。また、自分自身のことを赤裸々に語ったインタビューも収録されています。

誕生石がダイヤモンドだということと、好きな野球の内野を一般にダイヤモンドと呼ぶのに絡めてネーミングしたそうです。

2:役者デビューはドラマ『GTO』

GTO

2014年7月-9月に放送された連続ドラマ『GTO』で、俳優デビューを果たしました。原作は、藤沢とおるの同名漫画で、1998年に反町隆史主演で放送された同名ドラマのリメイク版です。本作では、元暴走族の教師・鬼塚英吉に、EXILEのAKIRAが扮しました。EXILEのメンバーで、民放連続ドラマ初主演だったことも話題になりました。

西川俊介

西川俊介は、鬼塚が副担任を受け持つ、明修湘南高校2年A組の生徒の一人、国分つかさを演じました。バスケットボール部に所属する口数の少ない生徒役でしたが、得意なスポーツのひとつだけあって、ユニフォーム姿も見事に決まっていました。

3:戦隊もので映画にも出演

スーパー戦隊シリーズ第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で初主演

ニンニンジャー

2015年2月22日から2016年2月7日までテレビ朝日系列で放送されたスーパー戦隊シリーズの第39作目にあたる『手裏剣戦隊ニンニンジャー』において、伊賀崎天晴(アカニンジャー)役に抜擢され、ドラマ初主演を果たしました。過去の特撮テレビドラマシリーズでも、初となるいとこ同士の構成で、代々忍術を継承している家族三世代のストーリーであることも話題でした。

西川俊介

西川俊介が扮した伊賀崎天晴(アカニンジャー)は、伊賀崎家最強の忍者・伊賀崎好天の孫で風花の兄。5人の中では最年長の20歳で、ニンニンジャーのリーダー的存在です。

楽天家で熱くなりやすく、敵を追い込むときに発する「イケイケドンドンだ!」が口癖。名乗るときの決まり言葉は「暴れてアッパレ!」。西川俊介の抜群の身体能力が生かされた、ハマリ役だったと言えるでしょう。

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の劇場映画シリーズにも出演

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では、劇場版にも合計4シリーズに出演しています。もちろん、伊賀崎天晴役としてです。

最も新しい作品は、2016年1月23日に公開された『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』です。二大スーパー戦隊が夢の競演をしたことで子供たちを熱狂させました。

4:演技はまだまだ?滑舌が気になる

西川俊介

出典: junon-muj.jp

テレビに出演するようになってから、西川俊介の滑舌が気になるという声がネットで囁かれることもしばしば。確かに、やや鼻にかかった声で、こもって聞こえてしまうところがあるようです。しかし、まだ演技のキャリアも浅く、2014年にデビューしたばかりです。これから様々な役柄をこなしていくうちに、やがては個性としてセールスポイントになっていくでしょう。

もっとも、少々滑舌が気になっても、これだけイケメンだから許す、というのが女性ファンの正直な本音のようです。

5:スポーツが万能

9年間続けた野球

西川俊介

出典: www.jprime.jp

スポーツ万能で知られる西川俊介ですが、特に野球は、9年間もの経験があるらしく本格的です。「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の審査で、『巨人の星』のテーマをBGMにユニフォーム姿のうさぎ跳びで登場し、見事なピッチングも披露してみせたことは有名です。

Twitterでもしばしば野球をしたり、野球観戦に足を運んでいる様子が見られます。

バスケットボールも得意

https://twitter.com/gto_ktv/status/500507292022755330

身長178㎝のすらりとした長身を生かして、バスケットボールも得意としています。ドラマ『GTO』ではバスケットボール部の生徒役で、抜群の技術を披露してくれました。ゼッケン6番の選手が、西川俊介が扮した国分つかさです。まるでプロの選手のような姿です。

柔道は初段の腕前

西川俊介

柔道もなんと初段の持ち主ですから、ただの嗜んだレベルではありません。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』における、忍者の見事に決まったアクションやポーズは、柔道の基礎があることと無関係ではありません。

デビューしてから着実にステップアップしている西川俊介。これからますます飛躍が期待され、大ブレイクする日も遠くはないでしょう。