光宗薫、ショートの髪型でおなじみの元AKBの知っておきたい7つのこと

2017年7月6日更新

元AKB48の光宗薫をしっていますか?グループだけでなくソロでも活躍しながら脱退。その後しばらく活動休止するも、イラストレーターとして個展を開催したり、女優活動をおこなったりと活動の幅を広げています。そんな彼女の一風変わった一面含む7つのエピソードを紹介します。

1:光宗薫は絵がうますぎる!でもちょっと怖い?

光宗薫のプロフィール

光宗薫は1993年4月26日生まれ、愛媛県出身のモデル・女優です。

2013年に神戸コレクションのモデルオーディションでグランプリを受賞します。しかしモデルとしては活動せず、その後2011年にAKB48の13期生としてメンバー加入しました。AKB48としても活躍しながら、単独でもグラビアやCMに出演。

人気を誇っていましたが、体調不良を理由に2012年にライブへの参加を辞退、同年10月にグループとしても活動しないことを発表しました。2013年からは芸能活動を再開しています。

特技はイラスト

光宗薫はイラストが得意で、ボールペンを使用した精密な画風の作品を描きます。ファンの間でも、うますぎる!と評判ですが、独特の世界観に恐怖を感じる人もいるようです。

2013年には大阪のギャラリーで、ボールペン画の個展も開催しました。

2:メイドカフェで働いていた経験を持つ

大阪で学生時代を過ごした光宗は、日本橋のメイドカフェ・めいどるちぇでアルバイトをしていました。当時、メイドカフェで使用していた名前は「カヲル」だったそうで、AKB48内でも、渡辺麻友や島崎遥香からはカヲルくんと呼ばれていました。

2013年1月25日のめいどるちぇのブログに、AKB48脱退後の光宗が登場しています。

「元気そうで何より♪」というタイトルの記事で、笑顔で色紙をもった光宗の写真が投稿されました。ファンの間でも元気そうな姿に安心する声が多くありました。

3:ボーイッシュもキュートもいける髪型

三宗薫はショートヘアスタイルが定番ですが、アレンジ次第でボーイッシュとキュート、両方の雰囲気を感じさせます。

ボーイッシュな黒髪スタイル

シンプルな黒髪スタイル。ボーイッシュかつ、神秘的な雰囲気もあります。端正な顔立ちをしているからこそ似合う髪型かもしれませんね。

キュートな茶髪

茶髪で、動きのあるキュートなヘアスタイル。ショートパンツでも可愛らしさを演出しています。黒髪から、ハイトーンな髪色まで似合うなんて羨ましいです!

4:女優としても活躍!NHK『まれ』出演

女優としての活動も多く、2015年NHK連続テレビ小説『まれ』に出演しています。

朝ドラ『まれ』は、ヒロイン津村希(つむらまれ)が、菓子職人であるパティシエになるために奮闘する物語。ヒロイン役は、応募者2020人の中から選ばれた土屋太鳳が務めました。

光宗の役は安達ゆかり。希が出場したケーキ作りの大会・ロールケーキ甲子園の出場者で、自分の作品より希の作品を称賛するも、優勝してしまうという役柄でした。

5:食生活がやばすぎる

2016年2月に出演した日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』で、驚くべき食生活を明かしました。

そもそも、食べることにあまり興味がないとコメントした光宗薫。キャベツやリンゴ、バナナなどを調理せずに生で食べるそうです。また、冬の間は冷蔵庫の電源も切っているというコメントには、出演者も驚きの反応でした。

放送後、インターネット上でファンから光宗の食生活を心配する声が多く上がりました。番組出演時の光宗の手のひらが「黄色すぎる」という意見もあり、栄養不足が心配されています。

6:ロックバンドなど音楽好き

音楽好きな光宗。好きなバンドは?という質問に、東京事変や銀杏BOYZ、尾崎豊、相対性理論、ASIAN KUNG-FU GENERATION、マキシマムザホルモン、くるりなどのファンだと回答しています。

映画『ピースオブケイク』のイベントで銀杏BOYZ、峯田和伸と共演

銀杏BOYZの峯田和伸とは、2015年にイベントで共演しています。

光宗自身も出演している映画『ピースオブケイク』の公開記念イベントで、イベント中に峯田は劇中歌の生演奏も披露しました。高校時代のバイト帰りに峯田の音楽を聴いていたという光宗は、間近での生演奏に大興奮していました。

7:プロレス好きが仕事に高じる

2015年にはいってから、Twitter上でプロレス好きを公言しています。1人で後楽園ホールへ行って試合観戦していたことも、ネット上で拡散しました。AKB48時代には見せなかった意外な一面ですが、プロレス界からもプロレスファンからも歓迎のコメントが多く寄せられました。

プロレス好きを公言して以降、CS番組『速報!バトル☆メン』にゲスト出演したり、『別冊!バトル☆メン』のレポーターに起用されるなど、仕事の幅を広げています。