三森すずこおすすめアニメ15選

2017年8月29日更新

元は舞台女優で、親戚は実業家!?歌に演技に踊りまで完璧にこなしてしまう人気美人声優三森すずこのおすすめ出演アニメ作品をご紹介させて頂きたいと思います。舞台仕込みの幅広い演技に注目です!

三森すずこのプロフィール

三森すずこは1986年6月28日に東京都にて生まれました。その活動は声優、歌手、女優、アイドル等実に多岐に渡っています。

声優としては響に所属し2010年放送の『探偵オペラ ミルキィホームズ』シャーロック・シェリンフォード役でデビューしました。また、歌手としてはポニーキャニオンに所属し、ファンからはみもりんやすーちゃんなどと呼び親しまれています。

実は三森すずこの本名は黒川鈴子で、株式会社デックスエンタテインメント代表取締役社長、ブシロード副社長を務めていたことで有名な黒川文雄の従兄妹でもあります。

2010年『探偵オペラ ミルキィホームズ』(シャーロック・シェリンフォード)

『探偵オペラ ミルキィホームズ』は偵都ヨコハマという都市を舞台に探偵を目指す4人の少女達を中心に描いた同名のゲームを原作に持つファンタジー作品です。

三森すずこが演じるシャーロック・シェリンフォードはシャーロック・ホームズの子孫で、ミルキィホームズ(作中で登場する架空の探偵団)のリーダーです。

2011年『gdgd妖精s』(ピクピク)

この作品は全編を通して3DCGにて低予算で制作されている15分アニメ。妖精の森に住む3匹の妖精によるgdgd(グダグダ)した日常物となっています。

三森すずこ演じるピクピクは素直で良い子だけれどかなりすっとぼけた性格をしている、ツインテールとツリ目がトレードマークの妖精です。

2011年『ゆるゆり』(古谷向日葵)

『ゆるゆり』は、なもり原作で百合姫コミックスより出版されている漫画のアニメ化作品。本作は中学生の女の子たちのほんわかした日常にほんのりと百合の香りを添えたストーリーとなっています。

本作において三森すずこが担当している古谷向日葵は主人公赤座あかりの同級生で大きなバストにコンプレックスを抱いているお嬢様口調のキャラクターです。

2012年『蒼い世界の中心で』(アリッサ=ネル)

本作は2007年に無料同人WEBマガジン、レッドロードで連載が始まった作品です。

大陸コンシュームでは、ニンテルド帝国とセグア王国が大陸の領土を巡り、日夜激しい戦いを繰り広げていました。ニンテルドが優位な状況の中、突如現れた一人の少年によって戦況は大きく変わっていきます。

第一部の主人公イサール=ギアの義理の妹で紫髪の美少女、アリッサ=ネルを演じました。

2012年『神様はじめました』(桃園奈々生)

花とゆめにて2008年6号から連載が続く作品を2012年10月にアニメ化したものです。

賭け事ばかりやっている父親(CV津田健次郎)が借金を残し蒸発。そのため主人公、桃園奈々生は借金取りによって家を追放されてしまいます。悲嘆に暮れる彼女。そんな中、犬に追われている男ミカゲとの偶然の出会いをきっかけに桃園奈々生の神様生活が始まることに...。

本作で三森すずこは女子高生兼土地神の主人公、桃園奈々生を演じています。

2012年『てーきゅう』(新庄かなえ)

『てーきゅう』は原作ルーツ、作画Piyoによるコミック アース・スターで連載中の漫画を元に作られた日常アニメです。

亀井戸高校テニス部に所属する4人の少女達が中心の話となっています。ちなみに『てーきゅう』というのはテニスの和訳である庭球から採られたタイトルです。また、テニスが題材であるにも関わらず、ほとんどテニスをしている描写がないのが本作の特徴です。

三森すずこは桃色の髪が特徴的で亀井戸高校テニス部内一の貧乳キャラ、新庄かなえの声を担当しています。

2012年『BTOOOM!』(ヒミコ)

主人公、坂本竜太は定職に就かずオンラインゲーム『BTOOOM!』に没頭する怠惰な日々を過ごしていました。

ある日彼は目を覚ますとなぜか南海の孤島のジャングルにいることに気づきます。なぜ自分がここにいるのか記憶が判然としない竜太は自分の置かれた状況に戸惑いながらも同じように島へ連れられて来た人々との殺し合いを強制されます。

島を脱出するためには人間を殺さなくてはいけないのか、葛藤する彼の内面や追い詰められ表面化する人間の本性や欲望等を描いています。

主人公坂本竜太と何らかの面識を持つヒロイン、女子高生のヒミコを三森すずこは演じました。

2012年『ポヨポヨ観察日記』(佐藤萌)

『ポヨポヨ観察日記』は、バンブー・コミックスから出版されている樹るうによる4コマ日常漫画をアニメ化したものです。

舞台はチバラギ県ちくば市、球状の体型をした猫である佐藤ポヨ(CV大谷育江)と家族やその周囲の人達の様子を描いた作品です。本作の主人公佐藤ポヨは元々は歓楽街で野良猫として生活していました。

三森すずこはポヨの飼い主で22歳の佐藤萌を演じました。OLとして働いていた彼女ですが同僚のいじめなどを経て現在は無職で実家の家事手伝いとなっています。

2013年『アウトブレイク・カンパニー』(ミュセル・フォアラン)

『アウトブレイク・カンパニー』は2011年12月から刊行されている『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』(全17巻予定)を原作に持つアニメ。

本作の主人公である加納慎一は幼馴染に告白、無事玉砕したために学校にも通えなくなり自宅警備員となってしまいます。結果、1年余りNEETを続けていましたが我慢の限界に達した両親のおかげで、無事就職が決定。現在はファンタジー世界でオタク文化を広める仕事に従事しています。

ミュセル・フォアラン(CV三森すずこ)はメイドとして慎一の世話役をしている本作のメインヒロインである16歳の少女。エルフでも人間でもない自分自身の立場を気にしているキャラクターです。過去に2年ほど兵士をしていたためか攻撃魔法が得意など、意外な面も。

2013年『IS 〈インフィニット・ストラトス〉2』 (更識簪)

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉2』は、弓弦イズルによる大ヒットライトノベルを原作にしたアニメ『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』の二期。

女性にしか起動することの出来ない最強の兵器インフィニット・ストラトスは男女の均衡を一変させ、女尊男卑の世界を作り出しました。しかしそんな中ふとしたことがきっかけで主人公の織斑一夏は世界で唯一IS(インフィニット・ストラトス)を使える男性であることが判明してしまいます。そして物語はIS学園への入学を余儀なくされてしまった彼を中心に展開していきます

本作で三森すずこはアニメ1期ではトーナメント選抜で名前だけの出演だった更識簪(本作ではヒロイン)を演じています。

2013年『GJ部』(皇紫音)

『GJ部』は、新木伸によりガガガ文庫から出版された同名ライトノベル原作のアニメです。

本作の物語は『GJ部』(グッジョぶ)という活動内容不明の部活に主人公四ノ宮京夜が強制入部させられるところから始まります。

本作で三森すずこが演じる皇紫音は一度見聞きしたことは全て暗記してしまうという完全記憶能力の保持者です。また彼女はゲームの天才でもありいかなるゲームでも彼女の右に出るものはいないようです。