2017年7月6日更新

世界のKITANOの遺伝子を受け継ぐ月川監督の男臭い映画『この世で俺/僕だけ』

若き頃、世界のTAKESHIこと北野武監督や、黒澤清監督を師事していた新進気鋭の監督・月川翔監督がメガホンを取った映画『この世で俺/僕だけ』。2013年3月にBSジャパンにて放送されたドラマの映画版が、1月31日より、ユーロスペース渋谷ほかにて、上映が開始されます。街の利権をめぐる偽装誘拐事件に巻き込まれてしまった中年サラリーマンと不良高校生の逃避行を描く、とにかく男臭い映画の魅力を、お伝えします!

ふとしたことから街の利権の渦に巻き込まれてしまった中年男と不良高校生

【あらすじ】 主人公は、元バンドマンながら夢破れ、今はしがないサラリーマンをしている伊藤(マキタスポーツ)と、警察官の父親に反発しながら生きる不良高校生・黒田(池松壮亮)。

ある日、伊藤は観たテレビ番組をきっかけに、怪しげな男がコンビニ前に止めた車を思いきって強奪するが、その時に不穏な動きに気付いた黒田も、その車に飛び乗る。しかし、その車には赤ちゃんが乗っていたのだが、その赤ちゃんは再開発に反対する政治家・大隈の子どもで、大隈の立候補を阻止したい市長の指示で、ヤクザが偽装誘拐を企てていたという背景が。このままでは誘拐犯にされると思った伊藤と黒田は、警察も頼りにならないと自力で大隈の元に赤ちゃんを返そうとする。ふとしたことから街の利権の渦に入り込んでしまった二人のカースタントもあるアクションが見どころの男臭い映画の誕生です。

話題作品に出ずっぱり!今、注目の池松壮亮

池村亮 この世で俺/僕だけ

禁断の乱交パーティーを描いた衝撃作『愛の渦』を始め、『紙の月』『ぼくたちの家族』『大人ドロップ』、『海を感じる時』など話題作に次々と出演している今、注目の新進気鋭の俳優・池松壮亮。

「情熱大陸」で見せた素顔も大きな評判を呼んでいる池松壮亮のフレッシュで真っ直ぐな演技は必見です。また、12月公開の話題作『バンクーバーの朝日』でも好演しており、2015年より一層のブレイク間違いなしの池松から目が離せません。

俳優だけでなくコメディアン・歌手とマルチな活躍を見せるマキタスポーツ

マキタスポーツ この世で俺/僕だけ

池松壮亮さんとW主演を張るのが、俳優だけでなくコメディアン・歌手とマルチな活躍を見せるマキタスポーツ。俳優として近年は朝ドラ『花子とアン』の校長先生を始め、『ドクターX』『地獄先生ぬーべー』など話題作に出演していてインパクトのある演技を魅せてくれています。見た目の風貌からも「さえない中年サラリーマン」役はまさにはまり役であり、その多彩ぶりを見せつけてくれることでしょう。また、所属は「オフィス北野」と言う事もあり、月川翔監督とともに世界のKITANOの遺伝子を受け継いでくれることでしょう。

世界のKITANOの遺伝子を受け継ぐ月川翔監督作品

月川翔 この世で俺/僕だけ

監督の月川んは、若き頃北野武監督や奇才として世界的評価も高い黒澤清監督を師事し、腕を磨き、2009年にはウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」で審査員グランプリを獲得した新進気鋭の映画監督。 月川翔

近年では、映画監督以外にも、ドラマ監督や、「キットカット」を題材にしたコンセプトシネマ「ビタースウィート オトナの交差点」を撮るなど活躍の幅を広げている日本映画期待の監督なのです。

男臭いアクション映画が中心ながら、IMARUさんも「パンクな映画だった」とコメントをしているなど、女性が見ても面白いアクション映画に仕上がっています。なお、1月31日から東京・渋谷のユーロスペースでレイトショー公開されます。