宮澤佐江、「ゲンキング」の愛称で親しまれた元AKBの知っておきたい7つのこと

2017年7月6日更新

2016年4月1日、ファンのみならずメンバーからも惜しまれつつAKB48グループを卒業した宮澤佐江。アイドルからどんな女優へ変化を遂げるのか?今後の活躍が気になる宮澤佐江の魅力をご紹介します。

1:宮澤佐江のAKB時代の活躍がすごい!

宮澤佐江

宮澤佐江は、AKB48の2期メンバーとして2006年4月1日に劇場デビューを果たし、第1回選抜総選挙では14位を獲得、2006年10月25日発売のメジャーデビューシングル『会いたかった』で選抜メンバー入りしました。その後は卒業まで、参加した選抜総選挙すべてで選抜入りしています。

2009年10月23日に発売されたDVD『彼女』は、その年の女性アイドルDVD年間売り上げ1位となりました。また、2011年5月18日には、同じAKB48のメンバーだった秋元才加、梅田彩佳、増田有華と共にDiVAとして『月の裏側』でデビューし、その後メンバーの増減があったものの、解散する2014年まで活動しました。

2:男装姿がイケメンと話題に!

宮澤佐江

宮澤佐江は、AKB48初のミュージカル『AKB歌劇団「∞・Infinity」』やドラマ『マジすか学園』で男役を演じ、あまりのイケメンぶりにメンバーからも「イケメン」「王子様」などと呼ばれていました。

一度でも会ったことのあるメンバーは、必ずと言っていいほど恋してしまい、気がつけば熱い視線を送っていたりするそうです。

ゲストで出演予定のKinki Kidsの番組のリハーサル中、宮澤を見た堂本光一は、あまりのイケメンぶりにジャニーズJr.の子だと勘違いしてしまったというエピソードもあります。

3:SNH48やSKE48にも所属していた!

宮澤佐江

出典: ure.pia.co.jp

宮澤佐江は、2012年11月に中国・上海のAKB48の姉妹グループSNH48に移籍しましたが、当初はビザが取得できず芸能活動ができないという危機に直面しました。

しかし、そんな困難にも負けず、素人同然のSNH48のメンバーにダンス指導し、AKB48のような人気も実力も兼ね備えたアイドルグループを作ろうと頑張っていました。SNH48のメンバーとは、国民性の違いから衝突することもあったようですが、熱心な宮澤に対して次第に信頼を寄せていったようです。

そして約1年後の2013年の10月から、ようやく芸能活動ができることになりました。のちに、この1年を「決して無駄1年ではなかった」と、語っています。

宮澤佐江

出典: news.ameba.jp

2014年2月の大組閣で、SKE48のチームSとの兼任とチームSのリーダーになることが決まりました。

ところが、これをSKEのメンバーがすんなりと受け入れたわけではなかったようです。この大組閣はAKBグループのメンバーが混ざり合うため、今まで築き上げてきたそれぞれのグループの特色がなくなり、どのグループも均一的になってしまう可能性があります。心良く思わないメンバーからの批判や、それに追随するようにファンからのバッシングもあったようです。

しかし、持ち前の明るさと人柄でチームを牽引し、いつしかSKEにはなくてはならない人物になります。2016年3月の卒業コンサートでは、メンバーから感謝の言葉をかけられ、こらえきれずに大粒の涙を流しました。

4:宮澤佐江のAKB卒業の理由は?

宮澤佐江

2015年12月16日放送のフジテレビ系「2015FNS歌謡祭」で、宮澤佐江はAKBグループからの卒業を発表しました。あまりの突然の出来事に、ファンは動揺を隠せませんでした。

10年間に渡りいろいろな経験をしてきて、今後は女優やタレントなどいろいろなジャンルでも活動していきたいと思うようになったのが卒業理由のようです。

AKBグループに在籍していても外部での活動はできましたが、活動に制約があったのも事実でした。卒業を選択したのは、自分の可能性を最大限に活かすことができ、新たな世界で活躍できると考えた結果からです。

5:宮澤佐江の性格が気になる!

宮澤佐江

出典: laughy.jp

宮澤佐江は、涙もろくて甘えん坊だそうです。その反面、メンバーの体調などの異変にいち早く気づきフォローをするなど、心優しいしっかりした人物でもあります。

仕事で関わったスタッフなどは、宮澤の気配りや笑顔に感激し、ファンになってしまいます。司会者として知られる徳光和夫にいたっては、「息子の嫁にしたいNo.1」に推しているほどです。

6:彼氏はいるの?

宮澤佐江

出典: laughy.jp

2013年に週刊誌で、ジャニーズJr.の深澤辰哉との熱愛が報じられましたが、深澤は宮澤佐江の兄の友人であるだけで、交際の事実はないと双方の事務所が否定しました。その後の新しい報道はないので、事務所の発表どおりということのようです。

7:演技の経験もある宮澤佐江

クザリアーナの翼

宮澤佐江は、2008年放送のTBS系ドラマ『恋空』では、主人公の親友役でスポーツ万能のいたずら好きのマナミという女の子を、2012年公開の映画『ウルトラマンサーガ』では、サワという元暴走族で男勝りな防衛隊員を演じています。

また、2014年の舞台『地球ゴージャスプロデュース公演Vol.13「クザリアーナの翼」』では、国民が4つの階級にわけられたジャメーリアという国で、最下層のディシュという階級に生まれたコルリという少女を演じました。コルリは次第に、理不尽な世界に疑問を持ちはじめ、捉われた仲間を助けるために勇敢に戦うという役でした。

その他にも、数々のテレビ、映画、舞台などで女優として活躍しています。2016年8月には、ミュージカル『王家の紋章』にキャロル役として、新妻聖子とWキャストでの出演が決まっています。