2017年7月6日更新

名俳優もダンスが得意?実はめちゃくちゃ踊れるハリウッド俳優9人

チャニング・テイタム、ジョセフ・ゴードン=レヴィットなどハリウッドの第一線で活躍する俳優の中には、演技の才能にとどまらず、ダンスの才能まで持つ人物が意外に多いようです。今回は実はめちゃくちゃ踊れるハリウッド俳優10人を紹介します。

1.チャニング・テイタム

クエンティン・タランティーノ最新作『ヘイトフル・エイト』に出演するなど現在ハリウッドで最も勢いのある俳優の1人チャニング・テイタムは『ステップ・アップ』(2006)や『マジック・マイク』(2012)などの作品で度々素晴らしいダンスの才能を披露していました。

2. ケヴィン・ベーコン

『インビジブル』『X-MEN::ファースト・ジェネレーション』など数多くの作品に出演、現在ではすっかり悪役のイメージが定着しているケヴィン・ベーコンですが、1984年の『フットルース』で華麗なダンスを披露していました。

『フットルース』のいくつかのダンスシーンでボディダブルが使用されることが分かると、ケヴィン・ベーコンは激怒したそうです。

3.クリストファー・ウォーケン

『ディア・ハンター』『ジャージ・ボーイズ』などに出演している演技派俳優クリストファー・ウォーケンは、あまりイメージにないかもしれませんがプロのミュージカルダンサーでした。

ファット・ボーイ・スリム『Weapon Of Choice』のミュージックビデオでキレキレのダンスを披露していました。

4.ヴィン・ディーゼル

『リディック』『トリプルX』などに出演、『ワイルド・スピード』シリーズ“ドミニク・トレット”役としてお馴染みのアクション俳優ヴィン・ディーゼルは数々のテレビ番組でダンスを披露しています。

素晴らしいダンスを披露しているヴィン・ディーゼルですが、プロダンサーの経験はないそうです。

5.ヒュー・ジャックマン

『レ・ミゼラブル』『プリズナーズ』など数多くのハリウッド映画に主演、『X-MEN』シリーズ“ウルヴァリン”としてもお馴染みのヒュー・ジャックマンは舞台のミュージカル経験が多いため、タップなど様々なタイプのダンスを踊ることが出来るそうです。

6.マッツ・ミケルセン

『偽りなき者』『007カジノ・ロワイヤル』などに出演、テレビシリーズ『ハンニバル』でハンニバル・レクターを演じたことでも知られるマッツ・ミケルセンは演技の世界に入る前、9年間プロダンサーとして活動していました。

7.ジョセフ・ゴードン=レヴィット

『インセプション』『ダークナイト・ライジング』などに出演、綱渡りをする大道芸人を主人公とした『ザ・ウォーク』で主演を務めたジョセフ・ゴードン=レヴィットは2009年の大人気ラブコメディ『500日のサマー』でダンスの才能をいかんなく発揮していました。

8.アントニオ・バンデラス

『デスペラード』『マスク・オブ・ゾロ』などに出演しているスペイン出身俳優アントニオ・バンデラスはラテンダンスはもちろんのこと、2007年公開『レッスン』で社交ダンスの才能があることを証明しました。

9.ジョン・トラボルタ

『フェイス/オフ』『ヘアスプレー』などに出演しているジョン・トラボルタは1970年代に一世風靡した『サタデー・ナイト・フィーバー』やクエンティン・タランティーノ作品『パルプ・フィクション』などの作品で度々素晴らしいダンスを披露しています。