2017年7月6日更新

第68回英国アカデミー賞 作品賞受賞&ノミネート作品 まとめ

いよいよ第68回英国アカデミー賞受賞作品が発表されました。近年の傾向通り、今年も小粒ながらも高品質な映画が勢揃いです。作品賞はあの作品に決定しました。既にレンタルが開始された作品から、これから日本で公開されるものまで...賞レースの最中ですが注目の今観たい英国映画を、探してみてはいかがでしょうか。

【受賞】 4人の俳優が家族を演じた12年間。「ビフォア」シリーズ監督が壮大な人間ドラマを描く

Yuichi_Kishimoto これは、、もう満点付けざるを得ないのでズルい。 過去へのノルタルジー、今という瞬間のリアリティ、そして少年の成長に伴って訪れるだろう未来、など時を超えた全てがそこにある。そして、メイソン少年の青春映画でありつつ、母の物語でもあるし、父の物語でもある。人生が集約されている。

あと(いきなりイギリスのコープレで始まりはすれど)アメリカのロック、ポップの変化を追うという単純な作業も面白いなぁ。ラジオから個人的に大好きなドゥーユーリアライズが流れてきてニヤリ。Macの変化だけじゃなく、ゲームハード史的にゲームボーイSP、Xbox、Wiiという絶妙なチョイスもニヤリポイントでした。

天才物理学者とその妻の感動の実話

世界中の映画祭を騒然とさせた天才コンビの最高傑作。すべてを手に入れ失った男が再起を目指す物語

pixieazchan 個人的にエンディングがすっきりしない映画は苦手なのですが、これは面白かった!訳あり主演のMichael Keatonやおめめのおっきい今注目されているEmma Stone、お笑い系のイメージが強いZach Galifianakisがシリアスなマネージャー役で出演、そして大好きなEdward Nortonなどなど安定な役者さん揃いです。この映画の素晴らしい所は、映画内で使用されているサウンドの使い方や映像の撮り方、役者の台詞なんかが凝っていてただのヒーローもの映画でないのがすぐわかります。おすすめ!

第二次世界大戦時、連合国側に勝利をもたらしたイギリスの数学者の人生を描く

pixieazchan 大好き役者Benedict Cumberbatchが熱演!観るしかないっww 思った通りの上出来です!イギリスの数学者、論理学者、暗号解読者アラン・チューリングの半生を描いています。実話。Benedict Cumberbatchが役になりきっていて、作品にのめり込みます!

ヨーロッパ随一のホテルにて伝説のコンシェルジュが連続殺人に立ち向かう!

magro 1930年代の架空の国を舞台にホテルのコンシェルジュと若い従業員が巻き込まれる事件と彼らの交流を描く。とにかく、映像が美しい。 モデルとなっているのはナチス支配前のオーストリア、ウィーンでしょう。あらゆる文化が流れ込み、世界で最も華々しかった場所。アンダーソン監督が描こうとしたのはその文化の素晴らしさ、贅沢さと、それを破壊する戦争という暴力の恐ろしさではないでしょうか。そして、その文化を後世に受け継ぐことが希望なのだ、というメッセージがラストにあったと思います。とてもいい映画でした。