清水くるみ、あまちゃん候補だった清楚系女優についておさえておきたい7つのこと

2017年7月6日更新

大型オーディションで見事グランプリの頂点に輝き、女優としてデビューした清水くるみ。その後、たくさんの話題映画・ドラマへの出演が続き、確かな演技力は高く評価されています。その活躍ぶりと清楚な魅力をまとめました。

1:アミューズ30周年全国オーディションでグランプリに選ばれた清水くるみ

清水くるみ

出典: deview.co.jp

清水くるみは、1994年7月16日生まれで、愛知県大府市出身です。血液型A型、身長は162cm。特技はダンスです。写真を撮るのが好きで、インスタグラムにハマっているとか。

2007年9月17日に開催されたアミューズ30周年全国オーディションにおいて、6万5368人の応募の中から見事グランプリを獲得し、華々しいデビューを飾りました。13歳のときでした。

2008年には、青山テルマの曲にのせたNTTドコモのCMに出演し、注目を集めました。

2:『悲しいボーイフレンド』で映画デビュー

悲しいボーイフレンド

2009年2月21日公開の映画『悲しいボーイフレンド』で、清水くるみは映画デビューを果たしました。寺脇康文が初の単独主演、渡辺美里の名曲にインスパイアされて作られた、大人の切ない初恋の物語です。

清水くるみが演じた多香子は、それほど出番は多くないものの、物語のカギを握る重要な役柄でした。

3:『桐島、部活やめるってよ』で注目を浴びる!

映画『桐島、部活やめるってよ』における、清水くるみの存在感ある演技力は一躍注目を浴びました。

朝井リョウによる同名小説が原作。男子バレーボール部のキャプテンだった桐島が部活をやめることをきっかけにして、同級生たちの日常に巻き起こる、様々な変化や葛藤を描く物語です。2012年8月12日に公開されるや、ロングランのヒットを記録します。評価も高く、第34回ヨコハマ映画祭、第67回毎日映画コンクール、第36回日本アカデミー賞などで、複数の賞を受賞しています。

清水くるみが演じたのはバトミントン部の宮部実果です。橋本愛演じる東原かすみを筆頭とする、目立つ女子グループの1人でありながら、コンプレックスを抱える生真面目な女子役を、見事に演じていました。

スピンオフ・ドラマでは主人公に!

清水くるみ

出典: news.ameba.jp

映画公開にあわせ、WOWOWでは、ずばり『宮部実果』のタイトルで、宮部実果を主人公とするスピンオフドラマが放送されました。映画では描かれていない、実果の家族のエピソードをドラマ化しています。

群像劇にあって、清水くるみ演じた宮部実果が、いかに際立った存在であったかの証です。

4:『学校のカイダン』の脇谷玉子役で人気沸騰!

学校のカイダン

出典: www.ntv.co.jp

『学校のカイダン』は、2015年1月から3月まで日本テレビ系列で放送されたテレビドラマです。無理やり生徒会長を押しつけられた地味な主人公が、天才的スピーチライターの助けで学校内に革命を起こす学園ストーリーです。

主人公の春菜ツバメを演じたのは、本作が連続ドラマ初主演だった広瀬すず、スピーチライターの雫井彗には、神木隆之介が扮しました。

清水くるみ

出典: youpapers.com

本作で、清水くるみが演じたのは、生徒会の会計担当、脇谷玉子です。幼い弟妹のいる母子家庭のため、内緒でアルバイトをしているという個性的な役柄で、人気が沸騰しました。

5:『orange』ではクラスメイトの村坂あずさ役を演じる!

高野苺による人気漫画を原作とした映画『orange』は、2015年12月12日に公開されました。舞台は長野県松本市。同級生の自殺で後悔に苛まれている10年後の自分自身から届いた手紙をもとに、高校生たちが未来を変えるために動く青春ストーリーです。

orange

清水くるみは、主人公の菜穂のクラスメイトである村坂あずさを演じました。菜穂役には、NHK連続テレビ小説『まれ』の土屋太鳳、同じく『まれ』で共演していた山崎賢人も出演し、話題になりました。

仲間の中で、ムードメーカー的存在のあずさ。奥手の菜穂を支える、コミカルな存在がとても印象的です。

6:神木隆之介や山崎賢人との関係は?

神木隆之介との関係

神木隆之介

清水くるみは、以前から神木隆之介のファンだったことを公言しています。アミューズのオーディションも、最終選考に残れば神木に会えると考えたのが応募のきっかけだったそうです。

その後、映画『桐島、部活やめるってよ』、テレビドラマ『学校のカイダン』で見事に共演を果たしてします。

山崎賢人との関係

清水くるみ・山崎賢人

出典: news.ameba.jp

山崎賢人とも複数回共演しており、非常に近い存在であることは確かです。映画『orange』のほか、2003年にも映画『ジンクス!!!』でもカップル役で共演しています。舞台『ロミオ&ジュリエット』で役になりきった清水くるみに対し、山崎は「帰ってきたとき、色気すごかったよね」と意味深な感想を述べています。

7:清水くるみは実はあまちゃん候補だった?

清水くるみ

清水くるみは、国民的人気を博したNHK朝ドラ『あまちゃん』のヒロイン候補だったと言われています。なんでも、脚本を担当した宮藤官九郎は、清水くるみを推していたとの噂ですが、結局、能年玲奈に決まったことは周知のとおりです。

『あまちゃん』には、『桐島、部活止めるってよ』で共演した橋本愛、東出昌大、松岡茉優ら多数出演しており、主役に抜擢されていればまた別の面白さだったかもしれません。

実現しなかったのは残念ですが、確かな演技力と独特の存在感で、これからますます活躍することは間違いありません。