柿原徹也おすすめアニメ10選

2017年8月29日更新

己を貫く熱血少年からヘタレにオタクに中二病、色んな男子が見たいならこの人のアニメを見よう!そんな柿原徹也のおすすめアニメです。

柿原徹也のプロフィール

#柿原徹也_02

出典: okmusic.jp

1982年12月24日ドイツのデュッセルドルフ出身です。アミューズメントメディア総合学院を経て81プロデュースに在籍し、現在はZynchroに所属しています。

2007年に第一回声優アワードで新人男優賞を受賞しています。日本で暮らしたいというのが声優になる理由のひとつだったそうです。

2006年『プリンセス・プリンセス』(豊実琴)

#柿原徹也_豊実琴

つだみきよの漫画が原作。名門私立男子高校が舞台でそこにある姫制度という特殊な制度に巻き込まれ成長していく物語です。

容姿の優れた一年生が女装をしてアイドル的な活動を行い乾いた学生生活を潤すという「姫」のひとりで、姫の仕事が嫌いで音痴な豊実琴を演じています。

2007年『天元突破グレンラガン』(シモン)

#柿原徹也_シモン

出典: animestyle.jp

人類が地中で穴を掘って生活している世界。ある少年が小さなドリルと大きな顔面を見つけ地上に出て、出会いや別れのなかで成長し、やがて宇宙にまで至るSFロボットアクションです。

柿原徹也は、引っ込み思案ですが誰よりもまっすぐやり抜くことが出来る少年シモンを演じています。物語後半では自信を持った青年となったシモンを演じ分けています。

2008年『鉄のラインバレル』(早瀬浩一)

#柿原徹也_早瀬浩一

清水栄一・下口智裕によるロボット漫画が原作です。アニメ化においていくつかの設定などが変更されています。世界支配をたくらむ組織とそれを阻む組織との抗争を描いています。

柿原徹也は事故に巻きこまれロボットのパイロットになる少年早瀬浩一を演じています。気弱で下層スクールカーストですが特別な力を手に入れてからは傲慢に振舞ったりする、ある意味人間味溢れる演技が魅力です。

2009年『FAIRY TAIL』(ナツ・ドラグニル)

#柿原徹也_ナツ・ドラグニル

出典: prcm.jp

真島ヒロの漫画が原作で、さまざま以来を解決する魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」を中心に特殊な力(魔導)を持ったキャラクターたちが活躍するアクションものです。

柿原徹也は、竜に育てられ炎を操る主人公ナツ・ドラグニルを演じています

2010年『機動戦士ガンダムUC』(アンジェロ・ザウパー)

#柿原徹也_アンジェロ・ザウパー

福井晴敏による小説が原作で人気SFロボットアニメガンダムシリーズのひとつで、一番最初のTVシリーズ『機動戦士ガンダム』から直接繋がりのある物語です。宇宙に進出した人類の、地球を中心とした勢力と宇宙に定住した勢力との争いを描いています。

柿原徹也は、地球政府と争う組織ネオ・ジオンのパイロットで悲惨な過去からくる狂気を滲ませた役を演じています。

2011年『DOG DAYS』(ガウル・ガレット・デ・ロワ)

#柿原徹也_ガウル・ガレット・デ・ロワ

出典: tama-yura.jp

中学生が召還された異世界は戦の只中だったのですが、戦というよりはスポーツ興行な獣耳獣尻尾一杯なほのぼのバトルアクションです。

柿原徹也は、主人公の敵国王子で戦ってからは仲良くなるライバルポジションのガウルを演じています。

2012年『聖闘士星矢Ω』(龍峰)

#柿原徹也_龍峰

過去に絶大な人気を誇った車田正美の漫画原作アニメ『聖闘士星矢』の後の世代を描いた作品です。前作の主人公達の活躍で平和になった世界に再び悪の手が迫り、新しい世代の聖闘士達が活躍します。

柿原徹也は、女性のような外見で優しい性格ですが前作の聖闘士に実力は自分より上と言わしめる才能を持つ龍峰を演じています。

2013年『血液型くん!』(AB型くん)

#柿原徹也_AB型くん

Real Crazy Manによる韓国の4コマウェブコミックが原作。血液型を類型的に分けてキャラクター化したあるあるネタで構成されたアニメです。

柿原徹也は独創的だがマイペースでパーソナルスペースにこだわるAB型くんを演じています。

2014年『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-』(甘木生馬)

#柿原徹也_甘木生馬

橋口いくよの小説が原作で、小説の15年後がアニメの舞台です。かつて伝説的なアイドルが活躍した劇場を舞台に、新たに集まった5人の成長と活躍の物語です。

柿原徹也は、すこしヤンキーで芋っぽいジャージ装備、他のメンバーよりリズム感が足りない最初のセンター甘木生馬を演じています。

2015年『SHOW BY ROCK!!』(ヤイバ)

#柿原徹也_ヤイバ

出典: tama-yura.jp

サンリオのキャラクターメディアミックスのうちのアニメ版です。主に子供向けが多いサンリオですが、『SHOW BY ROCK!!』は比較的年齢の高い層をターゲットにしています。

バンド活動に憧れる女子高生が、ゲームの世界に引きずり込まれてしまい、そこでバンド活動や等身の低い獣姿でバトルをしたりする作品です。

柿原徹也は劇中バンドのひとつで中二病ビジュアル系「シンガンクリムゾンズ」のベース担当ヤイバを演じています。口癖が「故に」ですが、本来の意味を外れて悲鳴や叫びに使っていたりもします。