汚染された地球でサバイバル!海外ドラマ『ハンドレッド』!

2017年7月6日更新

今話題の、2014年からCWテレビジョンネットワークで放送されているSFサバイバルドラマシリーズ『ハンドレッド』原題(The 100)。宇宙から汚染された地球へとやってきた若者たちが、地球上で仲間と共に過酷なサバイバルを繰り広げます。

核兵器で汚染された地球をサバイバル!?

  SFサバイバルドラマ『ハンドレッド』は、2014年からアメリカCWテレビジョンネットワークで放送が開始されました。ドラマの元となったのは、Kass Morganによる小説シリーズ『The 100』です。日本ではNetflixで、シーズン1シーズン2シーズン3が日本語字幕および吹き替えで配信されています。

宇宙からやってきた主人公クラーク含む大勢の若者たちが、汚染された地球で仲間と助け合いながらサバイバルを開始します。

主人公のクラークの、リーダーとしての役割や葛藤、敵との壮絶な戦いが描かれているSFサバイバルドラマ『ハンドレッド』には目が離せません。

SFサバイバルドラマ『ハンドレッド』のあらすじ

  97年前に地球が核兵器で汚染された今、宇宙ではアークと呼ばれる居住ステーションに人々が住んでいました。アークにはジャハと呼ばれる議長が市民2400人を誘導していました。

また、罪を犯したものは宇宙空間に放り込まれ死刑となります。

  そんな時、アークの生命維持装置に重大な障害が見つかります。酸素の量が減っていく中、議長のジャハは地球が居住可能かを確かめるため100人の18歳未満である若者たちを汚染された地球へと送ります。

  地球にたどり着いた若者たちは、生い茂る草木や地球の膨大な広さに圧倒されます。しかし、地球を探索している途中仲間が何者かに襲われてしまいました。

  仲間を襲った襲った相手を探す若者たちは、汚染された地球で生き延びたグラウンダーと呼ばれる森の民に会います。

  空からいきなり現れた若者たちを森の民グラウンダーは警戒します。まだお互いに相手のことを知らないということもあり、事情を説明しようと若者のリーダーであるクラークは森の民グラウンダーのリーダーと話し合いをすることになります。

話を進める中、グラウンダーの他に人食いリーパーやマウンテンマンと呼ばれる生存者たちがいることを知ります。

  また、宇宙では地上に居る若者たちと連絡が途切れ、残された酸素の量がごくわずかとなってしまいます。それを知った議長ジャハは市民たちを地球へ送り込もうと試みます。

SFサバイバルドラマ『ハンドレッド』のキャスト紹介

主人公クラーク役エリザ・テイラー

  主人公クラークを演じるのは、オーストラリア出身の女優エリザ・テイラーです。生年月日は1989年10月24日。

  主な出演ドラマと映画は『ハンドレッド』の他に、『スパイ・レジェンド』・『パトリック 戦慄病棟』・『ムーンライズ・キングダム』など。

ベラミーブレイク役ボブ・モーリー

  ベラミーブレイクを演じるのは、オーストラリア出身の俳優ボブ・モーリーです。生年月日は1984年12月20日。

  主な出演ドラマと映画は『ハンドレッド』の他に、『ホーム・アンド・アウェイ』・『シティ・オン・ファイアー』など。

グラウンダーのリンカーン役リッキー・ウィットル

  リンカーンを演じるのは、イギリス出身の俳優リッキー・ウィットルです。生年月日は1981年12月31日。

  主な出演ドラマと映画は『ハンドレッド』の他に、『ホーリーオークス』・『オースティンランド 恋するテーマパーク』など。

ジャハ役イザイア・ワシントン

  議長ジャハを演じるのは、アメリカ出身の俳優イザイア・ワシントンです。生年月日は 1963年8月3日。

  主な出演ドラマと映画は『ハンドレッド』の他に、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』・ 『ロミオ・マスト・ダイ』・『ゴーストシップ』・『DENGEKI 電撃』・『トゥルー・クライム』など。

サバイバルドラマ好きなら必須の海外ドラマ『ハンドレッド』!

  主人公クラークのリーダーとしての役目や仲間との協力、葛藤、民族同士の戦いが描かれたスリル満点なSFサバイバルドラマ『ハンドレッド』。

サバイバル好きな人にはもちろんのこと、そうでない人でも大いに楽しめるドラマとなっています。気になる人は是非チェックしてみてください。