黒木華出演ドラマ一覧【『重版出来』まで】

2017年7月6日更新

どんな役柄でも器用にこなす演技派女優の黒木華。第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞してからは、ますます注目が集まっています。黒木華の透明感ある演技が見られるドラマを、『純と愛』から『重版出来!』までご紹介します。

昭和顔の演技派女優黒木華

黒木華

素朴でナチュラルな顔立ちが印象の昭和顔の演技派女優、黒木華(くろきはる)は、大阪府出身の1990年3月14日生まれのB型です。その演技力には誰もが心をつかまれ、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を日本人最年少で受賞、第64回ベルリン国際映画際最優秀女優賞を受賞しています。

ドラマや映画に引っ張りだこの黒木華、世界にも認められた演技が見られるドラマをご紹介します。

1:『純と愛』【2012~2013年】

純と愛

映画や舞台で活躍していた黒木華が、一般に知られるようになったのは、ドラマ初出演となったNHK連続テレビ小説『純と愛』です。

主演の夏菜演じる純と、同期入社のホテルウーマン、千香役を演じました。城田優演じる先輩ホテルマンの水野に恋をして、最終的には結婚します。

2:『まほろ駅前番外地』【2013年】

まほろ駅前番外地

出典: mainichi.jp

瑛太と松田龍平が主演のまほろ駅前シリーズの第2作です。黒木華は第8話に登場し、昔の恋人の現彼女の家へ行き、指輪を盗んでくださいと無理なお願いをする元カノ、宮本由香里役を演じています。

泥棒の依頼を多田便利軒に断られると、アルバイトで雇って欲しいと言い出します。破天荒な元カノ役を、元気に演じています。

3:『リーガルハイ』【2013年】

リーガルハイ

出典: buta-neko.net

コミカルな演技の堺雅人と、新垣結衣の掛け合いに思わず笑ってしまう弁護士ドラマ、リーガルハイ。黒木華は2シリーズからの出演で、始めは地味な検事を演じていましたが、岡田将生演じる羽生についていく決心をした途端、眼鏡を外しヒッピー風のファッションに一変します。

主演俳優だけでも十分濃いキャラクターなのですが、黒木も負けずに濃いキャラクターを演じています。

4:『ある日、爆弾がおちてきて』【2013年】

7535f439-s

『世にも奇妙な物語』2013年10月にフジテレビ土曜プレミアム枠で放映された特別編で、松坂桃李演じる予備校生、遠山聡と、黒木華演じる人間爆弾と名乗る女の子、パルカの物語です。古橋秀之による傑作ライトノベルが原作。

黒木は持ち前の演技力で、胸に付いている張りが12時をさすと爆発すると話す不思議な女の子、パルカを好演しています。

5:『花子とアン』【2014年】

花子とアン

2014年にNHKの連続テレビ小説『花子とアン』は、放送時点での朝ドラ過去10年で最高の視聴率を記録しました。吉高由里子演じる花子ももちろん好評でしたが、花子の妹役のかよを演じる黒木華は、ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したこともあり、注目が集まっていました。

吉高との息の合う姉妹の演技にも、多くの人が好感をもったのではないでしょうか。

6:『グーグーだって猫である』【2014年】

グーグーだって猫である

犬童一心監督作品の『グーグーだって猫である』が好評につき、WOWOWで連続ドラマ枠でドラマ化され、2014年に放送されました。映画とは異なるストーリーになっています。

主人公で漫画家の小島麻子役を宮沢りえ、黒木華はアシスタントのミナミ役を好演しています。

7:『オリエント急行殺人事件』【2015年】

オリエント急行殺人事件

出典: prcm.jp

アガサ・クリスティーの『オリエント急行の殺人』が原作で、三谷幸喜が昭和初期の日本を舞台とした作品として脚本を作成しています。

主演の野村萬斎を始め、松嶋菜々子、杏、玉木宏、二宮和也、池松壮亮など豪華俳優が勢揃いする中、黒木華は犯人と疑われ、警察署内で首つり自殺をするメイド、三木小百合役を講演しています。

8:『天皇の料理番』【2015年】

天皇の料理番

出典: arukunews.jp

1979年に出版された杉森久英による小説が原作で、TBSテレビ60周年特別企画として2015年に放送されました。

黒木華は、佐藤健演じる秋山徳蔵の妻、高浜俊子役を好演し、その息の合う演技に引きつけられ、最終回では涙が止まらなかったという声が続出しています。

9:『真田丸』【2016年】

真田丸

出典: mantan-web.jp

堺雅人主演、戦国時代最後の名将、真田幸村(信繁)の一生を描いたNHK大河ドラマ第55作です。

黒木華は信繁の初恋の女性で、信繁の子を身ごもり、信繁の側室となる梅役を演じています。上田城の戦いの中で、敗走する徳川の兵士の攻撃に巻き込まれ、乳飲み子を残し命を落としてしまいます。

10:『重版出来!』【2016年】

重版出来!

出典: music-book.jp

日経新聞の仕事マンガランキング1位を獲得した松田奈緒子による漫画『重版出来!』を原作をした、TBS系テレビドラマです。

黒木華は大手出版社で働く新人編集者を演じ、実直で素直な人柄をストレートに演じています。誰にでも誠意をもって接する仕事の姿勢、意思の強さから、小熊とあだ名をつけられています。

どんな役でも器用にこなす黒木華の演技力はすごいと評判で、見ると気持ちが明るくなるドラマです。