2017年7月6日更新

映画『ヒーローマニア』でキャラ大変身!?出演者の魅力に迫る!!

現在公開中の『ヒーローマニア-生活-』に出演中の東出昌大・窪田正孝・小松菜奈が従来のイメージから外れた役に挑戦して話題を集めています。この記事では彼らの役者としての変貌を徹底解剖します。

映画『ヒーローマニア-生活-』とは?

豊島圭介監督がメガホンをとった、映画『ヒーローマニア-生活-』が2016年5月7日より全国の映画館で上演されています。ストーリーは、個性あふれる4人のヘタレたちが、治安の悪くなった街を守るためヒーローとして活躍するという物語です。

このヒーロー役を演じたのが、若手俳優の東出昌大・窪田正孝・小松菜奈の3人とベテランの片岡鶴太郎です。片岡の安定感はもちろんのこと、この映画の中で若手俳優の3人は、大幅なイメージチェンジを行い、映画を見た人たちを驚かせています。

それぞれの過去の作品と今回の映画のキャラクターを比較しながら、映画と俳優の魅力に迫っていきたいと思います。

東出昌大/中津

東出昌大といえば、身長が189㎝とかなり長身に、端正な顔立ちと、存在感抜群の俳優です。朝ドラや大河から映画の主演と仕事で忙しい傍ら、女優の杏と結婚し双子を授かるなど公私ともども充実した、今注目の若手俳優です。

『ごちそうさん』では冷静ながらもヒロインの作るごはんを美味しそうに食べる夫役の西門悠太郎役を演じ、ティーンに大人気な青春映画『アオハライド』では、心に傷を負い、少し陰のある馬淵洸を熱演しました。

中津とは?

このようにどちらかというと、冷静沈着で優等生のような役を演じるイメージが強かった東出が、今回『ヒーローマニア-生活-』で演じたのは元サラリーマン、現フリーターのヘタレ主人公中津です。劇中では思いっきり変顔をしたり、白目を向いたり、道端で吐いたりするなど今までの好青年の見る影もない情けない姿が満載な役に体当たりでチャレンジをしています。

かっこいい東出昌大が好きな人は、最初はびっくりするかもしれませんが、ヘタレなりにひたむきに頑張る姿は応援せずにはいられなくなるはずです。

窪田正孝/土志田

窪田正孝といえばYahoo!検索大賞2015年の俳優部門賞を獲得するほど、今最も注目されている俳優です。芸歴は長く、17歳でデビューしてから10年間活動をしています。

10年間で様々なドラマに出演し、知名度を上げていき、役によって印象が全く違うことからカメレオン俳優と呼ばれるようになります。『ガチバン』シリーズでは黒永隼人という幼いながらも一本気な不良役を演じ、朝ドラの『花子とアン』ではヒロインを一途に思い続けた木場朝市を演じました。

そしてドラマ版『デスノート』では主演となる夜神月を演じ、最期の魂を振り絞るかのような鬼気迫る演技が話題となり、徐々に上がっていた知名度が一気に上がることに。

土志田とは?

そんな窪田正孝が今回演じたのが格闘技マニアでニートの下着泥棒、土志田です。下着を盗むときの動作や女子高生のスカートを凝視する姿は変質者そのものですが、アクションシーンではワイヤーアクションなど難易度が高いものにチャレンジし、また1つ役の幅を広げました。

色々な側面を持つ土志田を繊細に演じ切る窪田正孝にきっと驚くこと間違いなしです。

小松菜奈/カオリ

10代とは思えない独特な存在感を発揮し、CMなど多数で活躍していた小松菜奈は、『告白』などで有名な中島哲也監督の『渇き。』で映画作品へのデビューを果たしました。その独特な雰囲気を生かした妖艶で毒を持つミステリアスな少女・加奈子を熱演。第38回日本アカデミー賞の新人俳優賞を筆頭にいきなり3つの賞を獲得しました。映画『バクマン』では加奈子とは逆に可憐な小豆美保役を演じています。

カオリとは?

その端正な容姿から善悪問わず、美少女の役を得意としていた小松菜奈が今回チャレンジしたのは、自称情報通の変人女子高生、カオリです。現実的で汚い言葉遣いも厭わず、容姿も三つ編みに眼鏡、緑色のジャージなど無頓着で美人が台無しですが、それが妙に魅力的で人気を集めています。

もちろん美人な部分も生かされていて、劇中で特製ヒーロージャージやスーツなど魅力的なコスチュームを着た姿は圧巻です。

予想外のキャスティングで魅力炸裂

いかがでしたでしょうか。『ヒーローマニア-生活-』という映画は、役者にハマリ役をやらせていません。しかし、それが逆に、役者の魅力を5倍、10倍と膨らませることに成功しています。今人気の若手俳優の普段とは違う演技を観るいい機会になると思います。

それぞれとても魅力的なキャラクターを自分のものにして演じているので、映画を見たらますますファンになること間違いなしです。是非、劇場に足を運び役者たちの大変身っぷりをその目で確認してみてください。