学校では教えてくれない、ちょっぴり下品な映画スラングセリフ特集

2017年7月6日更新

意味が下品だったり、言い回しが強く学校では絶対に教えてくれないスラング。しかし、キャラクターの性格や雰囲気なども反映されるスラングを理解できると、映画を10倍楽しむことができるでしょう。 そんなスラングを映画のセリフや原題と共にご紹介します!

メリーに首ったけより、「I'm just f*cking with you」

いわゆるFワードとしてつかわれる"f*ck"ですが、この場合はメリーが悲しむテッドに冗談を交えて「I'm just f*cking with you」=「からかっただけよ」という意味で使っています。このようにf*ckは使い方や場面により意味が大きく変わります。

"kick ass"

kick(蹴る)ass(ケツ)と映画のタイトルでもあるこの表現は”かっこいい”という意味になります。その他にも、例えばkick ass car は、かっこいい車という意味になります。

"That's bull-shit"

この表現は映画の様々なシーンで耳にします。意味は「嘘つくな」、「ふざけんな」という意味になります。 すべてに共通していえることですが、使い方には気をつけましょう!

"NERD"

よく人を罵倒するときに使うこの表現。意味は「オタク」となります。映画やドラマで頻繁に使われるので、覚えておくのもいいかもしれません。

"Bloody"

ここまで紹介してきたスラングにも方言のようなものがあり、今回の"Bloody"はイギリスで使われる俗語にあたります。意味は日本で言う"クソ"にあたります。例えば、クソまずいなどと言う際にbloody〜と使います。