2017年7月6日更新

ウィル・スミスってどんな人?【ドル箱スターの歩む道】

出演作がことごとくヒットする俳優ウィル・スミス。コミカルなパフォーマンスからシリアスな演技まで幅広くこなす俳優でありながら、映画プロデューサーや歌手としても才能を発揮する彼の軌跡に迫ります。

ウィル・スミスの生い立ち

  ウィル・スミスはアメリカの俳優・ミュージシャン・映画プロデューサーです。出演する映画が次々とヒットを飛ばし、ハリウッドを代表する俳優の1人に挙げられるウィルは、1968年にアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれました。

家族構成は教育委員会に勤める母と、冷却装置の技師である父。それから4歳上に姉が1人と、3歳下に双子の弟と妹がいます。両親はウィルが13歳の頃から半ば離婚状態にあり、2000年頃には完全に離婚してしまったそうです。

頭も良いウィル・スミス

  "MIT(マサチューセッツ工科大学)の入学資格を獲得するも、ラップのために断った"という噂が流れ、さらに"それは嘘である"という噂が広まりましたが、真相は"MITのプリ・エンジニアリングコースから入学を認められたが断った"のだそうです。

ウィルは非常に高いSATスコアを持っており、MITが黒人の子供を探していたことを考えると入学に問題は無かった様ですが、大学進学に興味が湧かなかったと語っています。

ウィル・スミスと音楽

  16歳の時に同じくフィラデルフィア出身で、10歳の頃からDJとして活動しているジャジー・ジェフに出会い、ラップ/ヒップホップデュオであるDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを結成。1989年に楽曲『ティーンエイジャーの主張』でグラミー賞を獲得しました。

  その後1991年にリリースしたシングル『サマータイム』では2度目のグラミー賞とBillboard Hot 100で4位を獲得しています。主な活動は1994年までですが、その後も何度か再結成という形で楽曲を発表しており、ジャジー・ジェフとは今でも親友です。

ソロ活動

  ウィルはソロとしても活動しており、出演作『メン・イン・ブラック』では主題歌を担当。サウンドトラックは300万枚のセールスを記録しました。今までにソロでは4枚のアルバムをリリースし、いずれもヒットしています。

ウィル・スミスの俳優業

  1990年からテレビシリーズ『ベルエアのフレッシュ・プリンス』にフィクション化された本人の役で出演し、お茶の間スターに。6シーズンから成る本作は、なんと6年間も続きました。

シリーズが終わった1960年から本格的に映画界へ進出すると、主演をつとめた映画『インデペンデンス・デイ』が大ヒット。この作品は2016年に続編の公開を控えていますが、残念ながらウィルの出演はありません。

そして演技派俳優へ…

  ウィルは作品選びを大切にしており、『メン・イン・ブラック』、『バッドボーイズ』、『幸せのちから』などのヒット作に続けて出演。人当たりの良さや、確かな演技力と主張しすぎないバランスが絶妙です。

  特に2001年の映画『ALI アリ』のモハメド・アリ役で演技力を高く評価されたことが転機となり、それ以降はシリアスな映画への出演が増えました。ウィルはこれまでにゴールデングローブ賞に5回、アカデミー賞に2回ノミネートされており、グラミー賞は4度獲得しています。

ウィル・スミスとお金のハナシ

  ウィル・スミスは2008年に「最も稼いだ俳優番付」で1位になるなど、その稼ぎの額でも有名な俳優です。8作連続で全米興行収入1億ドル越え、11作連続で全世界興行収入1億5千万ドル越えを記録した俳優は、世界でウィル1人とのこと。

2014年の時点で、ウィルの出演した21作品はそれぞれ興行収入1億ドル越え、そのうち5作品は5億ドル越えを記録しています。ちなみに1億ドルは日本円にしてだいたい110億円。あまりの額でよく分からなくなってしまいますね…。

税金問題?

  そんなウィルですが、1988年から1999年頃はお金を惜しみなく使ってしまうタイプで、税金もきちんと払っていませんでした。後から280万ドルの税の支払いを要求されたウィルは、ほぼ破産状態に。そんな中で出演が決定した『ベルエアのフレッシュ・プリンス』の成功で窮地を脱し、世界1のムービースターになることを誓います。

2012年にはオバマ大統領の増税方針に対して「いくらでも払う」と太っ腹発言をして話題になりましたが、このエピソードを知っているとなんだか面白いですね。

ウィル・スミスの結婚生活

  ウィルは1992年にシェリー・スミスと結婚して一児をもうけましたが、1995年に離婚。1997年に再婚した女優のジェイダ・ピンケットとはおしどり夫婦として知られ、2人の間には息子のジェイデンと娘のウィロウがいます。

結婚生活に差す影…

  これまでに何度か離婚報道が流れているウィルとジェイダ。理想の夫婦像を演じるのに疲れているのではないかと噂されていますが、2015年に二人は報道を否定。確かに破綻寸前の時期もあったと認めた上で、今でも良い関係を保っているそうです。

ウィル・スミスと子供達

  近年、ウィルの子供達がその才能を開花させて話題になっています。息子であるジェイデンとは『幸せのちから』で共演。ジェイデンの高い演技力が認められると共に、ウィルは2度目のアカデミー賞ノミネートを果たしました。ジェイデンはその後も俳優やモデルとして活躍しています。

  また、『アイ・アム・レジェンド』では娘のウィロウと共演。彼女は2010年から音楽活動を開始しており、シングル『ホイップ・マイ・ヘア』はBillboard Hot 100で最高11位を獲得。モデルとしても活躍しています。才能あふれる子供達ですが、ウィルは思春期の彼らに少し手を焼いているのだとか。

ウィル・スミスのこれから

  気になる今後の活動ですが、映画では2016年9月10日に日本での公開が決定している『スーサイド・スクワッド』にデッドショット役で出演が決まっています。今の時点でかなり注目を集めている作品なので、またスマッシュヒットを飛ばしてくれることでしょう。

また、本格的に音楽活動を再会するべくレコーディングに励んでいるそうで、ジャジー・ジェフと全国ツアーを計画しているそうです。2015年には政界入りも示唆していたウィル・スミス。今後の活動にも注目です。