死ぬまでに絶対に見るべき!コミック原作映画20選

2017年7月6日更新

今までコミックを元に何本もの映画が作られ、そして数々の名作がそこから生まれています。コミックが原作だからと言うだけで敬遠していたら、それは多くの名画を見る機会を逃している事と同じです。今回は死ぬまでに見るべきコミック原作映画20本を紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい!

実写化不可能とされてきたコミックがついに映画化!オープニングシーンは映画史に残る名シーン!

yuki12241 アメコミ原作の一風かわったヒーロー映画。ザック・スナイダーの良いところが存分に発揮されている気がします。 マーベルの某アベンジャーズ等のように、皆が皆同じ目的に向かって行動しているわけではないところが一番の見所でしょう。 本作の中で物語が始まって完結するために、尺が長くなっているのは仕方ないのかなと思います。それぞれのキャラクターがかなり濃く描かれていて、各々の正義を持って揺るがないのがとても良い!特に、ナレーションも兼ねているロールシャッハはハンパじゃなく格好いいです一番好きです。 全体的に暗めの映画でして、終わったあとには平和って何だろう・・・と考えてしまうと思いますが、かなりオススメの作品です。

1995年シルヴェスタ・スタローン主演『ジャッジ・ドレッド』をカール・アーバン主演でリメイクした作品!

nieve822 男の裁きが世界を変える!荒廃したメガシティ1にそびえるピーチツリーへ潜入した2人の運命は?スタローン版も原作も未見ですが、かなり楽しめました!驚いたのは設定がザレイドと似ていること!レイドが肉弾戦ならこちらは銃撃戦といった感じ。悪人は容赦なく処刑するドレッドが恐ろしくもありかっこよくもあります。スローモーションシーンがとても美しく印象的。満腹!

世間になじむことができない少女と中年男性の交流を描いたどこか痛くて、チャーミングな作品!

utakatafish 思わず「うわぁ…」と言ってしまった 物凄くイヤな気持ちになったのもイーニドの気持ちが痛いくらいわかったから 自分はそこらへんの人とは違う、周りの奴らみたいにはなるまいと強い意志を持ってる、だけど自分が何者なのかわからない、世間になじめない、目標もない、ただ漠然と自分の世界を守ってる(つもり)…みたいな

イーニドは相手を振り回すことで自分の心を満たしてて、すごく心が傷んだ わかるからこそ色々と思うこともあって嫌な気分…

イーニドの格好は「うわぁ〜」と言ってしまうほどめちゃめちゃ可愛かった、グリーンのリップ超かわいい、体型も最高

まぁいろいろとわかる人にはわかるし全く意味のわからない人もいるであろう好き嫌い分かれる映画 わたしはすごく嫌な気持ちだけど好きな映画だと思った

2011年公開『キャプテン・アメリカ』の続編!アクション映画だが脚本もしっかりと練られた傑作!

Yusuke__Sato やっと見れましたキャプテンアメリカ!!僕が一番好きなアメコミヒーローです!!文句無しの☆5!笑 完全に贔屓です。笑 あーたのしかった。キャップかっこよすきです。基本的にアメコミ大好きなのでたまりませぬ。普通の人間ってとこがいいんです。次回作も出してくれたら嬉しいです。

ティム・バートン監督によるバットマン第一作目!全体的にダークでゴシック調の雰囲気に統一されている!

gwashiiii バットマン/ティム・バートン(1989) ★★★★★★☆☆☆☆ コメディ続きのティム・バートンの3作目は、アメコミ「バットマン」の映画化作品。 見所はやっぱりジョーカー。演じるジャック・ニコルソンが素晴らしい。 「ダークナイト」でジョーカーを演じたヒース・レジャーのプレッシャーはとてつもなかっただろう。 (結果ジャック・ニコルソンに負けじと見事演じきってるのがすごい!)

バットマンシリーズは、クリストファー・ノーラン版を最初に観てる自分としては、ティム・バートンらしいコミカルな描写が出る度に、これいる?笑 と少し興ざめしてしまったのが正直な所…。 時代の差はあるにせよノーランのリアリズムに徹した作品のほうが好みかな。

これはこれで面白かったけど、本作を観てダークナイトの凄さをさらに実感することになるのでした。

2002年を代表する超大作映画!サム・ライミ版スパイダーマン記念すべき第一作目

noopy アメージングをこないだ見たのでまた見たくなっていたところ200円でDVD売ってたので買いました。やっぱいいなぁとおもう(アメージングと比べてしまうのかもしれないけれど)ピーターにちゃんと感情移入できるし人間関係の設定もよい。指から針とか逆さでキスとか場面がしっかり表現されてる。いわゆるスパイダーマンのシズルが凝縮されてる。しかしそんなに昔じゃないような気がするのにもう大分CG臭く感じてしまうのだなぁとは思った。てか中学のときだもんなぁ。。。映画はヒロインのかわいさじゃないんだなぁ。。。笑

ダークヴァンパイアヒーローがバッタバッタと大立ち回り!マーベルコミック原作映画!

southpumpkin 素晴らしいテンションのB級SFアクション映画。ヴァンパイア・ハンターが悪事を働くヴァンパイアをズバズバ倒していきます。突拍子も無い設定も無く、どこにでもありそうなアメコミっぽいストーリーなのですが、世界観がとても魅力的でぼんやりしてるとずるずると引っ張られていきます。どこにでもヴァンパイアが居る、という演出もなかなかgoodですね。 アクションもかなり良い。日本へのリスペクトが随所に感じられ、主人公の武器にも日本刀のようなものが出てくるし、殺陣もなかなか決まっていて面白いです。キル・ビルへのインスパイアもあるのでしょうか。終盤における大舞台のカメラワークもキル・ビルっぽい感じありましたね。 白人至上主義にアンチテーゼなのでしょうか、黒人が主要キャストを締めています。彼らの引き締まった、しなやかな動きにも注目かと。

全編ほぼモノクロ映像を意図的に使用!コミック原作の異色アクション映画

Keimiyazato 話しの内容どうこうでは無く映像的に面白かった モノクロと言うよりセピアがかった色調にパートカラーを入れて独特な世界になっています、かなり残酷な描写が多いのにさほどグロさは感じません、アメコミを読んだ事が無いのですが 接続詞抜きでズバズバ進む展開なのだろうか?本作もそんな感じでスピーディーに進みます。

オタク少年がスーパーヒーローに?主役のキックアスよりキュートなヒットガールに注目せずにはいられない!

ayamilky オタクがヒーローになろうとすると悪役が出てくる。 そしてヒーローには最強のサポートメンバーが。

何度も見てます。 マジcrazyでawesome!! めっちゃ笑いました! キャラクター、ストーリー、設定すべて面白い! 無理があるなんて言ったらナンセンス! むしろだからこうなったのね!って笑えます。 アメコミ好きにはゼヒ!って感じですね。 音楽もかなりいいし! わかりやすくて楽しめる\(^o^)/

何が面白いってやっぱニコラス・ケイジ笑 彼の存在偉大すぎwww

2004年公開のヘルボーイ第2作目!監督はなんとパシフィック・リムのギレルモ・デルトロ!

taichimachima キャラデザインがとにかく秀逸です。特に死神とゴールデンアーミーのかっこよさといったらもう!!!ただ何というか前作にロードオブザリング的要素を加えた感じですかね?(エルフとかゴブリンとか・・・)世界観がちょっとごちゃごちゃしているような気がしました。次作は・・・ないでしょうかね(*_*)

クリストファー・リーヴ主演!まさにヒーロー映画のクラシック!

Ribeka_Izawa クラークいけてないけど、かっこいい。ハンパない正義の味方だなぁ。 小さい頃に大好きで何度も見たのに覚えてないシーンがたくさんあった。バァーイ!って言って去るんだったかなぁ… 古い映画を見直すのもいいなぁ。

ブライアン・シンガー監督のXーMEN2作目!前作よりも大幅にクオリティが上がったアクションエンターテイメント映画!

southpumpkin 前作でぼやかされていた関係性が露わになりその世界観がどんどん拡張していきます。それに伴ってさらに魅力的なキャラクターが登場します。僕もミュータントの能力発現したいなあ。さらにウルヴァリンの過去の扉も開かれ、関連作品への期待が増します。 オープニングのホワイトハウスの映像が素晴らしいですね。自在に空間移動できる男がいかにして大勢の人間を倒すのか、一瞬も目を離せません。 ダム下での研究というのは流行りなのでしょうか。ダムが決壊しなかったことがないと思います。

あまりコミックが原作と知られていない?トム・ハンクス主演で描かれる復讐劇映画!

s_p_n_minaco 『スカイフォール』の後で、そういえばこれだけ見逃してたサム・メンデス監督作。ダニエル・クレイグも出演、まさかこれがボンドになるとはね。 組織に追われるアイリッシュ版子連れ狼。渋いのだが、ちょっと大向こうを気張りすぎな気もしなくはない。でも冒頭、雪降る通りを埋め尽くす労働者の群れがまるでL.S. Lowryの絵を思わせてハッとするし、暗い色調が続く中、要所要所の演出が舞台っぽく決まっててさすが。エンディング、薄曇りの太陽が心に残る。

ロバート・ダウニーJrが主演以外は、もはや考えられない手作りヒーロー『アイアンマン』一作目

southpumpkin 二回くらい観たことある気がするんですけど、ciatrにレビュー載せていませんでした。今や「アベンジャーズ」では中心的人物となったアイアンマンの第一作目。ヒーローものにありがちなのは誕生秘話である一作目が一番つまらなくなりがち、というのがあります。どうしても説明がちになってしまったりとか。記憶に新しいのは「キャプテン・アメリカ」でしょうか。しかし今作はかなり面白い誕生秘話です。武器製造会社のイケメンおじさん社長が如何にしてアイアンマンになったのか、がテンポ良く描かれます。 ロバート・ダウニーJr演じるトニー・スタークが工学系の憧れであるところも工学系の人間としては惹かれます。それにしてもアイアンマンの相棒であるOSジャービスをアイアンマンの片手間に作ってしまうとは、天才にもほどがあります。

マーベルスーパーヒーローが大集結!夢の共演映画!

a6sdfghjklzxcvb ヒーローアクション大好きな人にとって夢のように最高な映画!!

一見温かい家庭の父親には隠された過去が!ある事件がきっかけに少しづつ明らかになる秘密とは?

southpumpkin クローネンバーグ監督作品にしては普通に楽しめる映画です。仕事も成功し、温かい家庭を築いていた男はとある事件をきっかけに様子がおかしくなってくる・・・。という話。素直にびっくりしましたね。クローネンバーグ監督作品、ということを知らなければ素直に先読みできていたでしょうけど、クローネンバーグだからなあ。宇宙から来た謎の生命体が絡んでくるんだろう、と思いましたがそうではありませんでした。素直な、ものすごく素直なミステリー映画です。謎の生命体を大いに期待してしまうのはやはり昔の作品が好きだからなのか・・・。近年はどんどん新しいことに挑戦していてすごいなあ、と思いますが、個人的には80年代の作風に一度回帰してほしいかな、なんて・・。 ヴィゴ・モーテンセンはこの映画が一番格好いいですね。イースタンプロミスはかっこよすぎでした。

クリストファー・ノーラン監督ダークナイト3部作の1作目!伝説はここから始まった!

Ayaka__Yamamoto バッドマンになるまでの理由付けがしっかりと描かれている。 また登場人物が冒頭で使う言葉などが、終盤の大事な場面に使用されており、嬉しくなりました。

名前を空かせないことや ブルースとバッドマンの二面性での葛藤が描かれているのが良かったです。

戦闘シーンはハラハラしましたし、映画館で見たらド迫力だったんだろうなぁと感じました。

日本漫画原作の韓国映画!エクストリームなバイオレンス表現が映画史に刻まれた名作

pleiades0629 「復讐」というテーマをここまでじっとり表現できるのは韓国映画の特質かなと実感する。 執念・引き金・暴力、それぞれの描き方が上手だな〜。

痛々しいシーンと爽快なシーン、途端にくるユーモアに揺られるリズムは心地良い。 映像もどことなくフランス映画を思わせる節もあり、いいスパイスになっている。

ヒーロー映画のジャンルを超えた傑作映画!ヒース・レジャー演じるジョーカーは今や悪役のクラシックに!

pleiades0629 ゴッサムシティにバットマンが誕生して9ヶ月、ピエロのメイクを施した"ジョーカー"と呼ばれる狂気の男が現れる。

これは素晴らしい。 開始直後の銀行のシーンは観る側の心をシッカリ掴む上手さ。ここで釘付けになる。 クリスチャン・ベールのバットマンもビギンズのときよりおもちゃっぽさが抜け、よいダークさを感じさせる。 そしてジョーカー、これは映画史に残る悪役といっていい!惜しくも亡くなったヒース・レジャー以外誰もこのジョーカーは生かせない。

サム・ライミ監督版スパイダーマンの2作目!アクションはもちろんヒーローとしての葛藤も必見!

hon0711chi 博士とマシンが一体化するところが、かなり怖かった。いい人があそこまで悪者になっちゃうってのが、全然わからん…。研究者だから自分の研究を追い求めるとあーなるのかな?

あと、恋のもどかしい要素が2にはいっぱいあって、そっちのストーリーが楽しめるかも。 キルスティンのメリージェンもやっと、様になってきた感じがした。あと、おばさんがいい人すぎる~!!言葉が心に響いたね!