2017年7月6日更新

しつこい女は嫌われる?だからどうした!ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』

なにごともホドホドが良いというもの。しつこ過ぎる男も女も嫌われる。だからホドホドに…なーんてヤツにゃ記者は務まらない!真実が分かるまで喰らい付いて離さない!そんなスッポン女記者の活躍を描いた『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』がミステリーの名門テレビ朝日系列で放送中です!一度観たら絶対に離れられなくなるその世界を紹介しましょう!

鉄(クロガネ)の女、鉄のカーテンの奥の真実を暴く!

クロガネ

【あらすじ】 ウソを憎み、何よりも真実を愛する新聞記者・鉄忍布(クロガネ シノブ)。真実を掴むまで絶対に取材対象を離さないその粘り強い取材力で幾度も報道賞を手にしている彼女だったが、その取材姿勢ゆえに出入禁止となってしまうこともしばしば。それでも鉄はめげることなく、今日もまた執念の取材に向かうのだった。

観月ありさ、テレビドラマ主演連続24年の記念作!

観月ありさ

鉄を演じるのは観月ありさ。『ナースのお仕事』『鬼嫁日記』『斉藤さん』…その時代を代表する数々の名作テレビドラマに出演してきた観月さんですが、なんと本ドラマで前代未聞のテレビドラマ主演連続24年を達成されたそうです。

女たちの火花散るバトル!美月ありさVS財前直見!

財前

ただ真実だけを求めて突っ走る鉄は、当然ながらいたるところで衝突を引き起こします。財前直見演じる新聞社のデスク・千華子もその一人。いかに自分を守り、生活を守るか。それを第一に考え行動する千華子と、保身を一切考えない鉄の火花散るバトルも本ドラマの見所の一つです。

獅子身中に虫を持つ!敵か?味方か?謎の男・小林稔侍!

小林捻侍

小林稔侍が扮するのは鉄の勤める新聞社を買い取った新オーナー・磯村。今ではあまり見かけない真のブンヤ魂(記者のことを昔はブンヤなんて呼びました)を持った鉄を、磯村はどこか面白がるように眺めます。果たして、磯村の真の狙いはなんなのでしょうか? どこまでも腹の読めない磯村を小林さんは重厚に演じ、物語にもう一つの軸とサスペンスをもたらしています。

『科捜研の女』『京都地検の女』に続いて、今度の女は『出入禁止の女』!数々の名ヒロインを生んだ「木曜ミステリー」の次のヒロインが本ドラマの鉄です。観月ありさの活躍はもとより、財前直見に小林稔侍といった、いよいよ脂の乗ったベテラン俳優たちの熟練の演技からも目が離せません。今期注目のドラマとして、ご覧になってみてはいかがでしょうか。