小倉唯おすすめアニメ10選

2017年5月27日更新 2478view

歌って踊れるアイドル声優小倉唯の演じる様々なキャラクターを取り上げ、その魅力を伝える10作品を紹介します。

小倉唯のプロフィール

小倉唯

出典: ticket.st

小倉唯は、1995年8月15日生まれ、群馬県出身です。声優、歌手、女優、アイドルと幅広い活躍をしています。

幼い外見のキャラクターを演じることが多く、キャラペディアが実施したアニメファン10,000人に聞いたいま一番好きな声優さん2014では4位にランクインする程の人気声優です。

小倉唯_3

1995年生まれということで、2015年に成人を迎えた小倉唯のこれからの活躍に期待がかかります。

2011年『ロウきゅーぶ!』(袴田ひなた)

袴田ひなた

小学校の女子バスケットボール(ミニバスケットボール)部でコーチをすることになった長谷川昴と部員である小学生のヒロインたちとの交流や成長を描いた物語です。

袴田ひなたは、緩いウェーブのかかったロングヘアをしています。いつも笑顔を絶やさない、かわいいキャラクターです。

2011年『神様のメモ帳』(アリス)

紫苑寺有子

杉井光作のライトノベルを原作としたアニメ作品です。ヒロインであるアリスを中心としたNEET探偵団が数々の事件に挑みます。

身長130cm以下で非常に小柄、色白で長い黒髪を持つ引きこもり探偵アリスを小倉唯が演じます。

2012年『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』(園城寺怜)

園城寺怜

出典: prcm.jp

小林立の漫画のアニメ作品。全国高校生麻雀大会がテレビ中継されるほど麻雀が人気となった世界で、女子高生たちが全国大会を目指す物語です。

園城寺怜は、千里山女子高校3年生で全国でも屈指のエース選手です。対局時に一巡先を見る特殊能力を持ち、インターハイで主人公である高鴨穏乃が所属する阿知賀女子学院と戦うことになります。

2012年『織田信奈の野望』(竹中半兵衛)

竹中半兵衛

春日みかげ・著、みやま零・画のライトノベル作品を原作としたアニメ作品です。戦国武将が美少女になった世界にタイムスリップした主人公の相良良晴と美少女武将たちの活躍を描く物語です。

小倉唯が演じる竹中半兵衛は病弱な14歳の少女で本名は「重虎」。兵法家にして陰陽師である知的なキャラクターです。

2012年『アクエリオンEVOL』(ユノハ・スルール)

ユノハ・スルール

2005年に放送された『創聖のアクエリオン』の続編にあたる作品。人類の敵である「アブダクター」と戦うため「アクエリア」と呼ばれる合体兵器に乗り込む少年少女達を描いています。

ユノハ・スルールという小柄な美少女を担当しているのが小倉唯です。とても恥ずかしがり屋で常にぬいぐるみのタマを抱えています。

2013年『変態王子と笑わない猫。』(筒隠月子)

筒隠月子

第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞した、さがら総作のライトノベルを原作としたアニメ作品です。

筒隠月子は本作のメインヒロインです。煩悩を引き受けるという「笑わない猫」の噂を耳にし「本音」を引き取ってもらおうと願った結果、それ以降感情が表情や語気に表すことができなくなっています。本来は表情豊かなキャラクターであり、変化のあるキャラクターを小倉唯が演じています。

2013年『ヤマノススメ』(青羽ここな)

青羽ここな

月刊漫画雑誌『コミック アース・スター』にて2011年9月号より連載が始まったしろ作の漫画が原作のアニメ作品です。女子高生による登山をテーマにしています。

青羽ここなは、高尾山でモモンガを探していたところ下山途中の主人公の雪村あおい達に出会います。それ以来、あおい達の山友達になります。動物全般が好きな可愛らしいキャラクターを小倉唯が演じています。

2015年『城下町のダンデライオン』(櫻田光)

櫻田光

春日歩作の4コマ漫画を原作としたアニメ作品です。ごく普通に街中で生活する櫻田家は、実は国を統べる王族です。そんな9兄弟と周囲の日常を描いた作品です。

三男六女の兄弟姉妹の五女である櫻田光を小倉唯が演じています。少々ワガママな所がある小学5年生で、元気で前向きで真っ直ぐなキャラクターです。

2015年『聖剣使いの禁呪詠唱』(四門摩耶)

四門摩耶

あわむら赤光作のライトノベル作品を原作としたアニメ作品です。通称「ワルブレ」と言われています。

四門摩耶は、主人公たちが通う亜鐘学園の校長である四門万里の遠縁の少女です。夢石の面晶体(フィールドオブドリーム)という世界に一人しか使えない固有の魔法を持つ天才少女を小倉唯が演じています。

2015年『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(びんかんちゃん(感見敏子))

びんかんちゃん

赤城大空作のライトノベルが原作のアニメ作品です。「公序良俗健全育成法」成立により、日本から下ネタが失われた時代が舞台です。主人公の奥間狸吉は下ネタテロ組織「SOX」のリーダー「雪原の青」に弱みを握られて、「SOX」に強制的に加入させられてしまいます。狸吉は「SOX」のメンバーとして「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」に対して下ネタテロを行い戦いを挑みます。

小倉唯が演じるびんかんちゃんですが、本名は感見敏子です。本名ではなくびんかんちゃんとして認識している人が多いアニメオリジナルキャラクターです。控えめな容姿と性格で、舌足らずな口調、そしてストーリーに関係のないモブキャラのため、マスコットのようなキャラクターです。しかし、登場頻度とリアクションの可愛さから人気の高いキャラクターでもあります。