英語の映画を除く!過去25年のホラー映画ベスト30選

2017年7月6日更新

アメリカ映画業界はここ25年あまり、外国ホラー映画に注目してきました。質の高い映画を探し、リメイクするためです。しかし外国ホラーというジャンルは世界で確固たる地位を確立していて、数多くの名作も生み出されています。今回は英語映画を除く!過去25年のホラー映画ベスト30選を紹介します。

1.『死霊の罠』(1988)女性レポーターとクルーが殺人の様子が映ったテープの真実を探るために廃工場へと向かう。そして待ち受ける恐怖とは!1988年の日本製スプラッター映画

moooo_y バイト先で観賞。こわすぎ、エグすぎ。 音楽もこわい。自分の中で結末、え?って感じになってしまったのがちょっと残念だけれど、すごい作品。。もうみたくないです。

2.『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)金子・修介監督・平成ガメラシリーズの一作目!今までのガメラにはなかったリアリティを取り入れた作品!

cla_sta 最終決戦時のガメラ登場でマンホールが飛ぶところがミニチュア屈指の名シーンだと思う。

3.『ガメラレギオン襲来』(1996)金子・修介監督/平成ガメラシリーズ第二弾!前作から一年後、レギオンとガメラの死闘を描く!

fmofmojimo 人がやられるシーンがあからさまなんはあいかわらずしんどいけど、クオリティーもあがって、ストーリーもはらはらしておもしろい。 水野美紀がかわいい。

4.『ガメラ3 邪神覚醒』(1999)金子・修介監督/平成ガメラシリーズ最終章!前作から三年後の世界を描く!京都駅で行われる、イリスとガメラの決戦が印象的!

Yotchi0125 昔はもっと可愛い顔だったのに…最早ガメラが怖い!映像技術は昔と比べてはるかに良いから回転して飛んでるのとか超かっこいい!

5.『CUREキュア』(1997)黒沢・清監督/猟奇殺人事件を追う刑事はある謎の男の存在に気が付く!黒沢監督独特の静かで、ゆったりとしたペースで映画は進む!

orange 催眠術というテーマ。こんな思い通り催眠かけれるのかという疑問はあるが、よかった。観ている途中や見終わったあとは、すこし意味がよくわからない部分があったが、他の人の考察などをみて、なるほどなと思った。すんなりとはなかなか入ってこなかった。時間がたってもう一回みたらもっと高評価になるかもしれない。

6.『オープン・ユア・アイズ』(1997)アメナバル監督のスペイン映画/2001年にはアメリカで『バニラスカイ』としてリメイクされたサスペンス! 

Satoko_Suzuki 「バニラスカイ」のリメイク元。こっちを先に観たから、やっぱり新鮮味があって、こっちの勝ちでした。 不思議〜な感覚に落ちる映画。あの囁きが耳に残ります。

7.『リング』(1998)見ただけで死んでしまう呪いのビデオ!日本でも一大ブームを巻き起こした、傑作Jホラー作品!

ridokamo やっぱりJホラーと言えばリング! ただ怖いってだけじゃないからやっぱりおもしろいo(^o^)o

8.『催眠』(1999)一人の刑事が不可解な自殺事件の真相に追る!そこにはマインドコントロールの影が!

9.『ネイムレス 無名恐怖』(1999)(スペイン)ハイメ・バラケロ監督/死んだはずの娘から謎の電話が!そこから恐怖は始まった!

10.『アナザヘヴン』(2000)二人の刑事が猟奇的殺事件を捜査するうちに、犯人が人間ではない可能性を疑い始める!

tmcsnp むかし原作を友達からげ借りて読んだことがあり、未だに読んだときの印象が残っている作品。この作品に出てくる料理はしばらく食べたくなかった。

原作と異なるところもあったが、個人的にはよかったと思う。 あさこ役の市川さんがかわいかった。

11.『バトル・ロワイアル』(2000)最後の一人になるまで子供同士が殺し合う!ショッキングな内容を容赦ないバイオレンスで描く!

yuki12241 藤原竜也の壮絶な役者人生のさきがけになっている作品ではないでしょうか。この頃はまだイケメン好青年という感じですけれども。 バトルロワイアル法という謎の法律によって中学生が殺し合うというB級感丸出しの設定、嫌いじゃないです!1クラス40人超のキャラクターがいるので、どうしても一人一人のエピソードは薄くなりますが、主人公を中心とした数名に焦点を当ててゲーム全体をわかり易く表現しています。栗山千明や、柴咲コウ、塚本高史などの売れっ子も出ているのでエンタメ色が強いのかも。 海外では結構名作扱いをされているみたいですが、そこまでの作品かな~と思ってしまいます。暇つぶしにはとてもピッタリではないかと。

12.『ジェヴォーダンの獣』(2001)フランスの監督クリストフ・ガンズがモンスター、アクション、ホラーを見事に融合した作品!

m_saito お耽美アクションミステリー。 マニ格好いいよマニ。

13.『タトゥ』(2002)ベテランと若手刑事の二人が死体のタトゥを剥ぎとる連続殺人事件を追うドイツのサスペンス映画! 

14.『心霊写真』(2004)ある日、カップルがパーティの帰りにひき逃げ事件を起こしてしまう、それから不可解なことが連続し....

15.『13:ゲーム・オブ・デス』(2006)巨額の借金を負った男が命をかけたゲームに挑むタイ映画!

16.『悪夢探偵』(2006)人の夢の中に入ることのできる探偵が不可解な事件に挑む! 

Yuki_Ito 松田龍平!ネガティブすぎるヒーローだぜ。 好きだ〜

17.『スパニッシュ・ホラー・プロジェクト/悪魔の管理人』(2006)ある夫婦が新居を探すため、寂れたアパートに足を踏み入れる!そこに待ち受ける悪夢とは?!

18.『屋敷女』(2007)夫を車の事故で亡くした妊婦が不気味な女に襲われるフランス製ホラー映画! 

Yukarinnn そこらのスプラッター映画みたいに大層な武器を使うわけではないけど、とにかく怖い。追われる恐怖。 見終わった後はお腹が痛くなりました。(笑)

19.『REC/レック』(2007)ファウンド・フッテージホラーとしてその名をとどろかせたスペイン映画!

whiskyumai ハンディカム視点のゾンビ映画というのが新しくて面白かった。

20.『REC/レック2』(2009)前作の直後から始まるファウンド・フッテージホラー第二弾!アパートの病原菌の原因に迫る!

yyyoshino43 1を観て気になったから2も観たけど……まさかのオカルト路線。けど、これはこれで楽しめた。

21.『ザ・コールデスト』(2008)ノルウェー産ホラー映画!病院に収容された女性と殺人鬼とのバトルを描く!

22.『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)スウェーデン産の今まで作られてきたヴァンパイアムービーと一線を画する傑作!美しく切ないラブストーリー

63_htm 北欧大好物のわたしにとっては 雰囲気も白さも人物もどツボ。 カーレくん、ほんとうにうつくしい。 こんな子育てたい(笑) 内容は、嫌いじゃないけどなんとも 言えない。(笑) ただただ、カーレくんうつくしい。

23.『ミュータント』(2009)フランス産ホラー映画のニューウェイブ!人が徐々にモンスターへと変貌する様子を描く!

24.『GANTZ』(2010)日本の同名コミック原作のアクションエンターテインメントの第一弾! 

anpn 原作わからず観ました。独特な感じだけど面白かった。冒頭の説明部分とか分かりやすく、面白かったので入りやすかった。ネギ星人…気持ち悪かった。

25.『悪魔を見た』(2010)妊娠した婚約者を殺された捜査官が極悪非道の犯人を追いつめ、落ちていく韓国映画!

Chanichz また凄まじいバイオレンス映画を見てしまった。 悪魔に対して悪魔の制裁を加える。 復讐という狂気にかられた主人公が痛々しい。

26.『ザ・マッドネス 狂乱の森』(2010)イスラエル産のホラー映画!友達グループで森をドライブしていると道に迷ってしまう。そこは殺人鬼の住む森であった!

27.『ベルリン・オブ・ザ・デッド』(2010)ドイツ製の低予算ゾンビ映画!閉ざされた空間でゾンビに追い回さられる、息がつまる展開!

28.『猟奇的な家族』(2010)メキシコで製作されたある家族の秘密をテーマにした映画!あまりにもショッキングで恐ろしい秘密をあなたは知ることになる!

29.『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』(2011)スペインのバラゲロ監督作/一人のマンション管理人がある女性にストーカー的執着をする映画!

Mari_Sasaki 変態と言うかストーカーと言うか、、、とにかく後味悪い。 ちょっとハラハラもしたけど。 クララが不憫すぎる。

30.『 ヒア・カムズ・ザ・デヴィル 』(2012)ある日姉妹が行方不明に、両親の必死の捜索により二人は発見される。しかし姉妹の様子がどこかおかしい!?