アニメ『だがしかし』のメインキャラクター、声優キャスト一覧

2017年5月26日更新 469view

駄菓子コメディー『だかしかし』。駄菓子が好きな人もそうでない人も楽しめます!2016年1月に放送開始したとたん、作中登場した駄菓子に問合せが殺到し製造元から嬉しい悲鳴が上がったとか。『だかしかし』を盛り上げてくれるキャスト陣を紹介します!

人気ギャグアニメ『だがしかし』

『だがしかし』

田舎で駄菓子屋を営む鹿田父子の元に突然舞い降りた美少女、枝垂ほたる。駄菓子をこよなく愛する彼女は、世界一のお菓子屋さんになることを夢見るお菓子会社のご令嬢なのです。ほたるは駄菓子屋の店主・鹿田ヨウを自社に引き抜こうとやってきたのですが、息子のココノツが後を継ぐまでは出て行けないと断られました。

ヨウを引き抜くため、嫌がるココノツに駄菓子屋を継がせようとあらゆる手段でアプローチを始めたのです。ほたるは長期戦になることを見越し、駄菓子屋の近くに家を一軒建ててもらいました。有名菓子会社の社長令嬢ですから別荘の2つや3つ、娘におねだりされたらパパも断れませんよね。

鹿田ココノツは密かに漫画家を志しているのですが、そこは生まれも育ちも駄菓子屋さん。本人の意思とは裏腹に駄菓子に関する知識が頭に詰まっていて、跡継ぎとしての適性が異様に高いのです。ココノツに継がせたいヨウとほたるは共謀、ココノツはそんな2人の作戦を跳ね除けられるのでしょうか。

 

鹿田ココノツ/阿部敦

鹿田ココノツ『だがしかし』

駄菓子屋「シカダ駄菓子」の1人息子。父親の鹿田ヨウと2人で生活しています。 漫画家になることを志しているので実家を継ぐ気は毛頭ありません。サボりぐせのある父に店を押し付けられることがしばしば。遠藤サヤ、豆と同じ高校に通う高校1年生です。

阿部敦

鹿田ココノツを演じているのは1981年3月25日生まれ、声優・歌手の阿部敦。声優という仕事に惹かれながらも高校卒業後大学進学の道を選択。大学を卒業する時にここで動かないと後がないと思い、東京アナウンスアカデミー(現:東京アナウンス・声優アカデミー)に入学することを決めました。

こうして2006年、めでたく声優デビューすることとなった阿部敦ですが、2007年には『しゅごキャラ!』の相馬空海役、2008年には『とある魔術の禁書目録』の上条当麻役と主役に抜擢され、2010年には声優アワードで新人男優賞を受賞しています。

枝垂ほたる/竹達彩奈

枝垂ほたる『だがしかし』

駄菓子マニアのお嬢様、枝垂ほたる。愛する駄菓子を目の前にすると人目を憚らずうっとりと脱力してしまいます。駄菓子に関する知識は豊富。いかに美味しく食べるかを毎回披露し、食欲を刺激するとともに見る人を笑顔にしてくれるおバカキャラのヒロインです。

竹達彩菜

出典: natalie.mu

枝垂ほたるを演じた竹達彩菜は埼玉県出身の声優・歌手で、1989年6月23日生まれ。子供の頃はアニメ声がコンプレックスになっていましたが、その頃よく観ていた『カードキャプターさくら』や『美少女戦士セーラームーン』のおかげで、声優になればこの声を生かせるかもしれないと思えるようになりました。

中学2年生の時、アイムエンタープライズ系列の日本ナレーション演技研究所に入所、中学3年生の春にアイムエンタープライズの所属となったのです。15才で所属というのは当時では初めてのことでした。代表作として『けいおん!』の中野梓役、『神のみぞ知るセカイ』の高原歩美役があります。

『けいおん!』の劇中と同じく「放課後ティータイム」のメンバーを演じた声優5人でユニットpetit milady(プチミレディ)を組み、2010年声優アワード歌唱賞を受賞しました。

遠藤サヤ/沼倉愛美

遠藤サヤ『だがしかし』

遠藤豆の双子の妹で本作もう1人のヒロインといえる存在。金髪に近い茶色のストレート、前髪を伸ばし2本のヘアピンで止めています。駄菓子屋に置いているおもちゃを操るテクニックには目を見張るものがあり、幼い頃から「シカダ駄菓子」に入り浸っていたことが窺えます。

サヤがめんこやけん玉、おはじきを自在に操る様を目の当たりにした枝垂ほたるは、敬意を込めて“サヤ師”と命名しました。

沼倉愛美

出典: tiffoo.com

遠藤サヤを演じた沼倉愛美は1988年4月15日生まれの声優です。2008年、バンダムナムコの『THE IDOLM@STER SP』の我那覇響役に抜擢されデビューとなりました。テレビアニメのデビューは『銀魂』の生徒役です。

代表作には『アイカツ!』の藤堂ユリカ役、『アルスラーン戦記』のアルフリード役があります。

遠藤豆/鈴木達央

遠藤豆『だがしかし』

ココノツの幼馴染で遠藤双子の兄。名前の読み方は「マメ」ではなく正しくは「トウ」。高校生なのに常にサングラスをかけています。ゲーム、カード好きで体を使う仕事は苦手。女の子が大好きです。

鈴木達央

出典: topicks.jp

遠藤豆役を担当した鈴木達央は1983年11月11日生まれの声優・歌手・俳優。自身がヴォーカルを務めるバンド・OLOCODEXを結成し、『黒子のバスケ』のエンディングテーマを始めアニメやバラエティ番組に楽曲提供しています。2015年にはアニメージュ声優部門のグランプリを獲得しました。

代表作に『七つの大罪』のバン役、『幕末Rock』の高杉晋作役があります。

鹿田ヨウ/藤原啓治

鹿田ヨウ

鹿田ココノツの父にして「シカダ駄菓子」の店主。ヨウの代で8代目になるようです。小さな駄菓子屋の店主に過ぎないはずなのに、業界の有名人という謎多き男。駄菓子屋さんにしてはちょっと強面すぎる気がしませんか?

息子のココノツを9代目にしようと画作していますが、今のところうまくいっていません。

藤原啓治

鹿田ヨウを演じているのは1964年10月5日生まれ、東京都出身の声優・俳優の藤原啓治です。2006年に自らが代表取締役となり、声優業を中心とした芸能事務所を立ち上げました。

ナレーターとしての顔も持ち、『ケロロ軍曹』や『スクールランブル』のナレーションを担当。代表的な役としては『クレヨンしんちゃん』シリーズの野原ひろし役、『アイアンマン』シリーズのトニー・スターク役の吹き替え、『シャーロック・ホームズ』シリーズの主人公シャーロック・ホームズ役があります。