今週映画館で観たいおすすめ映画5選!(6月10日〜)

2017年7月6日更新
今週映画館行くならこの作品を!毎週火曜更新! ソーシャル映画アプリ「ciatr」スタッフによる上映中の話題作・今週公開の新作から厳選したおすすめ映画5選です!

6/13(金)公開!『ブラックスワン』を手がけた監督が描く「ノアの箱船」伝説!?

35DH1 旧約聖書の創世記に記されている、最初の人類アダム誘惑に負け禁断の実を食べてしまったから起こってしまった、10代末まで続いた人類の悪行に神が怒り人類を大洪水で滅ぼすと言うあのお話を、ダーレン・アロノフスキー監督が無謀にも映画化。(〜中略〜)善と悪、人間の心の葛藤と言った根っこの部分の描写や、CGで描かれた動物達の番いは壮観でありますし、それに方舟の中でノアが語る、地球創生から彼が背負った使命を語るシーンは素晴らしい!ここは『2001年宇宙の旅』にも匹敵するのでは?でもなぁ、神の虹の約束やノアの次男のハムの息子も出てこないし、最後何故ノアがあんなになっているかも、ちゃんと描かれていないしなぁ… あ、そうそう、日本のオフィシャル・サイトでも、これに登場する方舟の中を探検できるコンテンツがあるので、是非鑑賞後にお試しを。なんせシーンのネタバレ的なものがバンバン出てきちゃうのでw まぁ、話自体ネタバレしてるからいいのかな?(^^;)

6/14(土)公開!それは家族愛か・・それとも・・。直木賞作家の原作を衝撃の映像化!

hitomif27 原作は読まずに観に行った。禁断の愛、そしてサスペンス。とにかく主演2人の魅力が溢れてる。鑑賞後は、なんだか自分だけ違う世界にいるような陶酔感… 原作読んでからもう一度観たい。

6/14(土)公開!毛が無い男子と毛深い女子の織りなす青春剃毛ストーリー!

「惡の華」押見修造の異色青春コミックを映画化。高校1年生の水泳部・太田年彦(須賀健太)は男なのに毛が生えないという悩みをもっていた。一方、こちらも水泳部の後藤綾子(刈谷友衣子)は女子なのに毛深いということに悩みをもつ。そんなある日ちょっとした出来事から、綾子から毛深いことを相談される太田だけれど驚きのお願いをされる。 「太田くん・・私の毛を剃ってくれない?」

6/14(土)公開!たった一度の過ちによって人生を崩壊させていく1人の男とその家族の悲哀。

ローマ市の職員で福祉課に勤め、妻(エレナ)と二人の子供と穏やかな生活を送っていたジュリオ(40歳)。ふとしたはずみで、同僚の女性に送ったメールから、彼女との浮気がエレナの知るところとなり、夫婦仲は険悪に…。話し合いをして、子供のために、仲の良い夫婦を装うと努力することにしたが、ある日、注文を間違った50代のピザ配達員に同情したジュリオが、エレナの嫌いなアンチョビ・ピザを受け取ってしまったことで、ついにエレナが爆発!子供たちの前で大げんかをしてしまう。「もう繕うことはできない」と言うエレナ。それに対してジュリオは、「君が正しい。私が家を出る」と宣言する。

思春期の娘カミラは、不器用な父親が心配でならず、部屋探しを手伝い、頻繁に連絡して、つながりを保とうとする。だが、限度を超えた借金をし、夜のバイトをしても支払いが追いつかない、ギリギリの二重生活の中で、ジュリオは疲弊し、次第に無口になっていく。それは、安定した職つき平穏に暮らして来たジュリオ本人にとっても、初めて直面する厳しい現実だった…。

公開中!「ムーンライズ・キングダム」の監督の新作は高級ホテル伝説のコンシェルジュがヨーロッパを駆け回る!

polo1026 試写会にて鑑賞。まるで絵本から飛びたしたかのような綺麗で可愛らしいウェス・アンダーソンワールドで繰り広げられるちょっぴりダークなミステリー。間の抜けたアクションシーンは必見w映像、俳優、音楽、全て最高! 小道具も衣装もすごく凝ってて、素敵です。

エンドロールで「この映画はシュテファン・ツヴァイクにインスパイアされた」と書かれていたのが気になって調べてみると、ふんわりした映画の世界観の裏に現代社会に対する痛烈な批判が描かれているそうで。かわいいだけで終わらないところが、さすがウェス・アンダーソン 監督。 作品を重ねるごとに技法が凝っている。次回作が楽しみな監督さんです。