森崎ウィン、スピルバーグ最新作でハリウッドデビューする俳優の軌跡を辿る!

2017年7月6日更新

スピルバーグ監督のハリウッド映画デビューが決まった俳優・森崎ウィンをご存知ですか?テレビドラマ、映画、舞台、ラジオ、音楽ユニットなど、マルチな才能を発揮し、今後も勢いが止まることのないイケメン俳優、森崎ウィンの軌跡を辿っていきます。

ミャンマー出身のイケメン俳優・森崎ウィン

森崎ウィン

森崎ウィンは、1990年生まれ、日本人とミャンマー人のハーフ俳優。

ミャンマー語で“ウィン”は“明るい”という意味を持つ言葉で、名前の通り明るい笑顔が印象的なイケメン俳優です。

小学校4年生の頃、日本に移住しました。現在はテレビドラマや映画、舞台など幅広く活躍していて、知名度も徐々に上がって来ている注目俳優となっています。

スカウトがきっかけで芸能界入り

森崎ウィン

出典: natalie.mu

芸能界入りのきっかけはスカウトだったそう。小学校4年生の時に日本に来てから4人家族で暮らしていた森崎ウィン。中学2年生の時、スターダストプロモーションにスカウトされます。

当時サッカーに夢中だったため芸能界に入ることを悩んだそうですが、思い切って活動することに。2008年には音楽ユニットPrizmaXのメンバーとなり、メインボーカルとして作曲や作詞も担当するまでになりました。

「みんなのうた」でクリスタルチルドレンを歌っていた

森崎ウィン

森崎ウィンはNHKの人気コーナー“みんなのうた”への出演経験があります。クリスタルズという総勢40名におよぶ超大所帯で、メインボーカルを担当する実力でした。

曲名は『CRYSTAL CHILDREN』。耳にした人も多いのではないでしょうか。

ドラマ『ごくせん』に五十嵐真役で出演!

A0002259-00

森崎ウィンは2009年のドラマ『ごくせん』の、五十嵐真役で出演しています。五十嵐は明るくポジティブで、仲間とつるむことが大好きなのに、ピンチになると弱腰になる性格。

元気でやんちゃなキャラクターであり、クラスメイトの高杉怜太(玉森裕太)と行動を共にすることが多かったので、注目も集まりました。若手イケメン俳優が集まる『ごくせん』ですが、その中でも引けを取らない存在感で、多くのファンを獲得しました。

尾崎豊追悼映画『シェリー』で主演に抜擢

森崎ウィン

森崎ウィンは、2012年公開の尾崎豊追悼映画『シェリー』で、主演に抜擢されています。尾崎豊が亡くなった1992年を舞台に、当時の若者たちの人生の葛藤を描いた青春映画で、主人公の佐藤潤一を演じました。

この作品が初主演になる森崎ウィンは、撮影を通して多くのことを学び、舞台挨拶でも“監督をはじめ、共演者やスタッフの皆さんに感謝しています”と、コメントを残しました。周りの人達への感謝の気持ちを忘れない、謙虚な人柄が伺えます。

映画で描かれているテーマは無償の愛。親と子の大切な愛情とは何か、ヒントを与えてくれる映画になっていますので、まだ観たことの無い人は、是非チェックしてみてください。

docomoのCMで留学生役を演じる!

森崎ウィンをこのCMで知った人も多いのではないでしょうか。docomoのスマートフォンCM『とある留学生と、私。』で、山下リオの相手役として、タイ人留学生の役を演じています。

CM放送直後から“あのイケメン俳優は誰?”と、話題になりました。

俳優、歌手、作曲、ラジオパーソナリティと幅広く活躍

森崎ウィン

森崎ウィンは俳優としても、歌手としての実力もあり、作詞作曲などマルチな才能にも恵まれています。どれも“中途半端にやってみたレベル”ではなく、本格的に挑戦しているため好感が持てますね。

また、2015年からはFm yokohamaでラジオパーソナリティを務めています。

2016年現在、25歳なので、今後はさらに幅広く活躍していくかもしれません!

スティーヴン・スピルバーグ新作に抜擢!ハリウッドデビューを果たす

森崎ウィン

出典: laughy.jp

徐々に活動の幅を広げる森崎ウィンですが、スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー・ワン(原題)』への出演が決まりました。しかもチョイ役ではなく、主要キャストの1人としての出演です。

アーネスト・クラインのSF小説を原作とするこの映画は、オアシスと呼ばれる世界を舞台に、若者たちが大富豪の遺産を探すストーリー。主人公のウェイド役にはタイ・シェリダン、その他オリビア・クック、サイモン・ベッグなどの出演が決まっています。

森崎ウィンは、主役のウェイドの友人、ダイトー役を、数ヶ月に及ぶオーディションの中から見事に勝ち取りました。本人もハリウッド映画デビューは大きな夢であったため、感激をあらわにしています。

どんな作品になるか、今から楽しみですね。