最高にファンキーな音楽映画『味園ユニバース』―渋谷すばるが圧巻!

2017年7月6日更新

山下監督×渋谷すばる×二階堂ふみ×赤犬…猥雑な色気を醸し出す大阪を舞台に、異質な強力タッグが創り出した最高のエンタテインメント『味園ユニバース』。本作で初の映画単独主演を果たし、主題歌『記憶』『ココロオドレバ』も初ソロシングルとしてリリースされ、今もっとも熱い渋谷すばるに大注目!

過去を失くした男と、過去の傷を癒せない少女の物語

広場で催されていたバンド“赤犬”のライブ。そこへ突如現れマイクを奪い叫ぶように歌いだす傷だらけの男。全ての過去の記憶を失っていた彼に興味を抱いた“赤犬”マネージャーのカスミは、“ポチ男”と名付け祖父と暮らす自宅に住まわせます。更に圧巻の歌唱力を持つ彼をバンドのボーカルに迎えることに。父を亡くして以来笑顔を失っていたカスミは、不器用で優しい“ポチ男”に心を開いてゆきます。しかし彼の閉ざされた過去にはある重大な問題が――。

圧倒的な歌唱力と確かな演技力の渋谷すばる

detail_img

“人気アイドル関ジャニ∞”のイメージが強い渋谷ですが、その表現力とポテンシャルに注目した山下監督は、彼の主演を想定し“音楽”と“大阪”という二つのキーワードを元に本作の執筆にかかったそうです。現実離れした“記憶喪失”という設定も渋谷の唯一無二の存在感があれば成功すると考えた監督と、その期待を遥かに超え見事にリアルな主人公を演じ切った渋谷。そのファンキーでソウルフルな歌唱力と迫真の演技に、男性ファンも急増中!

作品を支える二階堂ふみ、個性派俳優陣も見逃せない!

GALLERY011618_2

“ポチ男”を支えるカスミを演じるのは、園子温監督作『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞を受賞した押しも押されぬ若手トップの実力派・二階堂ふみ。渋谷とは年齢も歩んできた環境も全く違いますが、撮影現場ではお互い認め合いストイックに向かい合っていたそうです。 そんな主演の二人を、レゲエシンガー鈴木紗理奈、お笑いコンビ天竺鼠、山下作品ではお馴染みの怪優・康すおん(なんと一人4役に挑戦)…などが個性豊かに盛り上げます。

これはハマる…!実力と個性を兼ね備えた“赤犬”ライブ

137864

1993年に大阪を拠点にして結成され、20年以上も活躍を続ける“赤犬”。14名で編成されジャンルを超えてオリジナリティ溢れる個性を持つビッグ・バンド、その人気は関西にとどまらず「フジ・ロック・フェス」などでも熱狂的に受け入れられています。本作では“ポチ男”と歌う曲以外は全て“赤犬”が作詞作曲したもの。音楽だけでなく、“赤犬”のメンバー個々が放つ素か演技か境が付かない不思議な魅力も、この映画に独特な香りづけをしています。

リアルな大阪を体感~味園ユニバースの魅力

GALLERY011618_3

1955年に開業した大阪・千日前に実在する味園ビル、この中に開店された老舗の豪華キャバレー“味園ユニバース”が本作の重要な舞台となっています。現在は貸しホールとして使用され、ライブ会場としても人気が高いスポットです。サブカルチャー文化の発信地、アンダーグラウンド芸術の発祥地としても注目されています。このリアルな空間が、昭和ノスタルジーを感じさせながら、ポップで混沌とした大阪の“今”を存分に体感させてくれるでしょう。

とにかく見所満載なこの映画、笑いあり涙あり…男女も年齢も問わず誰もが楽しめる一押しオススメ映画です!