『ファインディング・ドリー』感想評価まとめ【ネタバレ注意】

2017年5月12日更新 9094view

『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』が2016年7月16日いよいよ公開になります。海外では一足先に本作が公開され、ネット上に様々な感想がアップされています。今回は『ファインディングドリー』海外感想評価まとめを紹介します。

2016年7月16日公開『ファインディング・ドリー』!?

2003年公開のディズニーピクサー映画『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』が2016年7月16日いよいよ公開になります。

アメリカでは一足先に本作が公開され、ネット上に様々な評価が感想がアップされています。海外の人気映画評価サイトIMDbで平均8.1/10と高評価を獲得しているようです。

今回は『ファインディング・ドリー』海外感想評価まとめを紹介します。

”続編=駄作の法則”はあてはまらない!?新キャラが魅力的など絶賛の声多数!?

“健忘症のドリーが過去をフラッシュバックで思い出し、離れ離れになった両親を探す旅に出る。コメディ、悲劇、サスペンスが上手く折り重なった本作は本当に素晴らしい、これこそまさにピクサーが世界一のアニメスタジオである所以だ。

アニメーションはカラフルで美しく、素晴らしいメッセージも込められている。ドリーは欠点を利点に変えられることを私たちに教えてくれた。それに続編にありがちな欠点がない。『ファインディング・ドリー』には本当に大満足、10点満点中10点だ。”

引用:www.imdb.com
“『ファインディング・ドリー』は高い期待を見事に超える傑作だった。続編が駄作になる法則を本作は見事に打ち破ったね。そんな本作には素晴らしいユーモアと子供にとって大切なメッセージで溢れていている。

アニメーションは息を呑むほど素晴らしく、海の中の世界はディテールまで完璧に再現されている。オリジナルと同じくらい素晴らしいクオリティを維持し、オリジナルよりも素晴らしいモラルレッスンを含んでいる本作は、大人から子供までどんな世代にもオススメできる完璧な作品だ。

引用:www.imdb.com
“まず、本作はとても素晴らしい作品だった。

『ファインディング・ニモ』と7比べるべきではないかもしれないけど、ドリーの冒険はオリジナルを超えていたと思う。特にドリーとタコのキャラクター”ハンク“の友情関係を観ているのがとても楽しかった。

他にもアシカのコンビやジンベエザメなど素晴らしい新キャラクターが登場していたね。”

引用:www.imdb.com

魂を揺さぶるほど感動的!?意外な展開に驚いたとの感想も!?

“『ファインディング・ドリー』はオリジナルと同じくらいチャーミングで続編として完璧な作品だった。

エキサイティングな冒険を通して数年前ドリーが失った両親のことや彼女の歴史が紐解かれることになる。ハートフルな物語がダイナミックなアニメーションで描かれている本作はあなたの魂を揺さぶることになるだろう。”

引用:www.imdb.com
“本作で語られるドリーのバックストーリーがとても感動的。

ピクサーはいつでも笑いと感動を高いレベルで提供してくれるね。本作はエモーショナルで素晴らしい作品、悪い評価を気にしているならとにかく『ファインディング・ドリー』を鑑賞してほしい。”

引用:www.imdb.com
“本作は子供たちに素晴らしい教訓を教えてくれる。

ドリーは要領のよい魚ではないけど、彼女は自分を持っていて決して諦めない。それに本作は驚くべき瞬間が何度も訪れる。

信じられないかもしれないけど、ハンクがトラックを運転するカーチェイスシーンさえあるんだ。公園シーンで予期せずシガニー・ウィーバーの声が聞けたのもうれしい驚きだったね。

引用:www.imdb.com

コメディとドラマのバランスが完璧!ベイビードリーが愛らしいとの声多数!?

“フラッシュバックシーンに登場するベイビードリーが本当にキュート。

彼女の声や大きな目が愛らしくてたまらなかったわ。本作もニモとマーリンがドリーの両親探しを手伝うために登場するけど、本作で注目すべきなのは新たなキャラクター。7本足のタコのキャラクター”ハンク“とドリーのユーモラスな友情関係が本当最高!”

引用:www.imdb.com
”本作で最も重要なのが”家族がどれだけ大切な存在なのか私たちに気づかせてくれること。それにドリーの子供の頃の姿は、ニモの子供の頃以上にキュートなんだ。『ファインディング・ドリー』はただのアドベンチャー映画ではなく、コメディ映画としてもファミリードラマとしても楽しめる傑作だ。”
引用:www.imdb.com
“本作に根っからの悪役は登場しない、”ホーム“や”家族“とは何かを語った物語。

ベイビードリーは愛らしく、大人のドリーはどこか悲しげ。本作を観れば誰でもドリーの痛みや本当の感情を感じ取ることが出来るはず。

アニメーションはいつものピクサー同様ゴージャスで細部までこだわっている。スクリーンの海はまるでそこにあるかのように存在していた。

声優陣や脚本は高いクオリティを維持しているからコメディとドラマのバランスが完璧。本作はオリジナルと同じくらい素晴らしい作品だった。”

引用:www.imdb.com

映画のペースが悪い、退屈など少数派ながらネガティブな意見も!?

“私が子供の頃公開された『ファインディング・ニモ』は本当に素晴らしい作品で、キッズムービーの決定版とも言える作品。

だから私は『ファインディング・ドリー』にとても高い期待を抱いていた。でも本作はその期待に応えるほどの作品ではなかった。

もちろん良いところもある。キャラクターたちはキュートで見ていて楽しいし、特にタコのキャラクターはナイスだったね。

だけど本作は映画のペースが速すぎて、ストーリーが追い付いていないように感じた。今まで素晴らしい作品を生み出してきたピクサー作品としてはガッカリのクオリティだよ。もし本作のような映画を求めるなら『ファインディング・ニモ』を観るべきだ。”

引用:www.imdb.com
“『ファインディング・ニモ』は今でもマイフェイバリットムービーの1本。

だから続編製作が発表された時は無謀だと思っていた。案の定、嫌な予感が当たってしまったね。

本作は映画全体のペースが悪く長く感じた。ドリー好きな子供なら気に入るかもしれないが、それ以外の人は退屈に感じてしまうだろう。長い間、レビューを書いていなかったけどあまりに本作に失望してしまってレビューを書かずにはいられなかった。”

引用:www.imdb.com