霊能者の経験談をもとに作られた!海外ドラマ「ゴースト ~天国からのささやき」

2017年7月6日更新

「最もセクシーなアメリカ人女性」にランクインした経験も持つジェニファー・ラヴ・ヒューイット。今回はそんな彼女が主演を務めた海外ドラマ「ゴースト ~天国からのささやき」の紹介をしようと思います。

未練を残してさまよう霊と会話ができる

作品の主人公、メリンダはこの世に未練を残してさまよう霊と対話ができるという能力を持っている女性。ジェニファー・ラヴ・ヒューイットが主演と製作を務め話題を呼んだ本作は、メリンダを通して家族や恋人たちの愛と絆を感動的に描いた感動ドラマとなっています。

霊たちが怖かったり、そのドラマの雰囲気は場面によっては少しホラーのようですが、”怖い”という感情が最後にはすっきりと取り払ってくれます。

有名な霊能者の経験談から作られたドラマ!

本作は全米でも屈指の知名度を誇る霊能者、ジェームズ・ヴァン・プラグの経験談をもとに作られたドラマです。

彼が共同製作総指揮として参加しているために霊のみならず遺族の思いなどはとてもリアルに描かれています。

美しい!主人公を演じたジェニファー・ラヴ・ヒューイットって?

幼い頃から音楽に興味を示したことが彼女のキャリアの始じまりました。ロサンゼルス移住後に20本近いテレビコマーシャルに出演し、その後もディズニーチャンネルやテレビドラマ、映画などに出演し着実に女優としての地位を確立していきました。

1997年、ホラー映画の『ラストサマー』に出演したことで人気が急騰しました。彼女がテレビの子役から一気にハリウッドスターへと変貌した本作は全世界興行成績1億2500万ドルを達成。

その後も18歳で「最もセクシーなアメリカ人女性」にランクインするなど前途洋々な女優人生を歩んできました。

2005年よりCBS放送にて海外ドラマ『ゴースト 〜天国からのささやき』に主演しました。ちなみにこのドラマ、アメリカ国内では1000万人近い視聴者がいるのだそうです。

2006年には「最も美しい女性100人」で29位獲得、と、外見にも演技力にも太鼓判を押されている今後が気になる女優の一人です。