『メン・イン・ブラック』あらすじから制作秘話まで一気に紹介!

2017年7月6日更新

ウィル・スミス主演の大人気シリーズ『メンインブラック』。3作目は空前の大ヒットとなった作品です。2016年現在、4が制作されているとの噂もあるほど。今回は、そんなシリーズの原点である第一作目のあらすじから裏話まで、詳しく紹介します。

『メン・イン・ブラック』あなたの知り合いも宇宙人かもしれない

もしも、あなたがよく行くお店の店員が、会社の上司が、隣の奥さんが、宇宙人だとしたら。そして、その宇宙人たちが悪さをしないように、地球の平和を守るかっこいい男たちがいたら。

そんな荒唐無稽な世界設定でウィル・スミスが大活躍する映画、『メン・イン・ブラック』シリーズの一作目についてまとめてみました。

『メン・イン・ブラック』のあらすじ

ニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズ刑事は、ある事件を追っているなかで犯人が飛び降り自殺をしてしまいます。しかしその男が、なんと人間ではないことがわかるのです。

自分の目を疑うジェームズの前に、黒い背広の”K”という男が現れます。Kは、エイリアンたちが地球で暮らす上で、犯罪行為や侵略をしないよう監視し、また彼らの存在が人間にバレないように秘密を守る組織MIB(メンインブラック)に自分は所属しているというのです。ジェームズはKからスカウトされました。

テストに合格し、MIBの一員”J”として生まれ変わったジェームズは、Kとコンビを組むことになりました。その後、あるエイリアンの逃亡事件を調査していくうちに、これが実はエイリアンによる地球侵略の一端に過ぎない事件だったのです。

『メン・イン・ブラック』のキャスト

ウィル・スミスはハマりすぎ!ジェームズ・エドワード役

主人公、ジェームズ・エドワーズを演じたのは、ウィル・スミス。ラッパーとして活躍する一面も持ち、『メンインブラック』の主題歌の制作しています。俳優としては出演作はどれもメガヒットになるため、アメリカを代表する「ドル箱俳優」として安定した人気を誇っています。

1998年と1999年に2年連続のグラミー賞を受賞し、第79回アカデミー主演男優賞にもノミネートされた、実力派俳優です。

シリアスなのに、なぜかおもしろい!エージェントK役はトミー・リー・ジョーンズ

K役は、トミー・リー・ジョーンズ。おそらく缶コーヒーのCMで宇宙人役を演じている姿をご存知の方も多いはず。大学卒業後、舞台に立つことを夢見るようになり、また下積み時代の長い俳優で、1993年にアカデミー助演男優賞を受賞してからは、主演作品に恵まれるようになります。

日本が大好きで、『メンインブラック3』のプロモーションで来日した際、日本への熱い思いを語ったといいます。

美しき検視官ローレル・ウィーバー役のリンダ・フィオレンティーノ

Jが一目ぼれする検視官ローレル・ウィーバー役は、リンダ・フォレンティーノが演じます。

1985年に映画デビューを果たしてから、その美貌ゆえに「あこがれの年上美女」の役柄を数多く演じます。本作のローレル役で人気を博し、その後の続編への復帰も望まれていました。

渋い上司エージェントZ役を演じるのはリップ・トーン

エージェントのZを演じるのはリップ・トーン。25歳の時にデビューを果たしてから、渋い名脇役として様々な映画に出演。

1983年には感動作『クロス・クリーク』でアカデミー助演男優賞にノミネートした実力派俳優です。

『メン・イン・ブラック』の感想評価を紹介!

a__ryn たぶんわたしのSF映画入門作品。

地球に生息するエイリアンを監視する誰にも知られていない黒の組織。ベテランKと新米Jのコンビとエイリアンとのわちゃわちゃ。 コミカルでテンポもよくて、エイリアンが少しB級っぽいのも気にならない。 エイリアンってベタベタなイメージだったのはたぶんこの映画の影響だったんだなあ〜

もしかしたら隣に住んでる人もエイリアンなのかもねふふふ。知らず知らずのうちに守られてるのかもねふふふ。JとKのコンビは最強!

bakutenmaru この2人はカッコいい!
chisamell ギャグっぽい要素とか独特の世界観を作り出す設定があって面白い。 何より主役のコンビが好きなので…!かっこよかった…!
copparman トミーさん若いな~ 今観ても全然古臭く感じない。 当時の映像技術からすると改めてスゴいと思う。KとJのコンビはやっぱりいいですね!! あのピカッとが欲しいです(*^^*)

制作秘話、裏話を紹介!

K役のトリー・ミー・ジョーンズですが、実はハーバード大学出身で非常に優秀な人なのですが、「顔がきつい」ということで、俳優としての初期作品は『逃亡者』で主人公を追い詰める医者役などの役が多かったそうです。『メンインブラック』の監督は、「彼は大真面目に演じていてもどこかコミカルだ」ということで、Kの役に抜擢されましたが、本人は不本意だったそうです。

しかし見てわかる通り、またシリーズが4作目まで続くようなヒット作となったことからもわかるように、監督のその評価は正しかったようです。

前作のヒットを受けて作成された続編『メン・イン・ブラック2』!

potunen ウィル・スミスの感動ものアレルギーで避けてたけど、面白かった。ごめんウィル。
Yukari__Nakao 2人の掛け合いがやっぱり面白い!

一作目で、MIB最強のエージェントと謳われたKが引退してから5年後の世界を描きます。JはKが引退してからもエリートとなり、活躍を続けていました。しかし、誰とコンビを組んでも満足できずにコンビを解消してしまい、どこか満たされない思いのままです。

そんななか、Jはある殺人事件がエイリアンの仕業だと知りますが、そのエイリアンは過去にJが扱った事件に関わっていることが判明します。

真相を知るために、Jはケビンとして郵便局長をしているKを訪ね、何とかMIBへの復帰を説得しますが、偏屈なKはなかなか了承してくれません。同じころ、エイリアンによってMIB本部が占拠されますが、復活したKと共にJが最強のコンビを再結成し、見事地球を救うのです。

シリーズの中で最高の興行収入を記録した『メン・イン・ブラック3』

yuji_li シリーズで一番楽しめた!
Ayano_Tosa 過去の2人の関係がわかったところ感動した。相変わらずおもしろい

今回の敵は、エイリアンのボリス。彼は地球侵略のためにエージェントKを過去に遡って消滅させようと、タイムマシンでタイムトリップを試みます。何故なら、かつてKがボリスの地球侵略を阻止するシステムを構築したその人だったからです。

ある日通常通りMIBに出勤したJは、自分以外の誰もがKの存在を知らないことに驚きますが、Kが40年前に死亡した記録を見つけたこと、またKによって阻まれたはずの地球侵略が始まったことから、ボリスによる歴史改変が行われたことを知ります。

ボリスと同様の方法を使って、JはKが殺される前日にタイムトリップし、若き日のKと接触。二人は協力しながらボリスの歴史の改変を阻止しようと奮闘します。

その最中、協力者であった一人の軍人が尊い命を落とすことになるのですが、この軍人こそ、ジェームズの父親だったのです。 過去でボリスの企みを阻止したJは、現代に無事戻り、Kと再び会うことができたのでした。

新作『メン・イン・ブラック4』の噂は?

シリーズ4作目の制作が決定した、との情報が発表されファンにとっては待ちに待ったニュースでした。

監督やキャストなど、詳細はまだ判明していないようではありますが、近々JとKの最強コンビにスクリーンで再会できる日が来るかもしれませんね。