『キングダム』秦国六大将軍一覧

2017年7月6日更新

中国の春秋戦国時代を舞台に、信という大将軍を目指す少年と秦国の王・政の戦乱の世を描いた『キングダム』。話の核となる秦国六大将軍と呼ばれる6人の将軍についてご紹介します!

秦国六大将軍とは

秦国六大将軍

王の命令がない状態で自由に戦場に出向き、他国と戦うことができる権利を持った6人の将軍のことです。王の指示を待つより実際に戦っている将軍が判断をしたほうが、的確な戦いができるとの狙いから六大将軍は作られたと伝えられています。

現在では将軍の死により六大将軍は不在ですが、新たに作られ復活すると示唆されて話題沸騰中です。

1:王騎

王騎

中華全土で有名な武人で、かつては昭王に仕え「秦の怪鳥」と呼ばれるほど様々な戦場に参戦し猛威を振るっていました。戦闘時には周りを冷静に見渡し考える力と、個人的戦闘力どちらも兼ね備えており凛とした性格で六大将軍の中で最強の武人です。

王騎は戦友や昭王の死をきっかけに、戦うことへの意欲がなくなり一線を退きました。しかし、退いた後も政の動きに介入し、昭王の後継者として手出しをして再び復帰し蒙武を倒し秦軍総大将となります。趙軍との戦いで挟み撃ちにあい最後は亡くなってしまいます。

2:摎

摎

六大将軍の中で最もミステリアスで謎多き人物です。昭王の実の娘ですが母親の身分が低く暗殺されてしまう危険に晒されていたので、王騎が引き取り育てることになりました。

召使として育てられ、いつも身近で王騎の武芸を見ていたのでいつしか摎にも身につき、最年少ながら六大将軍一の戦いぶりを見せました。幼い頃に王騎と結婚する約束をし、側近として戦場に何度も参戦しています。

数年後には6代目の大将軍となりましたが、龐煖との戦闘で命を落とし王騎との結婚は果たせぬまま終わりました。

3:白起

白起

六大将軍の筆頭頭で、周囲から真の怪物・戦いにくいと恐れられるほどいとも簡単に次々と敵を倒していきます。目がせり出し血走っている特徴的な顔立ちも印象的です。

46日間も絶食状態が続いたという長平の戦いで秦国の総大将となり、40万人もの趙兵を兵糧に余裕がないことと反乱を理由に独断で生き埋めにすると決断しました。

大量の兵を失った趙国に攻め込むチャンスでしたが、これ以上白起に手柄を取られたくないという見方により阻止されてしまい、その後自害に追い込まれ亡くなってしまいます。

4:王齕

王齕

六大将軍一の怪力と呼ばれていて、大斧を自由自在に操り立派なひげと大きな顔の傷が特徴的です。かつて汗明との一騎打ちに敗れ逃げてしまったという話がありますが、真相は分からずもし本当であれば蒙武は相当強いということになります。

王齕はすでに亡くなっていて、死因は明らかになっていません。

5:胡傷

胡傷

六大将軍の一人ですが、詳しいプロフィールや武器については公にされておらず謎多き将軍で、縦に長い被り物と顎鬚が特徴的です。

紀元前269年に趙南部の閼与の地を侵略しようとしましたが、趙奢の奇策によって敗北してしまいました。また、魏の巻・蔡陽・長社を攻めてこの地方を取り、15万もの首級を斬ったとされています。

6:司馬錯

司馬錯

司馬靳の祖父で司馬遷の八世の祖でもあります。紀元前316年に蜀で内乱が起き、この同時期に韓が秦に侵攻してきました。

王から対応について相談され、広大な領土を一気に奪い国を強めるという司馬錯の意見が採用され、大将として任命され中華国の統一の第一歩に貢献した人物です。