有名映画スターの大事な部分が!?丸見えアクシデント10選

2017年7月6日更新

ケイト・ウインスレットなどの例外を除いて、有名なスターが映画でラブシーンなどで裸で撮影する場合、大抵は大事な部分が映らないように撮影しています。しかし、意図せずに大事な部分が映り込んでしまうことがあります。今回は有名映画スターの大事な部分が!?丸見えアクシデント10選を紹介します

10.ジュリア・ロバーツ/見るためには動体視力が必要!?『プリティ・ウーマン』

julia-roberts-pretty-woman

この瞬間を探すことは簡単ではありません。恐らく超人的な動体視力を持ち合わせた熱狂的なジュリア・ロバーツのファンだけが発見できたシーンです。

彼女の『プリティ・ウーマン』での役柄は売春婦であったにもかかわらず、この作品でヌードになることはありませんでした。この作品は軽いタッチのラブコメのため、激しいラブシーンが必要としなかったのでしょう。

しかし、ジュリア・ロバーツとリチャード・ギアが初めて体を合わせるシーンを目を凝らしてご覧ください。ほんの一瞬ですが、ジュリア・ロバーツの左胸が映ってしまっています。

9.ロバート・ウェッブ&オリビア・コールマン/話が違うアクシデント!『コンフェッティ仰天!結婚コンテスト』

confetti

これはとても特殊ケースです。ロバート・ウェッブとオリビア・コールマンは『コンフェッティ仰天!結婚コンテスト』でヌーディストを演じました。当然、彼らには裸になる必然性があったため、服を全て脱いで撮影に臨みました。ロバートによると、劇場にかかる完成版には彼らの大事な部分にモザイクがかかると言われていました。

この映画を見た人なら分かると思いますが、ほぼモザイク処理されずに公開されていました。彼らは最終的にヌードシーンは最小限になるだろうと語っていました。しかしながら彼らは、終始スクリーン上で完全に真っ裸でした。

8.フェミ・テイラー/エイリアンの胸が映り込んだアクシデント!『スター・ウォーズ・エピソード6/ジェダイの帰還』

star-wars1

フェミ・テイラーという名前を知っている人は少ないでしょうが、彼女の出演作はきっと一度は見たことがあるはずです。彼女は『スター・ウォーズ・エピソード6/ジェダイの帰還』で奴隷ダンサーのウーラ役を演じました。しかしほんの一瞬のため、この瞬間に気付いてはいないと思います。

テイラー演じるエイリアンのおっぱいが間違って映ってしまっています。このアクシデントが見られるのはオープニングの長いシークエンスで、ジャバ・ザ・ハットがウーラを犠牲にするシーンです。彼女が恐ろしいモンスターのいる穴へと落ちた後からよく目を凝らしてください。その瞬間が訪れます。

7.トム・クルーズ/大事な部分が映り込んだアクシデント!『トム・クルーズ/栄光の彼方に』

tom-cruise-all-the-right-moves-600x300

トム・クルーズの大事な部分を見たい人がどれだけいるか分かりませんが、もしも見たいなら『トム・クルーズ/栄光の彼方に』をチェックしてみて下さい。覚えている方も多いのではないでしょうか、映画『スクリーム』でキャラクターたちがこのシーンについて見れるかどうか議論する場面が存在します。

しかし最近のDVDなどではこのシーンはカットされているため、もしトム・クルーズの大事な部分を絶対に見たいという熱心なファンは昔のビデオテープを探すことをお勧めします。

6.ジェニファー・ア二ストン/ネット流出アクシデント!『ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き』

jennifer-aniston-topless

ジェニファー・アニストンが出演した『ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き』は一般的なラブコメです。この作品を見た観客は主役のヴィンス・ヴォーン目当てともう一つは......

おそらく予告編に映ったジェニファーの胸が観客を劇場へと足を運ばせたはずです。しかしその裏にはちょっとしたからくりが、多くの人は彼女の胸が見ることが出来ると思い劇場へと向かいました。

彼女は当初トップレスになることを決断して、撮影は予定通り行われていました。しかし彼女は最後の最後で考えを変え、そのシーンはカットされました。しかしその後、画像がインターネットにより流出してしまいました。

5.メル・ギブソン/まだ人気があったころのアクシデント!『誓い』

mel-gibson-gallipoli-600x300

今やメル・ギブソンは一般的に多くの人から嫌われた存在ですが、昔から差別的で、気難しい人物というわけではありません。かつては間違いなく多くの女性の憧れの的でした。要するに、メル・ギブソンのお尻を見るために劇場に行っていたのです。

まだ若かりし頃の彼の作品『誓い』で大事な部分が映り込んでしまっています。メル・ギブソンが水の中に飛び込んだ数秒後に注目して下さい。これが理由ではないでしょうが『誓い』にはPG指定を受けています。

4.ナタリー・ポートマン/2年越しに発覚したアクシデント!『クローサー』

closer-natalie-portman-600x300

マイク・ニコルズ監督、ジュード・ロウ主演の『クローサー』のナタリー・ポートマンは服を脱いでいないのにもかかわらずとても魅惑的です。この作品において彼女はオールヌードになることを同意していましたが実現はしませんでした。彼女がクライヴ・オーウェン演じるラリーのためにすけすけの服を着てエロティックなダンスを踊るシーンは必見です。

これは全くのアクシデントでナタリー・ポートマンの胸が映ってしまいました。恐らく撮影中誰も気づいていなかったのだと思います。公開当時、観客もまた全く気付かずに劇場を後にしました。このシーンが世間に知れわたるまで2年かかりました。

3.ブルース・ウィリス/今じゃなくて良かったアクシデント!『パルプ・フィクション』

bruce-willis-nude-pulp-fiction

ブルース・ウィリスはかつて荒々しいヒーローとして中年女性たちの人気を博していました。しかし、今ブルース・ウィリスが脱ぐことになったとして、喜ぶ人はいるでしょうか?

ご安心下さい。このアクシデントが起こったのは1994年の作品です。その作品とは『パルプ・フィクション』です。ブルース演じるボクサーのブッチがホテルに隠れシャワーを浴び、タオルを取った瞬間です。とても短いので瞬きをしたら見逃してしまいます。一時停止すれば何とか見つけることができます。

2.ケリー・レブロック/予定外の露出!『ウーマン・イン・レッド』

kelly-lebrock-the-woman-in-red-2

監督・主演のジーン・ワイルダー1980年代のコメディ『ウーマン・イン・レッド』に出演したモデルのケリー・レブロック!彼女はもちろん演技力でこの映画に出演が決まったわけではありません。しかしこの映画でヌードを披露する予定はありませんでした。

レブロックとワイルダーがベッドで寝ているシーンで彼女がベッドから飛び出し、体を覆おうとシーツをつかんだ瞬間!彼女の下腹部が....

1.デンゼル・ワシントン/隠しきれなかったアクシデント!『リコシェ』

denzel-washington-nude-600x301

『リコシェ』は決して良い出来の映画ではありません。この作品の唯一の見所はデンゼル・ワシントンの下半身が映っているシーンです。彼は必死に隠そうとしてはいますが、残念ながら映ってしまっています。

ワシントン演じる新米警官が男性更衣室で仲間と会話しているシーン!彼が裸でふざけていると、突然女性が入ってきて、飛び上がる瞬間に注目して下さい。一瞬で次のカットへと進むため観客たちに気づく時間はありませんでした。しかし現在では多くの人に知られたシーンとなってしまいました。

http://whatculture.com/film/10-famous-actors-who-did-nude-scenes-by-accident.php/11