2017年11月10日更新

東出昌大の出演映画、ドラマまとめ!これまでの活躍を紐解く【「デスノート LNW」主演】

©️ciatr

恵まれたスタイルを活かして、海外でのモデル経験もある東出昌大が、俳優の道を選んだのはまだ最近の話。映画、テレビ、CMで引っ張りだこの彼ってどんな人なのでしょうか?その魅力に迫ります。

東出昌大が俳優としてブレイクするまで

東出昌大(ひがしで・まさひろ)は1988年2月1日生まれ、埼玉県出身の俳優です。高校時代にメンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリに輝き、デビュー。身長189cmという抜群のスタイルを生かして数多くのモデルの仕事をこなしました。 モデルとして、国内に留まらず、2006年から2011年まではパリ・コレクションにも出演するほどの実力をもっています。 俳優としては24歳のときに映画『桐島、部活やめるってよ』でデビュー。映画初出演ながら、物語のキーパーソンとなる役を務め、高い注目を集めることとなりました。同作でのスクリーンデビューをきっかけにモデルを引退。俳優へ転身しています。 その頃を振り返り、「プレッシャーを感じないようにしようとしていたけど、後から考えるとプレッシャーは感じていた。だけど、それに対応できるようにはなってきている。」と語っています。

東出昌大にとって学生服を着こなすスキルは必須!?

『桐島、部活やめるってよ』でデビューしたときはすでに、成人していた東出。しかし、その後も学生服を切る役どころは多かったようです。映画出演3作目にして主演を果たした『クローズEXPLODE』では、一匹狼を好む不良役で学ランを着こなしていましたね。 さらに、2014年公開となった『寄生獣』でも見事に高校生役を怪演し、胸キュンティーン映画『アオハライド』では本田翼扮する双葉が恋してしまう馬渕洸を、高校生になりきって好演。同作では、学生服を違和感なく着こなすことも課題だったようです。 年齢や時代を感じさせることなく様々な役柄に挑戦できる俳優というのは貴重ではないでしょうか。

初期の主な出演映画

映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)

朝井リョウの青春同名小説を実写映画化した今作。とある高校を舞台に、バレー部のキャプテン・桐島が部活を辞めたことがきっかけで起こる様々な事件が描かれています。 東出昌大は桐島の親友・菊池宏樹を演じて俳優デビューを飾りました。 本作では、神木隆之介や橋本愛といった多くの若手キャストが出演し話題を集めたほか、作品自体も評価され、第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞しました。

映画『クローズEXPLODE』(2014年)

高橋ヒロシの漫画『クローズ』を小栗旬主演で映画化した『クローズ ZERO』(2007)、『クローズ ZERO Ⅱ』(2009)の続編である今作。不良学生が集まる鈴蘭高校を舞台にした覇権争いが描かれています。 東出昌大は不良で一匹狼の鏑木旋風雄を演じています。

映画『寄生獣』(2014年)

岩明均の同名人気コミックを映画化した本作。人間に寄生し、人間を食べる寄生生物・パラサイトと人間との闘い、そして右手に寄生生物・ミギーを宿した高校生・泉新一がその争いに巻き込まれる姿が描かれています。 東出昌大はパラサイトの高校生・島田秀雄役で出演。染谷将太や橋本愛、深津絵里などの豪華俳優陣と共演しています。

映画『アオハライド』(2014年)

咲坂伊緒の同名青春恋愛小説の実写化作品です。高校生の吉岡双葉と馬渕洸の恋模様が描かれ、東出昌大は馬渕洸役を演じ、吉岡双葉役を人気モデルの本田翼が演じています。

NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でブレイク!

2013年9月から2014年3月にかけて放送された、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。社会現象にまでなった『あまちゃん』の後番組ということで注目も高かった『ごちそうさん』は、視聴者の期待を裏切らない出来の良さでこちらも大ヒット。最高視聴率は27.3%と、『あまちゃん』を上回る結果を打ち出しました。 東出昌大は『ごちそうさん』のヒロイン・卯野め以子杏の相手役として出演。おっちょこちょいな主人公を支える帝国大学の学生役を熱演して注目を浴び、これがブレイクのきっかけとなりました。 長身で和の雰囲気を感じさせる美青年の東出昌大は、実は前期作『あまちゃん』にも若き日の大吉役として出演しており、NHK連続テレビ小説には連続で出演という形になりました。

東出昌大の妻は女優の杏!朝ドラの共演がきっかけ

東出昌大は、『ごちそうさん』で夫婦役を演じた杏と2015年に結婚し、実生活でも夫婦になりました。 二人が初めて知り合ったのは2006年、東出昌大は無名のモデルで杏はパリコレのファッションモデルの時でした。東出昌大はパリコレ出演のためにパリに来ていた杏と路上でバッタリ遭遇していたのです。パリでの偶然の出会い、そしてドラマで夫婦役で共演するなど運命的な二人ですね。

東出夫婦が3児の親に!2016年には双子を出産

妻の杏は2016年1月に双子の女児を妊娠していると発表。5月に無事生まれ、東出と杏は2児の親となりました。そしてさらに、2017年11月、男児が誕生しています。

バイオレンス映画『GONINサーガ』では主演を務めた

1995年に公開された『GONIN』の続編の主演に抜擢された東出昌大。人気作の続編で主演というプレッシャーの高い役どころへの挑戦について「多くの人からの応援や期待を背負っている。冷静にか丁寧に、ときに猛々しく臨みたい。」と意気込みを語っています。 伝説のバイオレンスアクション映画の続編で、前作の主人公の息子たちにスポットをあてて描かれた作品になっています。桐谷健太をはじめ土屋アンナ、柄本佑など若手俳優陣との共演も見どころです。

東出昌大が新作『デスノート Light up the NEW world』で主演!

東出昌大が2016年に公開された映画『デスノート Light up the NEW world』で主演を務めています。原作の6冊ルールを採用したストーリーで、Lの正統後継者といわれる竜崎を池松壮亮が、キラを崇拝する天才・紫苑を菅田将暉が演じます。若手実力派俳優たちの競演も必見です。。 舞台はキラとLの死から10年後。デスノートをめぐる三人の”天才”を描いた物語。東出昌大はデスノート対策本部のエースでデスノートオタクである三島を演じます。

『さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』でドラマ初主演

天才ピアニストと探偵、二つの顔をもつ主人公・岬洋介がピアノを教えている少女の周りで起こる難事件の解決に奔走する音楽ミステリードラマ『さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』。原作は第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した大人気ミステリー小説です。 東出は今作がドラマ初主演。女生徒役の若手女優・黒島結菜とともに至極のミステリーの世界を作り上げていきます。 2016年春、日本テレビ系の金曜ロードーショー特別ドラマ企画として放送されました。

将棋好きの東出昌大。映画で伝説の棋士・羽生善治を演じ話題に

100年に一人の天才といわれる棋士・羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖。彼の病と闘いながら全力で駆け抜けた29年の生涯を描いたノンフィクション小説『聖の青春』が映画化されました。 東の羽生、西の村山と並び称された怪童・村山聖役を松山ケンイチが演じ、その他にもリリー・フランキーや竹下景子など豪華なキャストが名を連ねています。 東出昌大は天才棋士・羽生善治役で、今もなお将棋界の頂点で活躍する実在の人物という難しい役どころに挑戦。 プライベートでも趣味が将棋という東出。それを証明するかのように羽生善治を好演し、再現度が高いと話題になりました。

28歳の東出昌大、大学生役で出演!『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

電車で出会った女性・福寿愛美に一目ぼれした20歳の男子学生・南山高寿が自分から積極的にアタックし、交際まで発展するも愛美が内緒にしていた秘密を明かしたことで、すれ違いすることになってしまいます。普通のことがいかに大切かそして幸せかが分かる映画です。 この映画で、東出は高寿と愛美の交際のアシストをする高寿の親友・上山を演じています。当時28歳の東出でしたが、大学生役を自然に演じ切りました。 主人公の南山高寿を福士蒼汰、福寿愛美を小松菜奈が演じています。

映画『オーバードライブ』では新田真剣佑とともに兄弟役を熱演!

東出は、2018年6月1日公開の映画『OVER DRIVE(オーバードライブ)』ではメカニック・檜山篤洋役を演じます。 篤洋の弟で、天才ドライバーの直純(新田真剣佑)とは考え方の違いから衝突ばかり。そこにマネジメント担当として新しく遠藤ひかる(森川葵)がやってきます。 徐々に明かされる兄弟の過去の確執やアクシデントなどにどう立ち向かっていくのか、必見です。

東出昌大出演ドラマ一覧

『恋愛検定』(2012年)

東出昌大は、NHKプレミアムドラマ全4話中の第2話『恋愛検定』で、マイコ演じる香川紗代の恋人、ロックバンドのギター担当、吉光淳哉役で出演しました。 恋愛力が落ちている人類を心配し、星田英利演じる恋愛の神様が恋愛に悩める男女の元へ「恋愛検定」に訪れます。夢追う男に惚れやすい紗代。音楽に生きる彼に振られてしまい、次に山男で警備員の斉藤工演じる松下未知人に惚れますが・・・。紗代のお人よし過ぎる優しさを恋愛の神様は全否定します。

『リセット〜本当のしあわせの見つけ方〜』 (2012年)

主演は、女優になる夢を持ちながらも平凡な主婦に甘んじている香山知子役の鈴木保奈美です。東出昌大は、薫にマネジメントされているトップスターで、時空の旅人となって知子たちを過去へと連れて行く“シオン”こと花房絢役です。 全く違うライフスタイルの3人の女性。今までの人生をやり直したいと思っています。再会した途端に奇跡が起き、なんと17歳の女子高生に戻ってしまったのです。出演は他に、シオンのマネージャーで独身キャリアウーマン薫役に高島礼子、水商売では働く晴美役に坂井真紀などです。

『結婚しない』(2012年)

初共演、ダブル主演で、田中千春役を菅野美穂、桐島春子役を天海祐希がそれぞれ演じました。東出昌大は花屋でアルバイトをしている、三吉彩花演じる佐倉麻衣の大学の同級生で、恋人でもある山田弘樹役で出演しています。 結婚願望は強いのに、なかなか“結婚できない女”と、仕事に生きると決意し、“結婚しない”と自分に言い聞かせている女、そんな2人と何かしら関わって行く“結婚する余裕がない男”、3者3様の生きざまや、友情、恋愛を描いた作品です。

『ホリック〜xxxHOLiC〜』(2013年)

2013年に放送された『ホリック〜xxxHOLiC〜』はCLAMPによる漫画が原作となっており、アニメ化、映画化もされています。 東出昌大は、染谷将太演じる四月一日君尋(わたぬき きみひろ)の同級生、百目鬼静役で出演しています。百目鬼は、マイペースでぶっきらぼうな性格。寺の息子で心が清廉なためアヤカシを追い払うことができます。四月一日からはなぜか敵対視されています。 四月一日は、アヤカシを視たり、憑りつかれてしまう自分自身に悩んでいました。ある時“ミセ”と呼ばれる屋敷に入り込んでしまった四月一日は、杏演じる不思議な力を持つ壱原侑子と出会い、侑子に対価を払えば、アヤカシを見えなくするという願いをかなえてもらえることを知ります。

『あまちゃん』(2013年)

能年玲奈演じる、天野アキがヒロインです。東出昌大は、小泉今日子演じる天野春子に、若い頃からずーっと片思いしている、杉本哲太演じる北三陸駅の駅長、大向大吉の若い頃を演じました。 『あまちゃん』は、NHK連続テレビ小説第88シリーズで、脚本は宮藤官九郎によるオリジナルストーリー。生まれ育った東京では、内気で自分の考えが言えなかったアキが、北三陸に移住して、周りの人たちとの関わりの中で、夢を持ち、叶えていきます。 東日本大震災直後に制作され、検討の末、劇中でも真剣に震災を描きました。その他は全体的にコメディタッチの多い内容で、連続テレビ小説のシリーズとしては異質なものでしたが、ストーリーの面白さで話題性が高く、震災後の三陸が盛り上がる契機のひとつになりました。

『おやじの背中』(2014年)

『おやじの背中』は鎌田敏夫、倉本聰、山田太一、三谷幸喜ら有名脚本家が脚本を手掛ける一話完結のホームドラマです。東出昌大は山田太一脚本、渡辺謙主演の第7話『よろしくな。息子』に戸川祐介役で出演しました。 祐介は渡辺謙演じる靴職人、高村浩司の見合い相手、余貴美子演じる戸川泰子の息子です。高村は康子に交際を断られてしまいますが、ひょんなことから息子の祐介と知り合いになります。話をしていくうちに、自分の人生を捧げた靴職人という仕事を、祐介に継いで欲しいと思うようになります。

『リーガルハイ・スペシャル』(2014年)

『リーガルハイ』は堺雅人演じる無敵の弁護士、古美門研介と新垣結衣演じる新人ながら正義感は人一倍強い弁護士、黛真知子のコンビが活躍するコメディドラマです。 東出昌大は『リーガルハイ・スペシャル』で、剛力彩芽演じる院長の娘、赤目好美と婚約している若手医師、広瀬史也を演じました。 吉瀬美智子演じる中原さやかの夫が難病の末、東都総合病院で亡くなります。医療過誤を疑ったさやかは、東都総合病院を訴えようと大森南朋演じる「たかり弁護士」の九條和馬に告訴を依頼しますが・・・。

『花燃ゆ』(2015年)

『花燃ゆ』はNHK大河ドラマの第54作です。主演の井上真央は吉田松陰の妹、杉文を演じました。東出昌大は文の最初の夫、志半ばで自害に甘んじた久坂玄瑞役を務めています。 江戸時代末期、長州藩士、杉家の次女として生まれた文。当時の女性には珍しく、学びたいという欲求が強く、兄松陰の開いた松下村塾の運営に携わります。 その松下村塾で学んだ多くの生徒たち、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、吉田稔麿、前原一誠らは幕末から明治維新にかけて、新しい日本の為にと奔走します。文は大沢たかお演じる義兄の楫取素彦とともに彼らを支えますが・・・。

『問題のあるレストラン』(2015年)

真木よう子演じる田中 たま子が主人公です。東出昌大はたま子の元恋人で、シェフの門司誠人役を演じました。 大手飲食サービス会社で受けた男性たちからのセクハラやパワハラに抗議して、仲間と一緒に独立をしたたま子。それぞれ問題を抱えるポンコツ集団でしたが、徐々に評判の店へと変わっていきます。

『永遠のぼくら sea。 side blue』(2015年)

海で出会った8人の男女の青春を繊細なトーンで描くドラマです。主人公は有村架純演じる松岡あおいです。東出昌大は謎めいた写真家、近藤瞬二として特別出演しています。 事を荒立てることを嫌う大学生のあおい。海の研究をする夢をあきらめて、親の意向に沿うように就職するつもりでいました。ある日、海洋大学の学生たちと出会い水族館で短期間の共同作業ができることになります。すると少しずつ人生が動き出し・・・。

『精霊の守り人』(2016年)

バルサ役の綾瀬はるか主演の大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』。東出昌大はバルサの幼馴染で拠り所、先住民ヤク―の血を引く新ヨゴ国の薬草師タンダを演じます。 女用心棒のバルサは帝から命を狙われた王子チャグムを守るように、木村文乃演じるチャグムの母から依頼されます。まだ幼く、気位だけは高い王子を連れて長い長い逃避行にでるのですが困難が次々押し寄せてきます。

『デスノート NEW GENERATION 』(2016年)

前作の映画『デスノート』と2016年公開の映画『デスノート Light up the NEW world』までの10年間を繋ぐhuluオリジナルドラマ。東出昌大はデスノート対策本部のエースであり、『デスノート Light up the NEW world』では主人公の三島創役を演じています。 三島創は10年前のデスノート事件を徹底的に調べ上げ、同僚にもデスノートオタクと呼ばれるほどです。『デスノート NEW GENERATION 』においては三島が捜査本部で頭角を表していく様子を描いています。