2017年7月6日更新

大地真央出演おすすめドラマ8選

元宝塚歌劇団の男役トップスターとしても知られ、退団後も様々な舞台やドラマ、映画などで活躍してきた女優・大地真央。朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』での好演も記憶に新しい大地が過去に出演したドラマの中から、おすすめの作品をご紹介します。

大地真央のプロフィール

大地真央は1956年2月5日生まれ、兵庫県出身の女優です。血液型はB型。1973年に第59期生として宝塚歌劇団に入団、月組に所属しのちに男役のトップスターとなります。宝塚を退団後も舞台・ドラマ・映画などで女優として活躍、演じる役のイメージなどから男性のみならず女性からも大きな支持を集めています。

私生活では俳優・松平健との結婚、離婚を経て2007年にインテリアデザイナー・森田恭通と再婚、公私ともに多忙を極め今後の活躍がますます期待される女優の1人です。

『武田信玄』1988年

『武田信玄』は1988年に放送されたNHK大河ドラマです。新田次郎原作の歴史小説『武田信玄』をドラマ化した作品で、甲斐の戦国大名である主人公・武田信玄の壮絶な生涯が、母である大井夫人(演:若尾文子)の視点から描かれています。武田信玄役を中井貴一が演じ、大河ドラマ初主演を飾ったことでも話題となりました。

大地真央は、信玄の側室でよき理解者でもあった男勝りな女性・里美を演じています。

『功名が辻』2006年

『功名が辻』は、2006年に放送されたNHK大河ドラマです。戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将・山内一豊とその妻・千代が、「一国一城」の夢に向かって共に手を携え、戦乱の世を強く生き抜いていく姿を描いた物語で、主人公・山内一豊を上川隆也、ヒロイン・千代を仲間由紀恵が演じました。

大地真央は、千代と共に馬に乗って出かけるなど親交のあった信長の妹・市を演じました。

『MR.BRAIN』2009年

『MR.BRAIN』は2009年に、TBS系列で放送された作品です。元ホストという異色の経歴を持つ警視庁科学警察研究所(通称:科警研)所属の脳科学者・九十九龍介が不慮の事故が原因で発達した自らの右脳をフル活用し、科警研の仲間たちと協力しながら脳科学的アプローチで難事件を次々と解決していく姿を描いた物語で、主人公・九十九をSMAPの木村拓哉が演じました。

大地真央は、法科学部長で科警研のリーダー的存在・佐々未春を演じています。

『リッチマン,プアウーマン』2012年

『リッチマン,プアウーマン』は2012年に、フジテレビ系列で放送された作品です。仲間と共に立ち上げたIT企業「NEXT INNOVATION」を成功させ一躍時代の寵児となった若き社長・日向徹と、彼の会社にインターンとして入社したヒロイン・夏井真琴が、身分や境遇の違いを乗り越えて理解し合いやがてひかれあう姿を描くラブストーリーで、主人公・日向を小栗旬、ヒロイン・真琴を石原さとみが演じています。

大地真央はこの作品に総務省事務次官・藤川真沙子役で複数回にわたりゲスト出演、日向の才能を高く評価し仕事を任せるという重要な役どころを演じています。

『その男、意識高い系。』2015年

『その男、意識高い系。』は2015年にNHKBSプレミアムで放送された作品です。仕事にすべてをかけてきた入社11年目のヒロイン・坪倉春子が、意識は高いが中身は伴わない、いわゆる“意識高い系”の新入社員・一条ジョーに翻弄され、イライラしながら尻拭いに奔走する中で自らも成長していく姿を描いた物語で、ヒロイン・春子を伊藤歩、ジョーを林遣都が演じています。

大地真央は春子やジョーが勤める会社「早乙女会計ソフト」の社長で、社員たちをこよなく愛する女性・早乙女蘭子を演じました。

『アンダーウェア』2015年

『アンダーウェア』は2015年に、アメリカの配信会社・Netflixとフジテレビによって共同制作された作品です。ファッション関係に疎い地方出身のヒロイン・時田繭子が、上京して銀座の高級ランジェリーメーカーに就職し、いまだかつて経験したことのない価値観に戸惑ったり時には失敗しながらも、成長し夢を見つけていく姿を描く物語で、ヒロイン・繭子を桐谷美玲が演じています。

大地真央は、繭子が後によき部下として支えていくことになるランジェリー会社「Emotion」の社長・南上マユミを演じました。

『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』2016年

『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』は、日本テレビ系列で2014年に放送された単発ドラマ『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル~』の続編として、2016年に制作された連続ドラマです。女性犯罪者及び女性被害者対策を目的として非公式に設置された警視庁捜査七課、通称“ヒガンバナ”メンバーの活躍を、事件関係者に“シンクロ”(同調)してしまう特殊能力を持つヒロインの女刑事・来宮渚を軸に描く物語で、ヒロイン・来宮を堀北真希が演じているほか、ヒガンバナのメンバーとして檀れい・高梨臨・YOU・知英が出演しています。

大地真央はヒガンバナの創設者で、来宮がシンクロ能力を持つきっかけになった彼女の父親の殺害事件とも重要な関わりを持つ女性・瀬川すみれを演じました。

『とと姉ちゃん』2016年

『とと姉ちゃん』は2016年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説で、生活総合雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子さんを主人公のモデルとした作品です。幼い頃に亡くなった父の遺志を受け継ぎ、一家の大黒柱として家族を支えるヒロイン・小橋常子が、激動の戦前・戦中・戦後を生き抜く中で“女性の役に立つ雑誌を作りたい”という自らの指針を見出し、母や妹たちと共により良い雑誌作りのために邁進していく姿を描いた物語で、ヒロイン・常子を高畑充希が演じています。

大地真央は浜松から上京した常子たちを温かく迎え入れる常子たち3姉妹の祖母・青柳滝子を演じ、自らが経営する老舗の材木問屋を威勢よく切り盛りする姿や、木村多江演じる3姉妹の母で滝子にとっては実の娘・君子との確執などが描かれました。

いかがでしたでしょうか?今なおみずみずしい輝きを放つ女優・大地真央の今後の活躍が、とても楽しみですね!