今後公開予定のピクサー新作映画まとめ!【2017年最新版】

2017年5月18日更新 26381view

幅広い層に親しまれる作品を多数発表するディズニー映画。2016年後半以降も、大ヒットアニメの続編に実写ファンタジーにと、話題作期待作が目白押しです。そんな豪華ラインナップをご紹介します。

ディズニー・ピクサー映画が楽しみで待ちきれない!

いまやメジャー映画会社の代名詞となったディズニー・ピクチャーズ。ピクサーアニメに実写映画にと、幅広いジャンルの作品を次々と発表しています。

2016年後半以降も注目作が目白押しですが、ここでは上映及び製作が決定しているディズニー作品をご紹介します。

1:海賊ジャック・スパロウの今度の敵は?

2017年8月日本公開予定

ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」から着想を得て製作された超人気シリーズの第5作目。おなじみの海賊ジャック・スパロウが、自身の命を狙う新たな敵キャプテン・サラザールと対峙します。

前作『生命の泉』が思ったほどの興行成績を上げられなかったため、テコ入れとして、シリーズ3作目までウィル・ターナー役で出演していたオーランド・ブルームが再登場することも話題です。

2:レースカー、マックイーンが三たび疾走!

2017年6月16日全米公開予定

2006年公開の『カーズ』、2011年の『カーズ2』に続く第3弾。ベテランレースカーとなった主人公ライトニング・マックイーンが、若手女性レースカーのラミレスとコンビを組んで、ハイテクレースに挑みます。

大ヒットはしたものの、批評的にあまり良くない評価を受けた前作『カーズ2』の汚名返上となるか?

3:メキシコの祝日「死者の日」がテーマのピクサーアニメ

2017年11月22日全米公開予定

「死者の日」というメキシコの祝日をテーマにしたピクサーアニメ。12歳のメキシコ人の男の子ミゲルが主人公で、死者の日にまつわる謎や運命を描くアドベンチャーものといわれています。

監督は『カーズ』、『トイ・ストーリー3』を手がけたリーアンクリッチ監督が務めます。

4:「ジャックと豆の木」をアニメ化

2018年3月9日全米公開予定

イギリスの童話「ジャックと豆の木」のミュージカルアニメーション。監督は『塔の上のラプンツェル』のネイサン・グレノ、音楽を『アナと雪の女王』のロバート・ロペスとクリスティン・アンダーソン=ロペス夫妻という、盤石な体制で製作されます。

主人公のジャックを青年に、巨人を11歳の女の子にというアレンジが加えられています。

5:まさかの第4作目が製作決定!

2018年6月全米公開予定

1995年にピクサーが世界初のコンピューター・アニメーション映画として発表した『トイ・ストーリー』。3作目の『トイ・ストーリー3』で大団円を迎えたとみられていたこのシリーズでしたが、第4作目の製作が決定しました。

監督を、シリーズの生みの親で現在はディズニーとディズニー/ピクサー両スタジオの全作品を統括するジョン・ラセターが直々に担当。ウッディやバズといった人気キャラクターに再び会える!

6:スーパーヒーロー一家、再出動!

2019年7月21日全米公開予定

2004年製作の『Mr.インクレディブル』の続編で、監督・脚本を務めたブラッド・バードが再び登板予定。超能力を持ったインクレディブル一家が、今度はどんな大活躍をするのか?期待せずにはいられません。

まだまだ明らかになっていない情報が沢山ありますが、前作でも活躍したフロズンは今作も登場予定で声優は引き続き、サミュエル・L・ジャクソンが担当するそうです。