ロス・リンチ、第二のザック・エフロンとの呼び声高いイケメン俳優に注目!

2017年7月6日更新

ディズニーチャンネルで活躍し、第二のザック・エフロンという呼び名の高いロス・リンチ。歌やダンスが得意なほかにファン思いという一面もある今後が楽しみな若手俳優です。そのロス・リンチのプロフィールから出演作までたっぷりとご紹介します!

ロス・リンチのプロフィール

ロス・リンチ

1995年コロラド州出身のロス・リンチ。180cmの長身に正統派美男子なルックスで人気の出ている若手俳優です。彼にはライカー、ロッキー、ライランド、ライデルという4人の兄弟がおり、頭文字は全員R。ロスはドイツ、アイルランド、イングランドなどの血を受け継いでいます。

コメディドラマ『オースティン & アリー』で主人公・オースティンに

ロス・リンチ

2007年にLAへ移住したロス・リンチが初めて得たチャンスが『オースティン&アリー』の主役という大役でした。『オースティン&アリー』はディズニーチャンネルのコメディドラマ。類い稀なる歌唱力を持つオースティンと、ソングライターとしての才能は一級のアリーがデュオを組むところから物語は始まります。

ロス・リンチ

ロスが演じたオースティンはアリーとは正反対の性格で、歌手としての才能を生まれ持った男の子。アリーとの親友かつパートナーとしての関係の中で、ドタバタを乗り越えて成長していく様子を演じています。『オースティン&アリー』は2011年から放映が開始され、2016年に最終シーズンを迎えるまで人気作品となりました。

『ティーン・ビーチ・ムービー』で主演

『オースティン&アリー』での成功が評価されたロス・リンチ。2013年にはディズニーチャンネルムービー、『ティーン・ビーチ・ムービー』で主役のブレイディを演じました。

ロス・リンチ

ブレイディと親友のマッケンジーはサーフィンの最中に大波にのまれてしまいます。目を覚ました彼らがいたのは、なんと60年代の「ウェットサイドストーリー」の世界。元の世界に戻るべく、2人が奮闘する様子が描かれます。

ロス・リンチ

ストーリーはもちろん、ミュージカルらしく音楽も見どころのこの作品。若者を中心にヒットしたこの作品の続編として、『ティーン・ビーチ 2』も公開されています。こちらは「ウェットサイドストーリー」からレイアとタナーがやってくるという設定です。

バンド「R5」としても活躍

ロス・リンチ

ピアノやベース、ドラムなど楽器の演奏が得意なロス・リンチ。その才能を活かして、ポップバンドR5を結成しています。メンバーはロスと3人の兄弟(ライカー、ロッキー、姉ライデル)と友人エリントン・ラトリフ。ロスはギターとメインボーカルを兼任しています。

日本へも数回訪れており、2016年には日本公演を果たしました。

ダンスの腕前もプロ並み

ロス・リンチ

またダンスもなかなかの腕前で、『アメリカン・アイドル』のダンス版『アメリカン・ダンスアイドル』に出演した経験もあります。さらにはダンスグループthe Rage Boyz Crewと一緒にダンスをしたことも。

ファン思いなロス・リンチ

ロス・リンチ

歌もダンスも演技もできて、なおかつイケメンのロス・リンチ。さらに彼にはファン思いという側面もあります。TwitterやInstagramでファンとの交流も図る彼は、インタビューで次のように話しています。

ファンと交流するのはとても大事だよ、だって彼らがいなきゃ僕は今ここにいないしね。僕はできるだけ携帯から離れる時間を作っているんだけど、携帯を見ているときは大抵SNSをチェックしているよ。ファンと交流するためにね。

さらに熱狂的なファンはいるかという問いに次のようにコメントしています。

誰にだって熱狂的なファンはいるんじゃないかな!でも、そうだな、彼らは僕の歌の歌詞を全部覚えて、ダンスの振りも一緒にしてくれる。僕自身も楽しい時間を過ごすことができるんだ。そんなにファンじゃない人の前よりも、彼らの前でパフォーマンスするほうが楽しいじゃないか。

ファンへの感謝を忘れずに一緒に楽しい時間を過ごそうとするロス・リンチ。彼のSNSではプライベートショットがたっぷりと見られます。

https://twitter.com/rossR5/status/745028180415680512

https://twitter.com/rossR5/status/736697562766442497

気になる方は是非チェックしてみましょう。