南条愛乃がかわいい!ラブライブ絢瀬絵里の声を務めた声優のすべて

2017年8月28日更新

アニメ『ラブライブ!』で一躍有名となった人気急上昇中の声優、南条愛乃。その可愛い見た目と歌唱力で歌手としての活躍も今や留まることを知りません。そんな南条についてはこれを読めば全て分かります!

声優デビュー作はOVA『アルトネリコ』

南条愛乃(なんじょうよしの、1984年7月12日生)は静岡県出身の声優、歌手です。代々木アニメーション学院、声優養成所RAMS ProfessionalEducationを卒業したのち、ラムズを2007年10月1日付けで退所し同年11月1日、ドワンゴアーティストプロダクションに移籍しています。 学生時代の得意科目は美術で苦手科目は体育。趣味は写真やイラストでOlympus PEN-FTを愛用しているそう。 自身の性格に対し、「努力していることを知られたくない」「むっちゃ人見知り」と語っています。 声優としてのデビューはラムズを退所する前の2006年、PlayStation2用RPGソフト『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女』。エンジニアでボーイッシュなクルシェ・エレンディアという15歳の女の子の役を演じました。

デビュー当初から歌手としても注目されていた

2009年八木沼悟志プロデュースの音楽ユニット「fripSide」の2代目ボーカルにnaoの後任として起用され、歌手としての活動を開始します。 同年にはテレビアニメ『とある科学の超電磁砲』のオープニングテーマ「only my railgun」を発表。この楽曲の歌とPVにて南条は注目を浴び、その後の活動に少なからず影響を与えるものとなりました。

ラブライブ絢瀬絵里を演じてブレイク

そんな南条愛乃の転機となったのは『ラブライブ!』の絢瀬絵里役に抜擢されたことでした。 2010年に開始されたこのプロジェクトはテレビアニメや劇場アニメに留まらず、スマホ用などのゲーム化や担当声優によるライブ公演などたちまちメディアミックス展開していき人気を博していきました。 テレビ画面から飛び出した声優メンバーによるユニット「μ's」も好評で、2015年12月31日放送の「第66回NHK紅白歌合戦」にも出場が決定。しかし南条愛乃は以前から膝に病気を抱えており、その痛みから激しい運動ができない為紅白の出場を辞退。本番では南条を除く8人でのパフォーマンスが行われました。

生まれつき膝蓋骨亜脱臼だった?

2015年8月31日、公式ブログ「今日もいい天気だよ。」にて自身の膝の件について公式に発表しています。以前から痛みがあり病院にて診断されたのが「半月板損傷」。その手術のため大きい病院に変え検査しなおした所、そもそもの原因が「先天性膝蓋骨亜脱臼」だということが判明しました。 先天性=生まれつきですので手術をしたところでまた再発する可能性があり無理は禁物、とのこと。μ'sはアイドルなので歌いながら激しいダンスを踊るのが特徴。そのため、その後のライブ活動でも一部の曲には不参加になるなど膝に負担がかからないよう配慮がなされています。

春夏ひとみに命名されたあだ名は「ナンジョルノ」

南条愛乃は「ナンジョルノ」という愛称で親しまれており、実際Twitterでも♯nanjolnoというハッシュタグが存在するほどです。この愛称の名付け親は声優である、はるかひとみでプライベートでも仲が良く南条のブログにもたびたび登場しています。 「ナンジョルノ」の他にも『ラブライブ!』で共演している飯田里穂・楠田亜衣奈に呼ばれている「なんちゃん」や、ナンジョルノの略称型である「ジョルノ」と呼ぶファンもいるなど、親しみを込めて呼ぶニックネームは多く存在します。

尊敬する人は畑亜貴

南条は畑亜貴に対する尊敬の念を伺わせる発言を、雑誌などのインタビューにおいてたびたび行っています。畑亜貴とは、ラブライブ、μ'sの全楽曲の作詞を手掛けているシンガーソングライター、作詞家です。 『涼宮ハルヒの憂鬱』の全楽曲や『らき☆すた』の「もってけ!セーラーふく」など主にアニメ界で有名な歌詞も手掛けており、オリコンの2007年の作詞家ランキングでは4位を記録するなど「独創性に優れ意表をつく言葉を組み合わせた歌詞を描く」と定評がある優れた人物です。

「ゼロイチキセキ」がオリコントップ10入り!

『ラブライブ!』絢瀬絵里役、『探偵オペラ ミルキィホームズ』明智小衣役など、一つのキャラクターを長きにわたって演じている南条。歌手活動でも同様に、『Animelo Summer Live』には2010年の初登場以来、fripSideとして6年連続での出場を果たすなど精力的に活動しています。 2014年からはソロでの活動も本格化始動。2016年5月25日にリリースした5thシングル『ゼロイチチセキ』はオリコン週間シングルランキングで初のトップ10を果たすなど、南条愛乃のソロとしての活動は飛ぶ鳥を落とす勢いです。 2016年7月13日には2ndフルアルバム『Nのハコ』をリリースしています。今後の南条の活躍にも注目が集まるでしょう。