2017年7月6日更新

ポケモンついに実写映画化!気になるあらすじは?

とうとうポケモンがハリウッドで実写映画化されるそうです。スマホゲーム「ポケモンGO」の人気を観る限り、大ヒットを予感させる映画の情報をまとめました。

1:『ポケットモンスター』がハリウッドで実写化!

任天堂が誇る大人気コンテンツ『ポケットモンスター』。縮めてポケモン。オリジナルのゲームに始まり、アニメ、そして劇場版アニメと日本のみならず全世界でファンを獲得しています。さらに2016年にはスマホゲーム『ポケモンGO』が社会現象となり、さらに人気が加熱しています。

そんな『ポケットモンスター』の実写映画化が決定しました。2018年には撮影が開始されるとの情報も。世界中が待ち望む、その映画の内容などを中心にまとめました。

2:実写映画『ポケモン』のあらすじは?

2016年7月現在、製作が決定したばかりで詳細なあらすじは発表されていません。しかしどうやら任天堂が2016年2月に配信したゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生』を元にしたストーリーになるとのこと。

本作の主人公はお馴染みのポケモン、ピカチュウと少年ティム。二人がライムシティを舞台に事件を解き明かす、というストーリーです。ピカチュウはティムと言葉を交わすことができるため、ゲームの紹介動画にある通り「人語を操る」ことができるのです。

未だキャスト・スタッフなどの情報は公表されておらず、固唾を呑んで見守るばかりとなっています。

3:『ポケモン』ついにハリウッドへ

熾烈な配給権争いの末にポケモン実写化の配給権を獲得したのはレジェンダリー・エンターテインメントです。クリストファー・ノーラン『ダークナイト』三部作や『パシフィック・リム』『GODZILLA ゴジラ』などを製作しています。2016年1月には中国の『大連万達グループ』に買収されました。

ポケモンGOの人気で映画化が難しいとも言われていた

製作決定直前にリリースされたスマホゲーム『ポケモンGO』の影響で、一時実写映画化が見送られるとの話もありました。なんでも実写映画化のライセンス料を遥かに上回る利益を『ポケモンGO』が生み出す、とされていたからだそうです。

4:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の脚本家が参加か

日本でも2014年に公開され大ヒットを収めたのが映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』です。人気の陰には軽妙なストーリー展開を作り上げた脚本家ニコール・パールマンの力があるのは間違いありません。2019年公開予定の『キャプテン・マーベル(原題)』の脚本も担当している注目の脚本家です。

そんなニコール・パールマンが実写版『ポケモン』の脚本家に決まるかもしれない、との情報があります。彼に決まればコメディタッチな作風になることが予想されますが果たして…?共同脚本の噂をされているのはアニメ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』で知られるアレックス・ハーシュです。