2017年7月6日更新

イケメン富豪とアブナイ関係『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』感想まとめ

2015年2月13日に全国公開された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の感想をまとめました。日本でも話題沸騰の今作ですが、内容が過激との噂も飛び交い、恋人と観に行っても大丈夫なのか悩んでいる方も多いはずです。ciatrのレビューを読んでチェックしましょう。

大人気官能小説の映画化

wakamewatts 若くして大企業の社長という実業家・グレイ。なに不自由ないのだが、1つだけ変わった嗜好があった。ある日、大学生のアナスタシアが友人の風邪引きのヘルパーで、学生新聞のインタビューでグレイに合う。グレイはアナスタシアに一目ぼれ。急激に彼女に接近する。しかし、二人の間には理解しがたい暗闇が待っていた。人それぞれに愛情の形が違うが、グレイはかなりの異常な性癖があった。(#15-021)

思ったほど過激じゃないの?

『フィフティシェイズオブグレイ』

hrk_fkym27 思っていたほど、激しくなかった。 時々かかるモザイクw雑でしょー!もっとカメラワークとかで何とかならなかったのかなぁ。モザイク出てくると、現実世界に戻されるwでも、普通の恋人同士みたいな雰囲気は素敵で。支配しようとする男、嫌いじゃない!惚れるわーかっこよかった!
Ikeno__Takeaki ドSセレブと女子大生(処女)の官能映画のはずが、ダメダメメロドラマ。処女がセレブイメケンに憧れ、SMの世界を触りだけ体験。両手を縛られ孔雀の羽で優しく撫でられてるまでは「あは〜ん」と喜んでいたけれど、ドSイケメンが本気出して思いっきりムチでひっぱ叩いたら、私付いてけない!目が覚めました!、ってなんだよこれw。ナインハーフ的なオシャレ感も無し。地雷映画。

ボカシが不評・・・。

『フィフティ・シェイズ・オブ・フリード』

mizukii んー、本当に中途半端。 もっと色っぽくするならする、恋愛の心情を描くなら描いてほしかった。どっちつかずだし、あの雑なモザイクはない。ムードぶち壊しもいいとこ…撮り方でなんとかならないのかなあ。ひどい。

結局どっちも変える気はなく、変える必要もなし。お互い何に惹かれたの?って全く感情移入できなかった。

Bloomin

もっと、ドキドキしたかった。

愛するが故の、という 全ての前提となるそこの描写が足らない。

だって、グレイが ただのヘンタイサディストだったよ。

プレイルームのシーンが多いのは構わないけれど、 何度も登場する黒モザイク(もはや顔まで覆ってしまっていた)に、 こっそりハレンチなものを 観てしまっているような背徳感。

ムーディーさの欠片もなくって、 だったら 絡まる映像をぼやかして あの溶けるほど熱い台詞を浴びたかった。

全体的に残念だったけれど、 飽きなかったし 続きが気になる。

原作を読んだ人は?読んでない人は?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

chocolateammt 原作は未読で映画を観ました。 期待しすぎていたのか私的にはいまいち。 これは2も出るのでしょうか…思ったほどSMでもなく、グレイがアナのお尻を追いかけるばかりで進展もなく。アナがMに目覚めるわけでもなく、かといってグレイが無条件で人を愛する喜びに目覚めるわけでもなく。何もかも中途半端だった気がします。セックスなどを主題にする映画は私の感覚だとセックスを美や芸術的に表現しているものだったので、そう意味でもいまいちでした。 もっと匂いが立ち込める様な心臓が脈打つ様なものが欲しかったです。 2が出るのならば期待してます。 あと皆さまの意見同様、モザイクの雑さは本当に酷い…あれで現実にかえる。

小説の方は評価がとても高いのでそちら方を読んでみようかと思います。

Ryoko_Hashimoto 原作が良かった為鑑賞。小説を2時間にまとめなくてはならないから内容の省略が多いのは仕方ないとして(笑) あの雑なモザイクにはショック…。今時あのモザイクは無い!あの黒いボカシのせいで映画の雰囲気がぶち壊し&チープになってしまう。R18にしてもっと手のこんだモザイクにしてほしい(笑) 主役の二人は原作のイメージ通りで文句無しです。 それとラストはナインハーフ系だけど続編作るとか作らないとか…
pupil_f27 愛し方は違うけれど、互いを求め合う二人。クリスチャンの威圧感に惹かれた。愛し方の違いを苦悩している点についてはアナの描写の方が印象的。モザイクが大胆すぎてちょっと邪魔してた点は残念だった… どんな恋愛も自分を見つめる機会になるし、人はやっぱり他人からの影響を受けて今の自分があるんだなあとふと思った。原作読んでみようかと。あと男性からの意見が気になるところ!

もちろん面白かった、という声も!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

Yousuke_Koizumi CM多くやってたので、気になり観賞してきました。 見た人によって、全く意見は違うのかと思います。 後、モザイクの激しさと役者が身体張って演じてる感もハンパなかったかと。

相手に自分の欲しいもの全てを求める恋愛は、難しいし自分もしんどくて。 育った環境や考え方が全く違うから、 自分と考え方や視点が違う人がおったりして、 それを知るのが又おもしろかったりもして という事に最近やっと気づいて。

だからこの映画を見て、アナの用にその人の考え方や個性に歩みよろうと出来る人は魅力的やと感じました。

又、原作は3部作あり今回は1作目の映画化との事なので最後はハッピーエンドになることを祈りつつ読んでみようかなぁ。

Yuko_Nakanou 絶妙!!!な飴と鞭。 ミステリアスでとびっきりリッチなハンサムさんがサディスティック、 一度はこんな男性に振り回されて支配されてみたい恐らく多くの女性の願望を満たしてくれます。 紳士な立ち振る舞いから、ちらちら見せる強引さたまりません。されてみたい。

ストーリーには何も求めなくて良いぐらい、主人公のアナスタシアの全てが美しく可憐でした。