2018年9月26日更新

夢をあきらめない人になろう!ウォルト・ディズニーの名言集

ディズニーランドの創設者であり、ミッキーマウスの生みの親・ウォルト・ディズニーが多くの人生の挫折の中で生み出してきた名言をあつめてみました。

ミッキーマウスの生みの親、ウォルト・ディズニー

誰もが知っている人気者・ミッキーマウスの生みの親。それがウォルト・ディズニーですよね。 でも彼のすごさはそれだけではないんです。

19歳からアニメーションを手掛け、1928年にはミッキーマウスを生み出しただけではなく、壮大な夢であった大人も一緒に楽しめる夢の国ディズニーランドを作り上げました。

現在でも世界中で愛されているテーマパーク、ディズニーランド。人の裏切り・重ねる倒産・想像以上の苦難の中でウォルト・ディズニーがその夢を追いかけ続ける意志は時に名言となって現れました。

そんな彼の名言をご紹介したいと思います!

行動することの大切さを伝えた名言

夢を現実にするのは人である。

夢を実現するために必要なものは、偶然でも奇跡でもなく人がその夢に向かって動くこと。どんな人でも、誰よりもすばらしい場所を想像を夢に見ることができ、設計することができるし、その世界を建設することもできる。

でも夢に向かって動かなければ、現実にはならないという名言。

成功する秘訣は「自分でやってみること」

ウォルト・ディズニーは、多くの人に成功するための秘訣を聞かれたといいます。夢を実現するために、失敗したくないし、成功した人の意見を聞きたいと思うのは普通ですよね。

でも、ウォルト・ディズニーの答えは、「自分でやってみること」。チャレンジすることで失敗するかもしれないが成功もできるという名言。

夢をかなえるために必要なことを伝えた名言

夢をかなえる秘訣は4つの「C」。 「Curiosity―好奇心」「Confidence―自信」「Courage―勇気」 そして「Constancy―継続」である。

夢はあきらめなければ叶う。そう信じていたウォルト・ディズニーがだした夢を叶えるための秘訣。最後に、「継続」という言葉をだし、続けることの重要性を伝えました。

いつだって忘れないでほしい。すべては1匹のねずみから始まった

夢を実現するために必要だったのは、とてつもなく大きな夢ではなくほんの些細なきっかけだけ。それはウォルト・ディズニーにとっては、小さな小さな1匹のねずみだったけれど、夢を追い創造を続けた結果、今や世界を魅了する人気者のミッキーマウスになったんですね。

経営者としても残している素晴らしい名言

必死に戦っているときよりも、うまくいっているときのほうが心配

本当に怖いのは、すべてが順調に言っているとき。大丈夫だと過信しているときが、一番足もとを救われやすいことをウォルト・ディズニーはわかっていました。 常に現状に満足せず、想像力がある限りディズニーランドも完成しないと言い切りました。

進化することの素晴らしさ、夢を追い続ける力がみなぎっている言葉ばかり。 「どうせ」「結局」なんて言葉を使わずに、一生懸命に取り組んできたからこそ、ウォルト・ディズニーの成功があったのですね。