ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』あらすじ・キャスト【新垣結衣主演】

2017年7月6日更新

2016年10月11日放送開始の火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。主演に新垣結衣を迎えた今回のドラマは、25歳の妄想女子がひょんなことから「契約結婚」し、秘密の新婚生活を送ることになるという新感覚の物語です。

ガッキーが契約結婚?!新ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

2016年10月からTBS系で放送が決定したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。主人公の森山みくりは、大学院を卒業したものの就職難に見舞われ、ひょんなことから独身会社員・津崎と「契約結婚」することとなった25歳の妄想女子です。

原作は海野つなみ作の同名マンガです。主演に新垣結衣を迎え、ビジネスドラマともラブコメディともとれる新感覚な今回のドラマ。『掟上今日子の備忘録』以来ちょうど1年ぶりとなるガッキーの演技にも注目です。

気になる視聴率は?

第1話から10.2%という2桁の高視聴率を記録し、話題となりました。この数字はTBSで放送されている火曜ドラマ枠の視聴率としては歴代最高です。2016年に同じ時間帯で放送された他のドラマとしては『重版出来』や『ダメな私に恋してください』などがあります。

第1話(10/11放送) 10.2% 第2話(10/18放送) 12.1% 第3話(10/25放送) 12.5% 第4話(11/1放送) 13.0%

『逃げるは恥だが役に立つ』あらすじ

大学院を卒業したものの、就職難から内定を1つももらえず、結局派遣社員となった25歳の女子・森山みくり。しかもその派遣を切られてしまい、路頭に迷っていたところ、見かねたみくりの父が、会社員・津崎平匡(つざきひらまさ)の家事代行の仕事を取り付けてきます。

けれどもあることからその家事代行の仕事まで失いそうになったみくりは、津崎に「就職という意味で結婚するのはどうですか?」というとんでもない提案をします。

しかもその提案を津崎が受け入れ、「夫は雇用主」「妻は従業員」という秘密を抱えながら不思議な新婚生活が始まるのでした。

『逃げるは恥だが役に立つ』メインキャストはこの2人

森山みくり/新垣結衣

就職難から事実婚をしてしまった25歳の森山みくり。原作では、大学では心理学を専攻し、院で臨床心理士の資格をとったという設定になっています。また妄想癖があり、しばしば自分の妄想に浸ってしまいます。

そんな彼女を演じるのは、ガッキーの愛称で親しまれる新垣結衣。モデルとしてデビューしましたが、2005年に放送されたドラマ『ドラゴン桜』で一気に知名度を上げます。その後も『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、『リーガル・ハイ』等数々のヒット作で主演を初めメインキャストとして出演し、女優としてのキャリアを順調に積み上げています。

シリアスや役柄から、コミカルな役柄まで幅広く演じ分ける彼女ですが、今回はどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

津崎平匡/星野源

35歳で今ま恋愛経験なし、IT企業に勤める真面目なサラリーマンの津崎平匡。「プロの独身」と自負し、みくりと結婚の契約を交わし同居生活が始まっても「仕事」と割り切って生活できると考えています。

そんな現代の草食男子を演じるのは、歌手、文筆家、俳優としても活躍する星野源です。俳優としては、映画『箱入り息子の恋』や『地獄でなぜ悪い』の演技が評価され、第37回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞する等高く評価されています。連続ドラマでラブコメを演じるのは今回が初めてだそうです。

『逃げるは恥だが役に立つ』その他のキャスト

風見涼太/大谷亮平

津崎の会社の後輩で、クールなハイスペックイケメン・風見涼太。女性にはモテますが、結婚に対しては冷めた価値観を持っています。みくりに近づき、徐々に距離を詰めることによって、津崎をやきもきさせる恋敵になるようです。

風見涼太を演じるのは、逆輸入イケメン俳優の大谷亮平。韓国で俳優活動を行っていましたが、2016年4月からは日本でも精力的に活動しています。本作は大谷にとって日本では初となる連続ドラマ出演になり、「第2のディーン・フジオカ」と話題の彼に注目です。

土屋百合/石田ゆり子

みくりの叔母であり、理解者でもある土屋百合。「おばさん」と呼ばれることを嫌い、みくりにも「百合ちゃん」と呼ばせています。アラフィフで独身、バリバリのキャリアウーマンで、みくりのサポート役としてよく相談にのっています。

土屋百合を演じるのは、石田ゆり子です。1988年に女優デビューし、2005年には映画『北の零年』で第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。1999年には妹で女優の石田ひかりと共に個人事務所を立ち上げ、女優としてだけではなく、社長としての顔もあります。

沼田頼綱/古田新太

津崎の会社の同僚で、彼に想いを寄せていたこともあるゲイの沼田頼綱。みくりと津崎の関係を、なにかと詮索するようです。料理が得意なことなどから、みくりとも打ち解けていきます。

原作でもひときわ存在感がある沼田役は、古田新太が演じます。劇団新幹線に所属し、舞台ではもちろん、テレビや映画でも多く活躍する個性派俳優です。『木更津キャッツアイ』シリーズ、『あまちゃん』等宮藤官九郎脚本作品の常連でもあります。

日野秀司/藤井隆

津崎の会社の同僚で、彼が結婚したことを知りみくりに会いたがりますが、自分の家族サービスで忙しくドタキャンばかりになってしまう日野秀司は藤井隆が演じます。

吉本新喜劇で活躍し、芸人としてテレビに出ることが多かった藤井ですが、俳優としても活躍しています。2016年1月からはNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演しています。

森山栃男/宇梶剛士

みくりの父親、森山折男を演じるのは宇梶剛です。もともとは暴走族でしたが、少年院に入ったことで改心、そして俳優を志すようになりました。1980年代後半からトレンディドラマに端役として出演するようになり、徐々にテレビや映画での出演作が増えていきました。

森山桜/富田靖子

みくりの母親・森山桜は富田靖子が演じます。富田は、1983年の中学生の頃にオーディションに合格しデビューした、ベテラン女優です。2000年頃までは主演も多く務めていましたが、近年は脇役が多く、家庭と両立させながら活動しているようです。

田中安恵/真野恵里菜

みくりの親友で元ヤンの田中安恵を、真野恵里菜が演じます。2013年までアイドルとしてハロー!プロジェクトに所属し活躍していましたが、卒業してからは女優として多くの作品にコンスタントに出演しています。

梅原ナツキ/成田凌

百合の会社の後輩、梅原ナツキを成田凌が演じます。『MEN'S NON-NO』の専属モデルとして2013年から活躍し、2014年に俳優としてデビューしました。まだ俳優としてのキャリアは浅いですが、注目のイケメン俳優です。

堀内柚/山賀琴子

梅原と同じく百合の会社の部下である堀内柚を、2016年ミス・オブ・キャンパスに輝いた山賀琴子が演じます。2016年5月より、芸能事務所の研音に所属し、演技は本作が初めてのようです。

主題歌を歌うのは「チャラン・ポ・ランタン」

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニング主題歌を担当するのは姉妹ユニット“チャラン・ポ・ランタン”。独特な雰囲気が伝わってくるユニット名ですが、楽曲、演出、衣装なども個性的!

ボーカルを担当するのは姉のもも。妹の小春は7歳から習っているというアコーディオンで不思議な魅力を演出します。過去にはPUFFYのヒット曲『アジアの純真』や電気グルーヴの『Shangri-La』をカバーしたこともあり、活動の幅は広いようです。

ゴールデンドラマの主題歌に抜擢された二人は、興奮したと話していました。

お話もらった時は純粋に、「ガッキー(新垣結衣さん)と星野源(さん)のドラマのオープニング!?」と興奮しました。 私たちは主人公のみくりと同世代でもあるので、そんな自分とも遠くない、 自分にとっても楽しみであるドラマの始まりを彩る曲を歌えることがとても嬉しいです!
引用:natalie.mu

キャスティングに『逃げるは恥だが役に立つ』原作者も歓喜

原作ファンも待望の実写化という今回のドラマ。主演を飾るのが新垣結衣ときいた際には、原作者の海野つなみも大喜びしたそうです。

「まだドラマ化も決まってない初期のころから、友だちと勝手に妄想キャスティングで『みくりちゃんは新垣結衣ちゃんとかどう?』『いや~ガッキーがやってくれるなら百点でしょ!』とのんきに言っていたので、本当に新垣結衣さんでドラマ化と聞いた時はとてもうれしかったです」
引用:mdpr.jp

また、ドラマ化の発表は2016年6月でしたが、なんとその話自体は1年以上前からあったそうで、海野は「やっと公表できて安心した」ともコメントしています。

脚本は『空飛ぶ広報室』の野木亜紀子が担当

『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本は、野木亜紀子が担当することでも注目です。野木は新垣結衣が主演を果たした『空飛ぶ広報室』や『掟上今日子の備忘録』を初め、映画『図書館戦争』や『重版出来!』等数々の話題作の脚本を務めています。

野木は『図書館戦争』の1作目、『空飛ぶ広報室』と原作・有川浩の実写化作品の脚本を続けて手掛けましたが、有川に原作を正しく読み解きエピソードを取捨選択する手腕を高く評価されています。

ガッキーのダンスが可愛すぎる!エンディングの出演者によるダンスが話題

エンディングでは、主題歌である星野源の『恋』に合わせたキャスト陣によるダンス映像が流れます。そこでの新垣結衣のダンスがかわいいと非常に話題になりました。

このダンスはもともとは主題歌『恋』のPVで星野自身とダンサーたちが踊っている振り付けです。それをドラマ出演者が勢揃いで踊っているのですが、その中でも新垣結衣がとくに目立ってかわいいとして放送終了後から話題となりました。

やはりガッキーのかわいさが目立ってしまいますね!