2017年7月6日更新

みんなが夢見るストーリーがここにある!海外サイトが選んだロマンティック・ムービー16選

私たちが恋愛映画を見る時、その感動的なストーリーと女優や俳優たちの演技によって何か心を惹かれるものがありますよね。その中から、海外サイトがおすすめするみんなが見たくなるに違いない、そんなロマンス映画16選を紹介します。今夜はこの中で気になる一本を見て、様々な愛の形に夢見てみませんか。

この記事の目次 [閉じる]

シンガーと警官という異色の二人の間に芽生えた恋の行方に注目!音楽インディドラマの周作『Beyond The Lights』

日本では未公開のこの映画。シンガーを夢見る女性と若き警官という接点があまりない二人の間に生まれる偶然の出会い。「運命」ともいえる出来事から発展していく恋愛模様には夢見る女性も少なくないはず。DVDを取り寄せてでも見ていただきたい作品です。

ノスタルジックなモノクロ映画で描かれる名俳優と女優の卵の恋に最後まで目が離せない

irisshoko これ斬新でおもしろかった! レトロ感がたまんない!! セクシー 演技力すごいなー表情の出し方すごい ゴテゴテのラブストーリーというか、そもそもラブストーリーってかんじがしない もう一度見たいと思う映画

音楽、ダンス、そしてラブロマンス。言わずと知れたミュージカル映画

irisshoko ミュージカルの王様!!大好き ロミオとジュリエットに着想したストーリー それぞれの個性が強く、曲やダンスにうまく反映されている 名曲の数々 ダンスが素晴らしい 出会いの場面の演出は、一目惚れを経験したことのある人ならばだれでも共感できる ロミオとジュリエットとの共通点、相違点を探しながら見るのもおもしろい

突如大金を手にした青年とそんな彼が愛した女性との恋愛の行方は?

borderlineo クイズ番組で大金を得そうになった青年への脅迫という程度の予備知識しかなかったのだけど、スラムの描写があったりして、厚みのある映画でした。

世界中の人々が恋に落ちた、難病を抱えるカップルの泣ける重愛映画

nonbiri_yo 末期ガンに侵された少女と骨肉種で足を失った少年の儚くて切ないラブストーリー。難病ものだけど、それを感じさせない明るい雰囲気で物語が進んでいく。彼がとても前向きで彼女に生きる楽しさを教えようとしているところがすごく素敵だった。病気でも恋愛はできるんだと感じさせてくれる映画。

ただの大人の恋愛だけじゃない、コメディもたっぷりハートフルストーリー

Saki_Shibata 古き良きアメリカ。 ラジオ番組と息子が恋のキューピッドな話。

2人の高校生のひと夏の思い出。甘酸っぱい青春ラブストーリーに誰もが釘付け!

irisshoko かっこいい!!!あのかんじを体験したい!あんな青春にあこがれ!私も残りの大学生活をエンジョイしよう!笑 ウェストサイドストーリーの次に好きなミュージカル。 ダンス、歌、演技すべてがかっこいい! ミュージカルって人を惹きつける魅力があるなあー!

古き良きハリウッド映画で描かれる深く美しいストーリーにうっとり

southpumpkin 名台詞のオンパレードだし主人公リックは粋でカッコイイし、本当に60年も昔の映画かよ、と思いました。名作は色褪せないのですね、素直に面白かったです。カサブランカ、という第二次世界大戦下におけるフランス領モロッコを舞台にしているため、ある程度歴史的背景に知識がなければいけません。高校の時、世界史を一年足らずで放り投げた僕にはやや厳しいものがありましたが、それはそれで楽しめましたんで躊躇している方は挑戦してみてください。 9割位の洋画は字幕で鑑賞するんですけど、今回はどうしても「君の瞳に乾杯」が聞きたかったので吹き替えで鑑賞です。しびれました。また他のレビューにも有りますが「そんな昔のことは忘れた。そんな先のことはわからない。」ってのがかなりビビビッときます。次回は字幕で鑑賞します。 ラストの解釈もやや分かれているようです。含みを持たせる辺り、さすが不朽の名作です。

近い将来、こんな恋愛の形もアリ?声だけの人工知能との間に芽生えた男の恋

Ken_Chang 妻と別居中の男が感情豊かな人工知能OSと恋をします

噂には聞いてましたが、とてもとてもとても美しい映画でした(^^)

個人とインターネットの繋がりが強固になって、より孤、夜の寂しさが強調される近未来

映画でもみーんなヘンなイヤホンと話してて、人と触れ合ってる感があまりないのが印象的ですし、頻繁に映し出される都会の夜景がさらに孤独を浮かばせます

エレベーターの影絵や、その時代に流行っているだろうハイウェストファッション、カラー、スマホに代わるガジェットのデザイン、いたるところにスパイク・ジョーンズ先生のミュージックビデオを見ているような丁寧なこだわりがあって、世界観もしっかり出来てました

人は恋をするとき、容姿とか過ごした時間とか、性欲とか感性とか、よくありますけど、もしかしたら他人にはちっぽけに見える溝、でも苦しんでる、その溝を、今、どれだけ理解して埋めてくれるか、なのかも

例え愚かな勘違いから始まったとしても、寂しさや孤独を埋めてくれるその優しさを好きになる気持ち、人間と人工知能の違いなんてないんじゃないですかね…

声だけの彼女、別れのときに私はなんで泣いたんだろう?なんで涙が出たんだろうな…

不朽のラブロマンス。ディカプリオとウィンスレットの演技には多くの女性が虜になること間違いなし

southpumpkin 身分の違う男女が豪華客船の上で愛し合いますが…

今までこの名作を観ずして映画ファンを語るのは真抜けてありました。見る人によっておそらく感想は違うでしょうが、恋愛経験の薄い僕としては、生への執着が印象残った。二度男の人に助けられた女の人の心情は一度目と二度目では全く異なるという壮大なアシンメトリーを見せてもらうことができました。 音楽もかなり効果的。船長さんと音楽隊の最後が心に残っています。衝撃的な映像と美しい音楽の対比も心に直接訴えかけてきます。 結婚してから、子供できてから、と節目節目で観たい映画。

戦争の時代に芽生えた波乱万丈な恋愛模様に注目

Riyon_Yamamoto ワガママな女の子って魅力的と思える作品。昔の映画だけど、錆びない面白さ。でもラストがあり得なくて、それが逆に印象に残る。

多くのユーモアと男女の恋愛模様を描いたコミカルムービー

igagurichan ニューヨーク・ブルックリンのイタリア系社会の人間模様を描くロマンチック・コメディ。 アカデミー主演女優賞、助演女優賞、脚本賞を獲得してます。

ニコラスケイジとシェールがオペラデートへ行くシーンがとても好き。 ラストはハラハラしながらも、何じゃそりゃあ~!と少し驚く展開ですが、終わり良ければ全て良し!かな。 しかし、イタリア人って…

気遣いを苦痛に思う青年と、そんな彼が愛する等身大のラブドール。そして彼らを取り巻く人々が彼らの恋愛に対して抱く感情には最後まで目が離せない

Shoko_Mameta 主人公のラースとその彼女である“リアルドール”のビアンカ。 精神の病を題材にしている映画ですが、決して重くなく、心温まるストーリーでした。 ラースの家族、職場の同僚達や街の人々の愛を受ける主人公の心の変化も見所の一つです。 是非オススメしたい作品です。

最愛の人を失くして心が壊れた男女が立ち直ろうとする、悲しくも笑顔溢れる物語

nieve822 妻の浮気が原因で躁うつになった男と、夫の死が原因で精神を病んだ女。この話の登場人物はみんな変だ。でもみんな愛おしい。生きることに不器用で、でも一生懸命で。傷付けるつもりはないのに、相手を傷付けて。でも人ってみんなそういうもんでしょ。完璧じゃないからいいんだよ。ラブストーリーでありながら、重いテーマ。その絶妙なバランスがいい。先は読めるけど、ラストへの盛り上がりと、音楽とかの細かい演出も◎ そして何と言ってもJローレンスが魅力的。デニーロはさすがだし、Bクーパーも上手い。ママはアニマルキングダムのバアさんw全然ちゃうやんw欲を言えば、最後のダンスシーンはもう少し派手にみせてほしかったかな。

トム・ハンクスが演じた名作の一つ。正直で心優しいフォレスト・ガンプの学生時代、戦時中の出来事など数多くのエピソードを描いた心温まるハートフル・ストーリー

Akihito_Ashiba フォレストの真っ直ぐで優しい性格が非常に観ていて気持ちがいい。 時には過去の事件や歴史上の人物と共に展開していく。 決していい事ばかりではないが、やること全てがいい方向にいくので、思わず「嘘だろ?」と笑ってしまう場面も。でもそこがいい。温かい気持ちにさせてくれる。

ファンタジーが好きな人は必見!おじいちゃんが孫に聞かせる真実の愛を誓い合った男女の、子どもにも大人にもオススメのファンタジー

Satoko_Suzuki 大好き!! これも心のベストテンには入っています。コスチューム・ファンタジー好きは絶対観るべき作品でしょう。 おじいちゃん(ピーター・フォーク)が孫に聞かせるお伽話、という設定なので、基本なんでもアリです。CGのない時代に、これだけの冒険ラブファンタジーを創った心意気に泣きます。当時見た時も、ちょっとしょぼいな、この怪物、とかペラペラのセットとか突っ込みどころは山程あれど(もう今みると微笑ましいくらい)、それを補って余りある、シャレの効いたセリフや素晴らしいストーリー。 主人公を助ける仲間が父親の仇をとるシーンはもう拍手モノ。勧善懲悪、大団円なので安心して観れちゃいます。

これ、意外にハリウッドスターたちのお気に入り映画らしいです。