2017年7月6日更新

佐藤栞里のショートがかわいい!バラエティで人気を誇る秘密に迫る

『ピチレモン』の専属モデルとしてデビューし、その後も多くのファッション誌に登場する佐藤栞里。近年ではバラエティ番組でめざましい活躍を見せ、大注目を浴びています。今回は、そんな佐藤栞里についてまとめてみました。

バラエティで大活躍の佐藤栞里って?

佐藤 栞里(さとう・しおり)は、埼玉県出身、1990年7月27日生まれのモデル・タレントです。

複数のファッション誌で活躍していますが、親しみやすいルックスとやや抜けたところのある絶妙なトークが人気を呼び、バラエティ番組でも引く手あまたの存在。

長身で明るく活発なイメージの佐藤は、中学ではバスケット部に所属。そのため特技はバスケットで、ほかにスノーボードも得意なのだとか。自分で出来る簡単な体操やウォーキングでスタイルをキープし、愛犬と遊ぶこともいいエクササイズになるそうです。

今回は、そんな大注目のモデル・佐藤栞里についてまとめていきましょう。

モデルとしてキャリアをスタートした佐藤栞里

佐藤栞里のキャリアのスタートは、2001年、11歳の時に遡ります。ファッション誌『ピチレモン』のオーディションでグランプリを受賞し、同誌の専属モデルとして活動。その後『PINKY』や『non-no』の専属モデルも経て、『MORE』をはじめとする様々なファッション誌にも登場するようになりました。

バラエティ番組へ本格的に進出したのは『non-no』を卒業した2012年頃から。勇気を持って専属モデルを辞め、新しいジャンルの仕事に挑戦したことが近年の活躍を導いています。

「朝までハシゴの旅」で人気爆発

佐藤がバラエティでブレイクするきっかけとなったのは、所ジョージがメインMCを務める『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』での「朝までハシゴの旅」のコーナーでした。

同コーナーの撮影は金曜日の夜。五十音カードで決めた駅まで向かい、最終電車が過ぎても飲んでいる人々の輪に入り朝まで居酒屋をハシゴするという内容。一人5000円という予算の中で、撮影場所までの交通費や飲み代をまかなうというルールです。

佐藤が2014年6月から登場すると、一気に人気沸騰。お酒はあまり強くないようですが、初対面の人々に気さくに接する飾らないキャラクターが好感度を高めました。その大きな反響から番組のサブMCに抜擢され、2015年10月からは司会としても活躍しています。

佐藤栞里のインスタ画像がかわいい!

写真がメインのSNS・インスタグラム。多くの芸能人も活用し、投稿された画像が話題となっていますが、佐藤栞里のインスタ画像がかわいいと評判なのだとか。

佐藤といえば、ナチュラルな眩しい笑顔。インスタグラムにもその笑顔や元気が満載で、見ているだけでこちらもハッピーになれそうです。是非フォローしてみてはいかがでしょうか。

ショートの髪型が似合いすぎる

佐藤の魅力のひとつ、トレードマークのショートヘアー。ボーイッシュでありながら愛らしさも備えたショートスタイルは、活動的なイメージの佐藤にぴったりです。

過去にはロングの時代もあったそうですが、佐藤栞里はやっぱりショート。とびきりの笑顔とセットで最強のアピールポイントになっています。

役者としての今後も?ドラマ『コウノドリ』に出演

モデル業やバラエティと大活躍する佐藤ですが、女優にも挑戦しています。

2015年にTBS系で放送された『コウノドリ』。鈴ノ木ユウの漫画を原作に、 綾野剛の主演でドラマ化された作品です。産婦人科を舞台にした同作の第3話に、佐藤はゲスト出演しました。

渡辺徹と榊原郁恵の長男・渡辺裕太と夫婦を演じ、鴻鳥サクラ医師(綾野剛)にハワイ旅行を相談する妊婦の根岸若菜役を務めています。今回は脇役でしたが、これをステップに本格的に女優活動が開始されるかもしれません。

映画『ペット』で声優に挑戦する佐藤栞里!

さらに佐藤のチャレンジは続き、2016年8月11日公開のアニメ映画『ペット』では声優に初挑戦しています。

『ペット』は、名作『ミニオンズ』を生んだスタッフが手掛けた最新作。飼い主が家を空けた後のペットたちの大胆で意外な行動をキュートかつコミカルに描き出しました。

佐藤が声を務めるのは、ニューヨーク在住の女の子、犬のマックスの飼い主・ケイティです。佐藤自身も愛犬を可愛がっているそうで、感情を込めながら自然体で演じられたのではないでしょうか。

本作の主人公であるケイティの犬・マックスの吹き替えにはバナナマンの設楽統、ケイティの家に引き取られる大型犬・デュークを設楽の相方・日村勇紀が担当し、佐藤演じるケイティとの愉快な掛け合いも楽しめそうです。