北村優衣、『ワイドナショー』で注目の大人びたティーン女優の魅力に迫る!

2017年7月6日更新

2013年から活動を始めた女優・北村優衣。現役高校生で、これからの成長が期待されるティーン女優でもあります。そこで、大人びたルックスからも注目を集める北村優衣の魅力に迫ります!

北村優衣のプロフィール

北村優衣は、1999年9月10日生まれ、神奈川県出身の女優です。

2013年に行われた「レプロ次世代スターオーディション」に合格したことをきっかけに芸能界デビューしました。

2013年からドラマや舞台、映画などに出演。2016年には、『日立 世界・ふしぎ発見!』や『ワイドナショー』といったバラエティー番組にも出演し、注目を集めています。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』に出演!

『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2015年12月23日にスペシャルドラマとして日本テレビ系列で放送。この作品は、映画化にともなって作られた前日譚でもあります。

映画版は、2016年2月27日より公開されました。

『別冊フレンド』に連載中の少女漫画を原作に制作された作品で、主人公・赤羽由宇を小松菜奈が演じています。高校デビューした赤羽由宇が入る学生寮。そこで、黒崎晴人(中島健人)と白河タクミ(千葉雄大)と出会うことから物語が始まります。

北村優衣は、ドラマでは女子高生・森コマとして出演。映画でも現役女子高校生ゲストとして登場しました。

映画『HANA』ではリアル女子高生に

映画『HANA』は、2016年6月に上映されたされたショートフィルム作品です。

内容は、女子高を舞台に主人公・ハナがコンプレックスを克服していくというもの。小さい胸を気にするハナが、友達から胸が大きくなる薬を貰うという物語で、10代の繊細な部分が描かれている作品となっています。

原作となっている結城紫雄の短編小説は、芥川龍之介作の「鼻」を書き換えた作品です。「鼻」は、主人公が大きな鼻を持っていることで傷つけられ苦しむ姿が描かれていました。

映画『HANA』で北村優衣は、女子高生のひとりとしてキャスティングされました。

「ワイドナショー」出演で話題に

『ワイドナショー』は、フジテレビ系列で放送されている情報バラエティー番組です。

その中で『ワイドナ現役高校生』は、高校生ゲストが持論を展開。その年代ならではの意見を聞きながら番組が進められます。

この番組に北村優衣が出演。大人っぽい整った顔立ちと、しっかりしたコメントから、出演者の松本一志や東野幸治らがツッコミを入れたりといった盛り上がりを見せ話題となりました。

大人びたルックスがかわいい!

『ワイドナショー』では、出演者に「16歳!?」と驚かれたほど大人っぽいルックスです。

大人っぽいとは言え、16歳の北村優衣。その表情から10代の可愛らしさも感じさせます。

北村優衣の父親はトミーズ雅?

北村優衣の父親は、お笑い芸人として活躍するトミーズ雅!父親似ではないのか、意外な事実のようにも思えます。

父親とのエピソードといった話をほとんどしていないようなので、尚更かもしれません。これからは、トミーズ雅との親子の関係にも注目です!

TEE「恋のはじまり」の北村優衣が素敵

2016年、TEE「恋のはじまり」のミュージックビデオに出演しました。

TEEは、2010年に「3度のメシより君が好き」でメジャーデビューしたシンガーソングライターです。「恋のはじまり」は、10枚目のシングル。この曲のミュージックビデオをTEEの友人でもある山田孝之が監督したことで話題にもなりました。

ミュージックビデオ制作時には、山田孝之から演技指導を受けた北村優衣。完成した映像などを見た山田孝之は「いい顔するわー」などと話し、評価していました。