秘められていた真実が時を経て解き明かされる、映画『小さいおうち』感想・評価まとめ

2017年7月6日更新

第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化した『小さいおうち』。今回はそんな本作の様々な感想や評価などのレビューをまとめました。

有名小説を映画化、秘められていた真実が時を経て解き明かされる

第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタルジックに描き出す。松たか子、黒木華、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子ら、実力派やベテランが結集。昭和モダンの建築様式を徹底再現した、舞台となる「小さいおうち」のセットにも目を見張る。

昭和のモダンな雰囲気が絶妙!

1014125_639754436084763_603601602_n1

wakamewatts 山田洋司監督のアットホームドラマだ。昨年の「東京物語」と同じようなキャストではあるが、戦時中の昭和のレトロな雰囲気の中で、モダンな小さなおうちで起きた甘い出来事だ。若くして女中奉公に上がったタキは、奥様トキとその夫と子の3人家族の家で仲良く勤めていた。タキが年老いた今、自叙伝を綴りながら当時の物語が展開する。主人はおもちゃ会社の重役、その会社に入社した青年がトキの家に挨拶に来たのが始まりで、やがてトキはその青年に心を奪われる。つまり、よろめいてしまうのだ。タキは二人の間をハラハラしながら取り持っていた。やがて青年に召集令状が届き、最後の別れの時がきたが、周囲の目があって合いにはいけない。タキは小さな胸で大きな決断をする。「寅さん」のさくらのように、優しく思いやりのある女性を描くのだ。(#14-011)
nonbiri_yo 予告を見たときは不倫している奥様をかばってあたふたと動き回る家政婦の話かな?なんて思っていたんですが、全然違ってました。すごく面白かった。昭和の初めのレトロで優雅な感じがすごくおしゃれ、そんな中で繰り広げられたちょっと危険な情事、女中としてずっと平井家に仕えてきたタキの想いが綴られたいい映画でした。タキちゃんがすごくかわいかった。切なかった。
Moto_Ishiduka レトロなかんじが可愛かった。ちょっと切ないけど、後味としてはわるくない。

切ないけども心温まるストーリー

maxresdefault

Taku 現代と過去を行き来する見せ方が、永遠の0と重なった。貧しくて食べ物がない戦時中のトンカツ。イメージの隙間を縫うような感覚。登場人物の振る舞いが、時代ごとに変わっていく。白夜光を観た時にも感じたな。不倫するには当時の街は狭すぎる。でも、惹かれてしまったら止まらない。にも関わらず見合いを勧めなければならない立場。泣ける。
PIANO 昭和の恵まれたモダンな上流家庭に一生懸命尽くす女中さんが健気で可愛かった。奥さんにも板倉さんにもほのかな恋心があったんだろうなあ。切ない。
jamsuke22 帰りの機内で鑑賞。邦画が観たくなって観た。俳優陣で監督は山田洋次さんなんだろうなーと思った。最初はだるかったけど最後にググっとくる感じ。好きな感じです。

『永遠の0』に少し似てる?

3b22f97695b4b038e39b0259245fa9fa

toshibakuon 山田洋次らしい出来栄え。おばあちゃんが自叙伝を執筆し過去を思い出してストーリー展開していき所々で現代のシーンになるのは「永遠の0」の作り方に似ている。奉公先での奥さんの不倫。現代とは不倫の重さが違うであろう時代だかその話だけがメインではないのでドロドロの不倫劇みたいな後味の悪さはない。女中タキさんみたいにまっすぐに人に尽くせる素敵な人は現代にはどれ位いるのだろうか。
iii_beta ジャケットと予告編とでは、だいぶイメージが違い過ぎると思った。 あとは思い出を振り返る撮り方が永遠の0と一致。 みんな黒木華を評価してるけど、うーーん、雰囲気じゃないかなーとか。
Taku 現代と過去を行き来する見せ方が、永遠の0と重なった。貧しくて食べ物がない戦時中のトンカツ。イメージの隙間を縫うような感覚。登場人物の振る舞いが、時代ごとに変わっていく。白夜光を観た時にも感じたな。不倫するには当時の街は狭すぎる。でも、惹かれてしまったら止まらない。にも関わらず見合いを勧めなければならない立場。泣ける。