是非とも映画で見たいマーベル原作漫画のストーリー13選

2017年7月6日更新

マーベル原作の映画化が止まりません!映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は大ヒットをおさめ、来年2017年には映画『ドクター・ストレンジ』の公開も控えています。今回はこれから見たいマーベル原作漫画のストーリー13選を大紹介!

13.シビル・ウォー2

大学生でありインヒューマンズのユリシーズが、完璧な予知能力を持つことになり、その能力をどういう風に使うかでヒーローたちが2つの陣営に分裂するというストーリー。トニー・スタークは未来の罪人を現在裁くべきではないと主張する一方、キャロル・ダンパースは未来の罪人を犯罪を犯す前に裁くべきだと主張します。この対立が物語の軸に。

一方マグニートはユリシーズの完璧な予知能力を良く思ってはいませんでした。マグニートは「ユリシーズの能力」はインヒューマンズにアドバンテージを与えることを恐れていました。そのため世界一恐ろしいミュータントであるマグニートは進んで戦争に参加。そしてマグニートの戦争参加はX-MENの参加をも意味しました。

シビル・ウォー2の映画化が期待される理由はアイアンマン陣営、キャプテン・マーベル陣営、そしてマグニート陣営、三つ巴の戦いになること。本作は期待を超えるものになるでしょう。