あなたの知らないスカーレットヨハンソンの10の事

2017年7月6日更新

世界中で知らない人がいないスカーレットのヨハンソンの秘密について掘り起こしてみました。あなたは、いくつ知っているでしょうか?この記事は海外記事の翻訳です。

スカーレット・ヨハンソンとは

9歳から子役として活躍してきたスカーレットヨハンソンは、今では誰もが知るとても魅力的な女優です。代表作としては、ヒッチコック、ロストイントランズレーションなどが挙げられます。もっともセクシーな女優として知られる彼女は、最近では写真流出騒動などメディアをにぎわせています。今では、フランス人の夫と娘と幸せに暮らしているとのことです。この情報を知っているファンのあなたは次の10個の秘密を知っていますか?

第10位 メデイアでのニックネームを嫌っている。

有名になればなるほど、多くのハリウッド俳優たちがニックネームを獲得しています。スカーレットヨハンソンも例外ではありません。しかし、彼女のニックネーム"ScarJo"は、本人に好かれていないとか。

第9位  彼女は双子である。

世界にスカーレットの様な美貌がもう一人いるとウキウキファンもいるかもしれません。彼女は双子といっても、双子の弟がいるのです。弟のハンターも俳優として活躍しています。

第8位 アイアンマン2のナターシャロマノフの役を本当に欲しがっていた。

"Black Widow"(暗黒の未亡人)として知られるナターシャロマノフ役は彼女の願ってもない役柄とか。

第7位  スカーレットの名前をとったアニメキャラクターと歌が存在する。

本当の有名人になるにはアニメキャラクターや歌の見本になること、とはよく言ったもので。ルーニートゥーンのキャラクターに彼女のキャラクターが存在し、フランスのバンドが歌う曲の名前となっているのです。

第6位  30歳以下の男性と付き合わないと誓ったこと。

まだ10代だった彼女がロストイントランズレーションで共演したビルマーレーの影響かは定かではありませんが、30歳以下の男性と付き合わないと誓ったそうです。その後の彼女の歴代ボーイフレンドをみてみると確かに30歳以下は見当たりません。現在の旦那さんもその誓いを破らない33歳です。

第5位  スカーレットは美しすぎたため、役をもらえなかった。

多くの理由で俳優たちは役を諦めることになります。スカーレットは、スティーグラーソン著の小説The Girl With the Dragon Tattoo の映画版の中のリズベスサランダー役は、彼女の美貌が仇となりもらえなかったとか。

第4位  大統領バラックオバマ氏にメールしていたと勘違いしていた。

スカーレットがオバマ氏を支持しているのは有名なこと。2008年には、彼女が大統領とメールしていると発言したことが理由に大統領本人がその事実を否定することになりました。彼女は誰とメールしていたのでしょうか?

第3位  ケーティペリーの"I kissed a girl" はスカーレットに影響されできた曲である。

ケーティ本人が実体験をもとに作ったこの曲は、スカーレットへの憧れも含まれているとケーティが述べています。スカーレットはそれをうけて、”とても光栄におもうけど、私の唇はもう取られているわ”とコメントをのこしました。

第2位 オスカーの出席客がスカーレットのお尻を食べた!?

2006年オスカーでのスカーレットの衣装は大胆不敵な衣装で登場しました。彼女の衣装とお尻がプリントされたクッキーがアフターパーティででてきたのです。食べない人はいなかったでしょうね。

第1位  豊満なボディのせいで事故にあいそうになった!?

2005年のThe Islandは彼女の代表作とも言える作品ですが、その映画広告のポスターでは写真補正で彼女の胸がかなり大きくされていたそうです。車を運転していたときにその広告ポスターを見てしまった彼女は驚いて危うく車道から外れそうになったといいます。

さぁ、あなたはいくつの秘密を知っていましたか?