2017年7月6日更新

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』続編が作られない理由

©UNIVERSAL

1985年に公開され全米にフューチャー現象を巻き起こした大人気映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。 その後PART2 PART3も爆発的ヒットを記録し、最初に公開されてから30年経った今でも多くのファンを魅了し続けています。 そんな『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズですが、新作を待ちわびるファンの期待にも関わらず 残念ながら新作が製作される予定はありません。 今回はそんなハリウッドを代表する傑作映画の続編が作られない理由にせまりたいと思います!

1.ストーリーは既に完結している

bBack_to_Future_1985_18

最も明確な理由として、それは過去の3部作で物語が完結されているということ。 ドク博士とマーティの冒険物語は過去の3部作で十分に描かれているので、これ以上追及する必要がないということですね。

2.現代に求められるストーリー性との違い

d0307647_10232942

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は過去では主人公が自分の両親をくっつけようと奮闘し、未来では自分の息子が起こすトラブルを回避したりと主人公の身近に起こるハプニングがメインに描かれていますが、 近年に見るSF映画のほとんどが地球滅亡を阻止すべく地球外生命体に立ち向かう主人公の話ばかりです。「地球を救う」という大きなテーマ性が現代のSF映画には求められるため、続編は難しいのかもしれません。

3.ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルの意志

Gale

引用: uk.ign.com

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの監督であるロバート・ゼメキスと共同脚本家のボブ・ゲイルは この映画の続編やリメイクなどは全く考えていない意向を何年も前から発表しています。その理由として、過去の3部作が最高傑作なのでそれ以上のものを続編として作れないんだとか。 バック・トゥ・ザ・フューチャー・トリロジーを誇りに思っているのでそのままにしておきたいという思いもあるみたいです。

ストーリーとして完結し最高の作品を作り上げたのでもう続編は必要ないんですね。しかし『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はスクリーンでは観られませんが、ミュージカルとして2016年に帰ってくる予定です!ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが再びタッグを組み、ミュージカルに合うように少しストーリーを変えているそうです。 スクリーンで観られない分ミュージカルの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に注目です!