2017年7月6日更新

アニメ『ハイキュー!!』3期のあらすじ・登場人物・声優キャスト

2016年秋からスタートする『ハイキュー!!』第3期。ついに県大会の決勝戦で白鳥沢高校と激突する内容のようですが、新キャラクターとあらすじをまとめました。

アニメ『ハイキュー!!』3期が2016年秋からスタート!

男子バレーボールを描いた人気アニメ『ハイキュー!!』。2014年4月に第1期がスタートし、それから2015年10月の第2期と人気を博しています。

そして、2016年10月に放送開始予定の第3期は『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』というタイトルで、主人公・日向の所属する烏野高校と白鳥沢学園高校の対戦を描きます。個性的な白鳥沢学園高校のメンバーがどのようにアニメで活躍するのか、ファン待望の物語の幕開けです。

放送開始日が決定!

ファン待望の第3期、『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』は2016年10月7日(金)よりTBS、MBS、CBC、BS-TBSほかにて放送開始予定です!

アニメ『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』のあらすじ

青葉城西高校に勝利し、迎えた春高予選決勝戦。日向翔陽が所属する烏野高校男子バレー部は、宮城県の王者である強豪・白鳥沢学園高校と対戦します。個性的かつ実力のある白鳥沢の前に、烏野は圧倒され、不利な展開に。

第一セットで白鳥沢のウイングスパイカー・牛島に積極的に攻撃され、翻弄される烏野高校。第一セットで大幅な点差をつけられた烏野は……

3期からの登場人物・声優キャスト

牛島若利/竹内良太

白鳥沢学園3年のバレー部主将で、ポジションはウイングスパイカー。スパイカーとしての実力は県内どころではなく、全国でも3本の指に入ると言われているほどの強敵です。決勝戦の第一セットはまず牛島の猛攻から始まります。

牛島を演じる竹内良太は9月22日生まれの声優。『HEROMAN』や『NARUTO -ナルト-』に出演し、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』や『グレイズ・アナトミー』などの人気海外ドラマの吹き替え、ナレーターなども行っています。

天童覚/木村昴

牛島と同じく白鳥沢学園高校3年でポジションはミドルブロッカーです。「ゲス・モンスター」や「妖怪」、という高校生男子にはあまり嬉しくないあだ名を持つ彼は、「センスと経験」から培った勘と読みでブロックしまくる、というあだ名にふさわしいスタイルで烏野メンバーを翻弄します。

演じる木村昴は『ドラえもん』のジャイアン役でおなじみの声優ですね! ジャイアントは違う「ゲス・モンスター」である天童を木村がどのように演じるのか、それも第3期の見どころの一つです。

五色工/土屋神葉

白鳥沢学園高校1年の五色。ポジションはウイングスパイカーで、まだ一年生にも関わらずスタメン入りし、白鳥沢の次期エースと期待されているところから、彼の実力が感じられます。ストレートの打ち込みの上手さは、影山から「キレキレストレート野郎」と呼ばれるほどです。

演じる土屋神葉は声優兼俳優です。女優・土屋太鳳を姉に持ち、2013年にはジュノンボーイスーパーボーイコンテストで上位100名に入選しています。映画は2009年に『群青 愛が沈んだ海の色』に出演し、声優としては本作が初めてのようです。

白布賢二郎/豊永利行

白鳥沢学園高校2年の白布。ポジションはセッターで、中学時代に牛島のプレーに感銘を受けて白鳥沢へ入学した経緯があります。174.8センチの身長が悩みのようですが、目標は「誰よりも目立たないセッター」。メンバーの中で唯一推薦枠ではない努力家です。

声を演じる豊永利行は1984年4月東京都生まれ。2002年に『ヨコハマ買い出し紀行-Quiet Country Cafe-』でデビューし、2016年現在も『デュラララ!!』や『東京喰種』『文豪ストレイドッグス』でもレギュラーを務める売れっ子の俳優です。

瀬見英太/寺島拓篤

白鳥沢学園高校3年でポジションはセッター。強烈なジャンプサーブを武器としていますが、一方で「自分の力でブロックを振り切りたい」という強い欲求があり、それが白鳥沢のセッターとしては不要な考えのため控えのセッターになっている、という複雑な事情があります。

image13

出典: dffg.info

寺島拓篤は1983年12月生まれ。2005年に『創聖のアクエリオン』の主人公・アポロ役でTVアニメにデビュー。以降は『会長はメイド様!』や『うたの☆プリンスさまっ♪ 』などに出演しています。

大平獅音/丹沢晃之

白鳥沢学園高校3年でバレーボール部副主将。ポジションはウイングスパイカー。牛島ほどではありませんが、ブロックの上から打ち込みができるほどの実力者。強面なルックスのせいか、日向には「弁慶」という不名誉(?)なあだ名をつけられてしまいます。

演じる丹沢晃之(左)は埼玉県出身の声優です。『マギ』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』などのアニメ作品に出演する他、洋画や海外ドラマの吹き替えも多く行っています。

山形隼人/福田賢二

白鳥沢学園高校3年でポジションはリベロ。得点を入れられてもすぐに気持ちを切り替えられるほどの強い精神力を持っています。白鳥沢のスタメンで一番小柄(174.3センチ)ですが、運動量でカバーし、チームのフォローを怠らないムードメーカーです。

福田賢二は1980年3月滋賀県生まれ。2006年の『武士の一分』に俳優として出演し、『遊☆戯☆王ZEXAL』などのアニメで声優を担当したり、洋画や海外ドラマでも多数吹き替えを行っています。

川西太一/大森大樹

白鳥沢学園高校2年でポジションはミドルブロッカー。天童のような派手なブロックはしませんが、相手の動きを見ながらブロックの場所を決めるブロックの使い分けに定評があります。天童にはそれを「雑食ブロック」と揶揄されているようですが、攻守共にこなせる選手です。

大森大樹は1993年2月、神奈川県生まれ。俳優として『法医学教室の事件ファイル』や『永遠の0』に出演しています。声優としては本作が初めての挑戦との事です。

オープニング・エンディングソングも決定!

アニメ『ハイキュー!!』3期のオープニング・エンディング主題歌を担当するアーティストも発表されました。

オープニングテーマを歌うのはスリーピースバンドのBURNOUT SYNDROMES。2期でもオープニングを歌った彼らが新曲「ヒカリアレ」を歌います。

エンディング「マシ・マシ」を歌うのは人気ロックバンド、NICO Touches the Walls。1期でエンディング曲を担当した彼らが『ハイキュー!!』と再タッグを組みます。

『ハイキュー!!』3期の見どころ

個性派ぞろいの白鳥沢高校メンバー!

鳥沢高校バレー部のメンバー。主将で最強の牛島を始め、全員が実力と個性を兼ね備え、決勝戦の相手として充分な存在です。原作のイメージからどのように発展しているのか、彼らがどのような試合を展開していくのが楽しみですね。

烏野 VS 白鳥沢、勝負の行方は?

主将・牛島の繰り出すスパイクやサーブに翻弄され、苦しませられる烏野高校バレー部。烏野高校が強敵をどのように見定め、決勝戦を突破して全国大会へ行くことができるでしょうか?1期・2期共に高い評価を受けてきたアニメ『ハイキュー!!』。3期で日向達の成長と熱戦を見守りたいです。