イギー・アゼリアに注目!生意気だけど美しいit Girl!

2017年7月6日更新

デビューアルバム『New Classic』からのシングル、「Fancy」がBillboard Hot100で7週連続1位を記録したイギー・アゼリア。歌手だけではなくモデルとしても活躍している彼女が2015年大活躍間違いなしです。そんな彼女についてまとめてみました。

イギー・アゼリアってどんな人?

イギー6

出身は1990年生まれオーストラリア。11歳の頃にラスベガスで見たショーガールに憧れます。加えてその頃からヒップホップにも興味を持つようになります。アメリカへの夢が膨らんだイギーは高校を中退し清掃のバイトをしながらお金を貯めアメリカへ飛び立ちました。Youtubeに自身の曲をアップし名前が広まるようになります。「イグノラント・アート」というミックステープで一躍有名になり、2012年女性ラッパーでアメリカ以外の出身ラッパーとして初めてヒップホップ音楽誌XXLの新人リスト10人のうちの一人として選ばれました。

イギー・アゼリア

出典: www.nylon.jp

シングル「Fancy feat. Charli XCX」は全米ビルボード・チャート7週間連続1位を獲得し一躍有名人になっただけではなく、同時期に客演したアリアナ・グランデのシングル「プロブレムが2位となった為、"同一アーティストのシングルが初登場で1位・2位を独占”というビートルズ以来の快挙も達成しています。

ファッショナブルなPVも楽しめるイギー・アゼリアの楽曲

「ファンシー」のPVはアリシア・シルヴァーストーン主演映画で今でもカルト的人気の『クルーレス』がインスパイアされていて、可愛いファッションも魅力的です。

大人気のアリアナ・グランデとのコラボ楽曲「プロブレム」はiTunesチャートで全米1位を獲得しています。

クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル』の世界観を取り入れた内容のPVに注目です。

モデルとしても活躍

モデルとしても活躍しているイギー・アゼリア。抜群のスタイルでどんな服もお洒落にかっこ良くセクシーに、着こなします。また2014年オーストラリア版 MAXIM誌で最もセクシーな女性にミランダカーを押さえ一位に輝いています。

個性的なファッションが多いためパリコレクションでフロントロウを飾るなんていう場面も。スタイルも良くセクシーでおしゃれなイギー・アゼリアは、多くの女性から指示を得ています。

イギー3

イギー5

『ワイルドスピード7』にカメオ出演

イギ― アゼリア

出典: www.mtv.com

2015年に公開されたヴィン・ディーゼル主演の映画『ワイルド・スピード』シリーズ最新第7弾に出演しているだけではなく、ウィズ・カリファ&イギー・アゼリア名義で、「Go Hard or Go Home」という曲が起用されています。 カメオ出演で短い時間の出演でしたが、イギ―・アゼリアにとって映画デビューとなりました。

『キングスマン』にちょこっと出演

キングスマン

同じく2015年に公開されたスパイ映画『キングスマン』にも、劇中のテレビで流れるニュースで「イギ―・アゼリアが行方不明」とキャスターが言っているシーンがあります。

また、映画のエンディングで「Heavy Crown ft. Ellie Goulding」というイギ―の曲が流れています。

2014年、2015年はイギーにとって飛躍の年となりました。ラッパーとしてだけではなく、モデルやファッションアイコン、そして端役ながら映画にも出演した彼女の今後の活躍に注目です。