©2017 TOHO CO.,LTD.

今度のゴジラはアニメ!映画『GODZILLA -怪獣惑星-』とは【あらすじ・声優】

2017年11月17日更新

2016年7月に公開された『シン・ゴジラ』の大旋風が止まない中、アニメ映画化されることが決定しました!監督に静野孔文、瀬下寛之、脚本に虚淵玄など、豪華な製作陣が発表される本作の最新情報をお届けします!

『GODZILLA-怪獣惑星-』、今度のゴジラはアニメ映画!

2016年7月29日に公開され、大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』。同作はエヴァンゲリオンで知られる庵野秀明が総監督を務め、今までとは異なる新しいゴジラ映画を打ち出し話題になりました。そんな「ゴジラ」シリーズの最新作が早くも公開が決定しました! 本作はNetflixと東宝の強力すぎるコラボによって、劇場公開された後にNetflixによって全世界配信されるとのこと。前代未聞の試みに期待が高まります。 そしてさらに本作は『ゴジラ』シリーズ初の三部作となることが決定しました!第1章の公開はは2017年11月17日を予定しています。

『GODZILLA -怪獣惑星-』、ゴジラ初アニメ映画のあらすじ

人類は長年におよぶ怪獣とゴジラとの戦いの末、地球脱出計画を立て地球から11光年離れたとある惑星に移住を試みましたが、時間をかけやっとたどり着いたその惑星は移住することが到底できないようなものでした。移住を断念し引き返す、人類一行は地球にたどり着くが、そこには見たこともないような光景が広がっていました。 なんと脱出を試みてから地球では2万年の月日が流れ、怪獣で溢れる未知の生態系を構築していたのです。その生態系の頂点に君臨しているのはゴジラ。主人公・ハルオは幼少期に両親にゴジラを殺されて以来、ゴジラへの復讐を誓っている青年。そんなハルオたち人類とゴジラの戦いの行方は……。

アニメゴジラ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の登場人物と声優

両親を殺したゴジラへの復讐を誓う主人公、ハルオ・サカキ(cv.宮野真守)

GODZILLA 怪獣惑星
©2017 TOHO CO.,LTD.

本作の主人公ハルオ・サカキは幼い頃にゴジラに両親を殺され、ゴジラへの復讐を誓っている24歳の青年。 ハルオを演じるのは人気声優の宮野真守です。代表作はアニメ『DEATH NOTE』主人公・夜神月、『機動戦士ガンダム00』主人公の刹那・F・セイエイなど。

異星人エクシフの軍属神官、メトフィエス(cv.櫻井孝宏)

ゴジラ GODZILLA
©2017 TOHO CO.,LTD.

異星人エクシフであり、穏やかな性格をした軍属の神官・メトフィエス。美しい青年の姿をしていますが、実はエクシフは長寿人種であり、その年齢は50歳です。 メトフィエスを演じるのは声優・櫻井孝宏。『コードギアス 反逆のルルーシュ』第二の主人公ともいうべきキャラクター・枢木スザクや、『おそ松さん』の長男・松野おそ松などが代表作に挙げられます。

主人公ハルオの幼馴染、ユウコ・タニ(cv.花澤香菜)

ゴジラ GODZILLA
©2017 TOHO CO.,LTD.

主人公ハルオの幼馴染であり、学校ではハルオの後輩であったユウコ・タニ。年齢は19歳で、武器の設計や運用などに関して天才的な能力を発揮します。 ユウコを演じる声優は花澤香菜。透き通った可愛らしい声とキュートなルックスから熱狂的なファンも多く、代表作には『化物語』の千石撫子、『STEINS;GATE』の椎名まゆりなどが挙げられます。

映画「GODZILLA」、アニメゴジラを彩るキャラクターとその声優たち

楽天的な環境生物学者、マーティン・ラッザリ(cv.杉田智和)

その他にもアニメ版「ゴジラ」には魅力的なキャラクターが多数登場します。 イタリア系のアメリカ人であるマーティン・ラッザリは本作において地球の生態系を解明する役割を担う環境生物学者。 マーティン・ラッザリを演じるのは人気声優・杉田智和。代表作は『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公・キョンや、『銀魂』の主人公・坂田銀時など。

揚陸艇のスゴ腕パイロット、アダム・ビンデバルト

ハルオに尊敬の念を寄せる揚陸艇のスゴ腕パイロット、アダム・ビンデバルト。ほがらかで明るい性格の21歳の青年です。 そんなアダムの声を演じるのは人気声優・梶裕貴。『進撃の巨人』主人公のアレン・イェーガーや、『七つの大罪』の主人公メリオダスなどが代表作として挙げられます。

今度のゴジラはシリーズ最大!2万年の進化を経たその姿が明らかに

ゴジラ GODZILLA©2017 TOHO CO.,LTD.
©2017 TOHO CO.,LTD.

『GODZILLA -怪獣惑星-』で30作品目となる「ゴジラ」シリーズですが、なんと本作に登場するゴジラはシリーズ史上最大!人類が去ったあと2万年の月日、ゴジラは成長し続けた末のこの大きさなのだとか。 またその独特のフォルムを作り出す体組織は、金属に近い筋繊維からなされており、強力な電磁気を発しています。さらにはその見た目からは想像もつきませんが、「植物」を根元に持っているそうです。『シン・ゴジラ』に続き、既存のゴジラ像とははるかに異なるイメージの生命体に作り上げられているのではないでしょうか?

ゴジラだけじゃない!アニメ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』に登場する謎の怪獣

本作に登場する怪獣はゴジラだけではありません。新たに発表されたその生物の名は、「セルヴァム」。 ゴジラの細胞データに97%と高い数値で一致しており、体細胞も金属のようだったり、電磁気を発生させたりとゴジラの亜種生物であるとされています。飛行するタイプと地面を這うタイプの二種類が確認されています。 本作ではゴジラと人間の戦いだけでなく、セルヴァムと人間の戦いも描かれる模様。歴代「ゴジラ」シリーズではゴジラとその他の怪獣の戦いもよく描かれていることから、本作でもそのような描写が期待できますね!

アニメゴジラ映画「GODZILLA」の監督は静野孔文と瀬下寛之のタッグ!

『名探偵コナン』シリーズの演出から監督までを務め、その他にも『真救世主伝説 北斗の拳:第四部 トキ伝』、『魔法先生ネギま! ~もうひとつの世界~』、『シドニアの騎士』など、多くの人気作の監督をしている静野孔文が本作でメガホンを取りました。静野はゴジラのファンもそうでない人も楽しめる作品を目指している、との意気込みをコメントしています。 また、本作を作り上げるもう一人の監督は瀬下寛之。瀬下は『亜人』テレビアニメシリーズ、劇場版ともに監督を務めています。

虚淵玄がアニメゴジラ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の脚本を担当!

ゴジラ GODZILLA
©2017 TOHO CO.,LTD.

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』で脚本を務め、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した、アニメ界で最注目さえる脚本家・虚淵玄。その他にも『PSYCHO-PASS サイコパス』、『翠星のガルガンティア』、『Fate/Zero』などを手がけています。 「鬱展開」と言われる、陰鬱だったり希望が失われていく描写などに定評がある人気脚本家の彼が、本作では重要なストーリー作りを担います。

アニメゴジラ『GODZILLA』の音楽を担当するのは『HERO』の服部隆之

本作『GODZILLA 怪獣惑星』の音楽を担当するのは、『HERO』や『半沢直樹』などのヒット作を彩り続けた音楽家・服部隆之。ゴジラシリーズでは以前『ゴジラ vs スペースゴジラ』や『ゴジラ 2000 ミレニアム』などの音楽を担当しています。 ゴジラシリーズに服部が帰ってくるのは1999年に公開された『ゴジラ 2000 ミレニアム』より、実に18年ぶりで、新しいゴジラの世界に再び関わることができる喜びをコメントで寄せています。

映画「GODZILLA」の謎に満ちた前日譚を描いた小説が10/25発売!

godzilla
(C)2017 TOHO CO., LTD.

主人公たちがゴジラと戦う前に、地球で一体何があったのかーー。そんな映画の前日譚を描いた小説が10/25に角川文庫から発売されることが決定しました! 映画版の脚本を担当した虚淵玄による監修のもと、彼と同じくニトロプラス所属のライトノベル作家、シナリオライターである大樹連司が執筆を担当しました。以前は、虚淵が脚本を務めたアニメ映画『楽園追放』のスピンオフ小説を務めたこともあり、本作を読むことでより映画の世界観を楽しむことのできる作品となっています。

アニメゴジラ映画「GODZILLA」の主題歌を勤めるのはXAI

アニメ映画『GODZILLA』の主題歌を担当するのは、2016年11月に東宝シンデレラオーディションにてアーティスト賞を受賞したXAI。本作がデビュー作となる新人アーティストです。 主題歌となる「WHITE OUT」は作詞をガールズバンド・ねごとのボーカルである蒼山幸子が、作曲・編曲はロックバンド・BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之がそれぞれ担当。XAI本人が「救い」を与える曲だと語る本曲はどのように映画『GODZILLA』を彩ってくれるのか、公開が楽しみですね!

アニメゴジラ「GODZILLA」はアヌシー国際アニメーション映画祭に参加決定!

アヌシー国際アニメーション映画祭はカンヌ国際映画祭から生まれた映画祭で、世界中の優れたアニメが集まる世界でも屈指の場所。そんなアヌシー国際映画祭に本作『GODZILLA -怪獣惑星-』が参加することが決定しました! アニメという全く新しい試みでのゴジラは世界で受け入れられるのか、アニメファンにはどのように受け入れられるのか、世界の反応が楽しみですね。