ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』あらすじ・キャスト【天海祐希主演】

2017年7月6日更新

2016年フジテレビの秋の連続ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』が10月(毎週木曜10時〜)より放送されることが決定しました。天海祐希演じる天才女性シェフが、給食作りに奮闘するという本作の、気になるあらすじやキャストを紹介します。最新情報は随時更新中です。

『シェフ~三ツ星の給食~』天海祐希主演で連続ドラマ化!

自分の腕に絶対の自信を持つ天才女性シェフ・星野光子(ほしの・みつこ)が、ひょんなきっかけで給食作りに奮闘していく、という異色料理ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』が、10月よりフジテレビにて連続放送されることが決定しました。

主人公・星野光子を演じるのは、4年ぶりのフジ連ドラ主演となる天海祐希。彼女の持つ颯爽としていながら、どこかとぼけたようなおなじみの魅力が爆発する作品となるのではないでしょうか。

完全オリジナル脚本で描かれる、本作の気になるあらすじやキャストを追っていきましょう。

気になる視聴率は?

第1話(10/13放送) 8.0% 第2話(10/20放送) 7.0% 第3話(10/27放送) 6.2% 第4話(11/3放送) 4.9%

『シェフ』のあらすじ

主人公・星野光子が総料理長を務める有名フレンチ「La Cuisine de La reine(ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ)」は、三ツ星を獲得するレストラン。その名声は国内にとどまらず、世界中に轟いています。

男社会である料理の世界を強い精神力とタフな体力で生き抜いてきた星野は、超繊細な味覚と他人が真似できない創造性を発揮。次々に新たな傑作レシピを生み出し、数多の有名コンクールで優勝し世界のトップシェフに上り詰めていきます。そんな彼女は、メディアにも引っ張りだこで一躍時の人に。

しかし星野は「La Cuisine de La reine」のオーナーとあるトラブルを起こし、突如クビになってしまいます。彼女はシェフ復帰を目指しますが、自身の築いてきたプライドとオーナーが仕掛ける妨害工作によって、なかなか新しく働く店を見つけることができないでいました。そんなところに、“学校給食”を作るというテレビ番組の企画が舞い込んできます。

料理の世界の頂点に立つ自分にとっては、簡単な仕事だと思っていた星野でしたが、栄養・経費・子どもたちそれぞれの味覚の違いなど、多くの壁にぶつかりことごとく失敗の連続を演じてしまいます。そしてその過程をテレビで放送されてしまい名声までも失ってしまうことに。

ですが不屈の精神を持つ星野、ここであきらめる女性ではありませんでした。子どもたちの「美味しい」の言葉を引き出すため、また失った星を取り戻すために、天才シェフの給食作りに奮闘する日々が始まります。

主人公・星野光子を演じるのは天海祐希

タフすぎる天才女性シェフである星野光子役に抜擢されたのは、自身4年振りのフジテレビドラマ出演作となる天海祐希です。(前回の出演は菅野美穂とW主演した『結婚しない』【2012年10月】)

宝塚歌劇団の月組トップスターから、映画・ドラマで活躍する女優へと転身し、以降大活躍している天海。特にドラマでは『女王の教室』(2005年)、『カエルの王女さま』(2012年)、『偽装の夫婦』(2015年)など主演作が目白押しのトップ女優です。

星野光子を演じるにあたっての意気込みや本作の見どころについて語ってくれています。

今回初めてシェフ役、しかも三ツ星フレンチレストランの女性シェフ役を演じさせていただきます。シェフというと食材、調理法、盛り付けなど一つ一つに熱意とこだわりを持って料理に向き合っているイメージがあり、きちんと演じられるのかという緊張感がありながら、新しい役へ挑戦させていただけることに、とてもワクワクしております! さらに今日初めて本格的なコックコートを着させていただき、大変身が引き締まる思いです。私が演じる星野光子は、自分の料理に対して絶対的な自信と誇りを持ちプライドが高いのですが、きっと何か弱い部分もある女性だと思いますので、それが何なのか? 私も彼女に寄り添いながら演じていけたらと思います。包丁さばきなど、プロの料理についてもこれから学びながら、全力で演じたいと思います。とにかく皆様に笑ったり、共感していただきながら楽しんでご覧いただけるよう、スタッフ、出演者一同頑張りますので、是非、応援してください。

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』のキャスト

篠田章吾/小泉孝太郎

主人公の光子の元職場である「La Cuisine de La reine」のオーナーであり敏腕経営コンサルタントの篠田章吾は小泉孝太郎が演じます。

4年半ぶりにフジテレビの連続ドラマに出演する小泉は、主人公と対立するクールな役どころ。その演技に期待が高まります。

高山晴子/川口春奈

光子が転職した先の三つ葉小学校で給食調理師補助をしている高山晴子を演じるのは川口春奈。給食室のアイドル的存在でありながら光子に強い敵対心を持っているという役どころです。

ファッション雑誌『ニコラ』のモデルを経て2009年にドラマ『東京DOGS』で女優デビューを果たした川口は2016年には映画『クリーピー 偽りの隣人』などに出演しています。2017年には山崎賢人とW主演を果たした映画『一週間フレンズ。』の公開が控えています。

奥寺健司/豊原功補

「La Cuisine de La reine」の副シェフ(スーシェフ)であり光子の片腕である奥寺健司は豊原功補が演じます。

『亡国のイージス』『受験のシンデレラ』『南極料理人』など様々な映画に出演し高い演技力に定評のある豊原がこの役をどのように演じるのか今から楽しみですね。

矢口早紀/友近

光子の給食作りをバラエティ番組のコーナーにしようとする敏腕テレビプロデューサー、矢口早紀は女芸人の友近が演じます。

芸人でありながら高い演技力を持ち、連続テレビ小説『あさが来た』などに出演を果たしている友近。本作ではお笑い要素を全く排除して臨むとのことです。

荒木平介/遠藤憲一

三つ葉小学校給食の栄養士である荒木平介の役は実力派俳優、遠藤憲一が演じます。予算と時間の制約のなかで給食作りを行う荒木は高級レストランの感覚のまま給食を作る光子と衝突します。

様々な話題作に出演し、今や人気俳優の1人である遠藤憲一ですが、35年の俳優生活で初めての”給食のおじさん”役に意気込んでいるようです。

主題歌は松任谷由実の新曲に

ドラマ『シェフ~三ツ星の給食~』の主題歌を歌うのはユーミンこと松任谷由実。

本作のために書き下ろしたという新曲「Smile for me」は、元気が出るような明るいポップチューンとなっているようです。

ユーミンがフジテレビの連ドラに主題歌を提供するのは約15年ぶりとのこと。「Smile for me」は11月にリリース予定の新アルバムに収録予定です。

『シェフ』の見どころは

本作のプロデュースを担当した長部聡介(フジテレビ第一制作センター)が今作での天海祐希の起用についての経緯を語っています。

女性の社会進出が進んだ現代でもまだまだ男性社会と言われている料理業界でトップにまで上り詰めた天才女性シェフ、しかし彼女は店を追い出され、給食作りに悪戦苦闘するという振れ幅の大きいストーリーを考えたとき、主人公は天海さんしか思い浮かびませんでした。

そして『シェフ~三ツ星の給食~』は、すべての女性がスカッとできる痛快な作品になるとのこと。

どんなに困難な状況でも前を向く強い意志、目標のためには決して妥協をしない気高いプライド、そして完璧なようでどこか抜けている憎めない性格、これらすべてを併せ持つ天海さんと共に、全ての女性がみて心の底からスカッとできる、明るく、抜けのいい、ドラマをつくっていきたいと思っています。